耳が聴こえなくなりました…

——————————————-

【ゆるい起業でも1000万!
川喜田敬のお仕事のお知らせ】

<セッション>
・体験:55,000円/1回(2H)
(体験後、継続もOK!)
・継続:3名ほど空きがあります

<講座・教材>
NEW!ライフストーリーをつくる講座
【残5】パートナーシップリトリート(10月@沖縄)
・Kindle出版で月10万円稼ぐ教材(秋頃募集)
・セルフコーチング実践講座(秋頃の予定)

お申し込み・詳細希望の方は、
以下のLINEからお問い合わせくださ〜い♪
https://line.me/R/ti/p/%40rhd3100r

——————————————-

沖縄に住んでから、
シュノーケリングが趣味になり、
海で至福の時間を過ごしています。

でも1つだけ困ったことがありました。

それは、右耳に水が入って、
全然耳が聴こえなくなってしまうこと。

それが半日とかならいいのですが、
一旦入ると何をしてもダメで、
数日間は耳が聴こえないのです。

「だったら水が入らないようにすればいい!」
と思うじゃないですか。

僕もそう思ったので、
耳栓をすることにしたのです。

でも、やっぱりダメで、
結局耳に水が入ってしまい、
聴こえなくなってしまいます。

「だった他の耳栓ならいけるかも!」
と思うじゃないですか。

僕もそう思ったので、
他の耳栓も買ってつけてみたのですが、
やっぱりダメ。

3種類も全く使えない耳栓を買ってしまい、
ただの耳栓コレクターになってしまいました。

そんな感じで問題が解決されないまま、
騙し騙しシュノーケリングをやっていたら、
あるとき、事態が悪化しました。

また水が入ったのですが、
耳が聴こえないだけでなく、
今度はちょっと痛くなってきたのです。

「これはさすがにヤバいかもしれない」

「耳の病気だったらどうしよう」

「てか本当に聴こえなくなったら笑えんぞ」

そう思った僕は、
1人では普段は絶対にしない怖い怖い運転をして、
耳鼻科に行ったわけです。

そうしておじいちゃんの先生に、
ドキドキしながら耳を診てもらったところ、
おじいちゃん先生は元気よく一言で診断してくれました。

「ああ〜!!耳垢だね!!!」


そうです。

恥ずかしすぎて耳の穴に隠れたいくらいでした。。


まさかすぎて、
「24」のジャックバウアーも、
驚くような展開。

なんでも右耳に耳垢が溜まっていて、
それが海水が入ってふやけてしまい、
耳が聴こえなくなっているとのことでした。

そうして、
おじいちゃん先生は、
僕の右耳をきれいに掃除してくれたのですが、

もう耳垢が出るわ出るわで、
もはや、ちょっとした耳垢祭りでした。。(笑)

(汚くてごめんね)


そんなわけで、
何事もなかったかのように、
耳が聴こえるようになり一件落着しました。




これだけではただの汚い話になってしまうので、
ライフコーチらしく、
ちょっと真面目な話をすると、

もしもあなたが何か問題を抱えていて、
解決策を色々やっているのに、
その問題がなかなか解決されないとき。


その時は、
ちょっと視点を変えてみよう。

”その問題を作ったときと、
 同じ考えのレベルで、
 解決することはできない。”

アインシュタインも、
こんな名言を言ってるんだけど、

これは僕がコーチングで、
とても意識していることでもあります。

僕の耳の問題が、
水が入ることが原因なのではなく、
垢が溜まっていることが原因だったように、

あなたの抱える問題も、
あなたが思ってもみないようなところが、
原因だったりします。

じゃあどうしたら、
視点を変えられるのかというと、

圧倒的に簡単な方法は、
誰かに相談してみることです。

相談相手が解決策を持っていたら、
それはそれで最高だけど、

持っていなくても、
その問題を誰かに聞いてもらえるだけで、
すごく冷静になって新しい視点が自然と見えたりするのです。

だから、
何か問題が出てきたら、
必要以上に1人で抱え込むのはもうやめよう。

人を信頼し、
頼らせてもらうことで、
もっと楽に楽しんで生きていこうね。

★シェアしてくれたらハグします!!!(男性はお断りです)
  • URLをコピーしました!

川喜田敬はこんな人です

1988年生まれ。鎌倉市出身。
「やりたいことがわからない」を解決し、
世界に1人しかいない「自分」を仕事にする専門家であり、ライフコーチ。

やりたいことだった途上国でのボランティアのために、
3年で大企業を退職し、電気なし・水なし・ガスなしだったネパールへ。

現在は独立し、
日本&ネパールの2拠点生活を経て、
妻と娘と3人で大好きな沖縄へ移住。

2017年に独立後、コーチング技術を活かして3000万円以上稼ぐ。
その経験を活かし、コーチングを仕事にしていきたい方向けに、
コーチのコーチとしても活動している。

将来、おうちサウナをつくりたいサウナーです

目次