「できること」だけやってちゃダメだよ

  • URLをコピーしました!

「やりたいことがわからない」
と悩んでいる人には、1つの特徴があります。

やりたいことに変な条件をつけているのです。



どんな条件かというと、


「(自分のできることの中で)やりたいこと」


だと思っているのです。

つまり、「できること」という大枠の中で、
自分の「やりたいこと」を考えているのです。



これは例えるなら、
家から半径1㎞以内で、ワクワクして行きたい!
と思う場所を考えているようなもの。



でも、家から半径1㎞以内で、
行きたくてワクワクする場所なんてほぼないように、

自分が絶対に「できること」の中に、
やりたくてワクワクすることってほぼないのです。



だから自分のやりたいことに気づきたいのなら、


「自分のできることの中で、やりたいことはなんだ?」


ではなく、


「できるかどうかわからないけど、やりたいことはなんだ?」


と自分に問いかけてみることが大事なのです。



そして、もう1つ、
自分のやりたいことを、
自分のできることの中で考えてはいけない理由があります。



それは、
「できること」だけやるようになると、
「やりたいこと」がどんどん萎んでいくからです。



例えば、25歳で海外留学をしたいと思って、
英会話スクールに通ったとします。



ある程度、話せるようになったので、
いよいよアメリカに留学しようかと思ったけど、

できるか自信がなかったけど留学したAさんと、
できるか自信がなくて留学しなかったBさん。



このAさんとBさんが50歳になったとき、
2人は移住をしたいと思うようになりました。



きっとアメリカ留学をしたAさんは、
移住先を海外にまで広げて考えることができるでしょう。


つまり「やりたいこと」が膨らんだのです。



でも、Bさんはアメリカ留学をしていないので、
移住先を海外にまで広げることは難しいでしょう。



つまり「やりたいこと」が萎んでしまったのです。



これはあくまでも極端な例ですし、
Bさんが今度こそはと思って、
海外に移住することもありえます。



でも人は年をとればとるほど、ますます、
「できること」の中で「やりたいこと」を考えるので、
可能性としては低いはずです。



あなたの人生の中で、
あなたが最も若いのは、今です。



明日のあなた、
1ヶ月後のあなた、
1年後のあなたよりも、

今日のあなたが一番若いのです。



一番若い今こそ、
「できること」の外にある、
「やりたいこと」をやってみようね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料メール講座
「やりたいことがわからないから1週間で卒業する方法」

メール講座の概要
  • コーチングや有料セミナーの中で使っているやりたいことを見つける質問をまとめた1週間のメール講座
  • アウトプットをすることで、自分の中にあるやりたいことに気づいてもらえます
  • やりたいことを明らかにしたい方、自分と向き合いたい方におすすめです
目次
閉じる