たった1時間の対話で、やりたいことがわかるメカニズム

  • URLをコピーしました!

「やりたいことがわからないんです。。」

そんなお悩みを持っている人のお話を、僕はたくさん聞いてきました。

でも1時間くらい話を聞くと、大抵こうなります。


「やりたいことがわかりました!!」



そんな怪奇現象を見るたびに、


「さっきと言っていること真逆や〜ん!!」


と僕は芸人さんのようにツッコミたくなります(笑)




でも、なぜたった1時間で、
やりたいことがわかるようになるんだと思いますか?



それは僕がマジシャンだからでもなく、
心を読める天才だからでもありません。

(僕はただのニートです。。)


もともと、やりたいことはその人の中にあるからです。


というか、
ご本人さんも、
本当は僕と話す前に気づいているんですよ。


なんとなく「これがやりたいことだな」って思うことがあることに。



でも、気づいてはいるのに、
なぜ「やりたいことがわからない」って言うのかというと、
それがやりたいことだってことに確信を持てていないだけなんですね。



じゃあなぜ確信を持てていなかったのか?


それは、
やりたいことに対して、
変な思い込みを持っているからです。


「やりたいことはお金を稼げる仕事じゃないといけない」

「やりたいことは他人の役に立つことじゃないといけない」

「やりたいことは1つじゃないといけない」

「やりたいことは1度決めたら変えてはいけない」

「やりたいことは今の仕事を辞めないとやってはいけない」





他にもいっぱいありますが、
こんな感じの変な思い込みを持っているんですね。

この変な思い込みが、
やりたいことかどうかを判断する基準になっているんです。



例えば「これやりたいことかも」って心では感じたとしても、
「でもこれじゃお金を稼げる仕事にならない」と誤った基準に照らし合わせて、
頭では「これは私のやりたいことじゃない」と判断をしちゃうんです。





これが怖いのは、
完全に無意識でやっているということ。


思い込みは、
思い込んでいることに自分では全く気づけないのです。


だから自分の中に変な思い込みという誤った判断基準があって、
そこに自然と照らし合わせていることに自分では気づけないのです。





でもコーチングをすると、
その変な思い込みがあぶり出てきます。

そして、
その思い込みが変な思い込みであることに気づくことができます。



そうすると、
やりたいことに対する確信が持てて、
しっくりくるようになるので、

「やりたいことがわかった!!」となるわけです。



もしあなたがやりたいことがわからなくて悩んでいるなら、
足し算はしなくていい。

付け足さなくていいんです。

大事なのは引き算をすること。


「やりたいこと」に対する変な思い込みを引いてあげると、
雲に隠れていた太陽が出てくるように、「やりたいこと」が出てきますよ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料メール講座
「やりたいことがわからないから1週間で卒業する方法」

メール講座の概要
  • コーチングや有料セミナーの中で使っているやりたいことを見つける質問をまとめた1週間のメール講座
  • アウトプットをすることで、自分の中にあるやりたいことに気づいてもらえます
  • やりたいことを明らかにしたい方、自分と向き合いたい方におすすめです
目次
閉じる