やりたいことを引き出す2つの魔法の質問

  • URLをコピーしました!

突然ですが、
やりたいことがわからない人に魔法の質問を2つプレゼントします。



1つ目はこちら。


「何をしてもお金がもらえる世界だったとしたら、やりたいことはなんですか?」



あなたがゲームをしていても、
ただ友達とおしゃべりをしていても、
インスタに写真をアップしても、お金がもらえるんです(笑)

そんな世界あったら最高ですよね!

たぶんやりたいことがいくらでも出てくるので、
どんどんノートに書いてみましょう。

実際に書いたものを後で使いますので、
ぜひ書いてみてください。


ポイントはワクワクしながら書くことです。

スケベなおじさん顔負けのニヤニヤ度で書いてみましょう(笑)


2つ目は「何をするにもお金を払う世界だったとしたら、やりたいことはなんですか?」です。



今度は1つ目の世界と真逆です。



あなたがゲームをしていても、
ただ友達とおしゃべりをしていても、
インスタに写真をアップしても、全部お金がかかるんです(笑)

そんな世界、嫌ですよね。

でも、そんな世界でも、
お金を払ってでもやりたいことってなんですか?



これも後で使うので、
必ずノートに書いてみてくださいね。

さて、2つの質問に対する答えが出揃いましたか?

出揃ったら2つの質問に対する答えを見比べてみてください。

その中で、共通して出てきた答えがあるかと思います。
それが、あなたの大好きなことであり、やりたいことにつながる種です。



これを深めて行動していくと、
「本当にやりたいこと」という花が咲きます。


なんでこの2つの質問をしたのかというと、
やりたいことがわからない人は、
「やりたいこと=仕事になること=お金になること」と思ってるからです。



これって例えるなら、
登山をしたことがない人がエベレストに登ろうとするようなもの。

だから「ああ~無理だ」ってなって、
せっかく出てきたやりたいことの芽を切っちゃうんですね。

でも別にやりたいことって、
必ずしもお金になることじゃなくてもいいんです。

例えば、
僕は毎日熱心にウイイレをやっていますが、
残念ながら1円もお金になりません(笑)

でも、めちゃくちゃ楽しいので、
僕は大満足なんです。

要は「やりたいこと」と「お金」は切り離すことが大事なんですね。

そこでまず最初に1つ目の質問をして、
なんでもお金になるという設定で質問をしました。

ただ、お金になるからやりたいことは、
本当の意味でのやりたいことじゃないんです。

全然タイプじゃないのに、
お金持ってるから付き合うようなもんです。

そこで2つ目の質問をして、
2つの質問の答えを比べることで、
偽のやりたいことをあぶり出すことができます。

残ったものが、
あなたの「本当にやりたいこと」につながっていきます。

15分くらいあればできるので、やってみるといいですよ!


何をしてもお金がもらえる世界だったとしたら、やりたいことはなんですか?


何をするにもお金を払う世界だったとしたら、やりたいことはなんですか?

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

無料メール講座
「やりたいことがわからないから1週間で卒業する方法」

メール講座の概要
  • コーチングや有料セミナーの中で使っているやりたいことを見つける質問をまとめた1週間のメール講座
  • アウトプットをすることで、自分の中にあるやりたいことに気づいてもらえます
  • やりたいことを明らかにしたい方、自分と向き合いたい方におすすめです
目次
閉じる