「働いても働いても、
いつまで経っても忙しいのはなぜだろう?」

僕が会社員をしていた頃のこと。

人事だったので出張もなく、毎日同じオフィスに通い、朝7時半から22時過ぎまで忙しく働く日々。

帰ったら急いでお風呂に入り、夕食を済ませてベッドに入ると、あっという間にまた同じような1日がやってくる。



そんな毎日を過ごす中で、いつしか、こんな疑問が頭から離れなくなりました。

「こんなに一生懸命働いているのに、いつまで経っても忙しいのはなぜなんだろう。。」



むしってもむしっても、いつの間にか生えてくる雑草のように、やってもやっても次から次へと出てくる仕事。

そんな今でさえ精一杯なのに、自分よりも偉い人がさらに忙しそうに働く姿を見た僕は絶望しました。

年月が経って出世したら、忙しさから解放されるどころか、さらに忙しくなっていくのですから。。



でも、絶望はそれだけじゃありませんでした。

その絶望を感じたのは、マイホームを建てたばかりの隣の部署の部長さんが、その家にまだ住んでもいないのに単身赴任になったときのことです。

苦笑いをしながらなんとか笑い話にしていた部長さんの、どこか悲しそうな目が僕は忘れられませんでした。

「仕事が理由で、住む場所さえ自由に選べないのって、なんかおかしい。。」



でも、そんなことを感じていたのは僕だけのようで、周囲に話しても、「まあ会社員なんてそんなもんだよ」と諭されるだけ。

僕は「会社に雇われる形で、組織の一員として働く」という働き方が、自分には向いていないことを悟ったのです。




「時間」にも「場所」にもとらわれない、
自由なライフスタイルを実現した人が目の前にいる

会社に雇われない形で働くとなると、思い浮かんだ選択肢は「起業」でした。

かと言って、どんな事業をするのかはよくわからない。

そんな時期に、僕にとってはとても大きな出会いがありました。



それが、妻の実の父親であり、僕にとっては「義理のお父さん」との出会いでした。

東京で居酒屋を立ち上げて、大成功したお義父さんは、お店の切り盛りは人に任せて、リモートで経営する形で長野に移住。

ゲレンデから10分のところに住み、冬は大好きなスキーに打ち込み、夏は大好きな蕎麦を打つ蕎麦屋さんを開くという生活をしていました。



要は、「時間」と「場所」がとても自由なライフスタイルを送っていたのです。

当時、付き合っていた妻の実家に遊びに行かせてもらい、初めてお会いしたお義父さんとの出会いは、僕にとっては本当に大きいものでした。


テレビや本の世界の人ではなく、今、目の前に、自分の理想のライフスタイルを実現している人がいる。

その事実にとてつもない勇気をもらったのです。



その出会いからまもなくして、僕は会社を辞めて起業することを決めました。

そして、どんな事業をするかはまだわからないけど、どんな事業であれ集客は必要だと考え、行き着いたのがブログでした。

もともと本が大好きで、いつかは自分の本が本屋に並ぶような作家になりたいという想いもあり、コツコツとブログを書き始めたのです。





「やっぱり自由なライフスタイルなんて自分には無理・・・

そうして、ブログを書き続けること4年。

「ブログのこの記事たちがお金になったらいいのにな〜」なんて思いながらも、記事にして500記事ほど書いた頃。

僕はコーチングという心から仕事にしたいことを見つけ、ライフコーチとして独立をしていました。



ありがたいことにコーチングだけでご飯が食べられるようになったのですが、その傍で、実は同時並行でやっていたことがあります。

それが「アフィリエイト」でした。

ブログやWEBサイトに商品を紹介して、売れたら成果報酬をもらうこのビジネスなら「時間」と「場所」の自由が手に入る。



そう思った僕は、コンサルまでお願いして本格的にやり始めたのですが、これが大失敗。

ブログではあれだけ記事が書けたのに、アフィリエイトでは全く記事が書けず。

完全に気持ちが折れてしまい、1円の収益も発生しないまま、リタイアしてしまいました。。


僕には、時間と場所の自由を手に入れるなんて、無理なのかもしれない。。」

そんなことを思ってしまったのです。



誰でも本が出せる仕組みに出会う!
気づけば作家」と呼ばれるように・・・

そんな大失敗に終わったアフィリエイトと同じ時期に、今となっては運命的なビジネスと出会いました。

それが、Amazonで電子書籍を発売する「Kindle出版」でした。



このKindle出版の何がすごいかって、出版社を通さなくても、自分の本がAmazonで発売されるのです。

早速、僕も講座に参加して、初めての作品を出版してみました。

Amazonに自分の本が並んでいる光景を目の当たりにしたときは、素直に感動ものでした。

そうして、電子書籍を書く面白さに目覚め、毎月作品を書くようになった僕は、9冊目を発売した時に友人からこんなことを言ってもらえたのです。

いつか自分の本が本屋に並ぶような「作家になりたい」と思っていた僕の夢は、気づいたら叶っていたのです。





資産3000万円レベルの不労所得が、
毎月自動で振り込まれるプチFIRE状態に・・・

でも、感動はそれだけではありませんでした。



コツコツ継続して本を出す中で、ベーシックインカムと言ってもいいくらいのお金が、毎月振り込まれるようになったのです。

具体的な金額は、Kindle出版の規約違反になるので言えないのですが、「3000万円分の投資を年利4%で運用したときの運用益1ヶ月分」とでも言いましょうか。

社会的に無名な僕でも、もはやちょっとしたFIREができるようになり、「時間」にも「場所」にもとらわれない自由なライフスタイルの最初の一歩を踏み出したのです。



今ではずっと住んでみたかった沖縄で暮らせるようになり、平日であっても大好きなシュノーケリングに行けるようになりました。

よくシュノーケリングに行くポイントの近く!

「これは自分だけにとどめていてはいけない。
 作家になりたい、自由なライフスタイルを手にしたいというすべての人に分かち合いたい」



そう思ったので、今回、講座という形で分かち合いをすることにしました。


あなたが書いた文字がお金になり続ける!?
Kindle出版のすごい仕組みとは

ここまで僕のストーリーを読んでいただきありがとうございます。

もしかしたら、「Kindle出版がそんなにお金になるなんて信じられない!」と思っているかもしれません。

無理もないと思いますし、人によっては詐欺だと疑うと思います(笑)



もちろん、ただ出版するだけではダメなのですが、それでもKindle出版から収益が生まれるのには、ちゃんとした理由があります。

それは、Kindleには「読まれるだけで収益が発生するシステム」があるからです。

Youtubeにも視聴されるだけで収益が生まれる仕組みがあるように、Kindleにも同じような仕組みがあるのです。



それを可能にしているのが、「Kindle Unlimited」という月額980円の読み放題のサービス。



あなたの本をこの読み放題サービスの対象に登録すると、本自体が購入されなくても、読まれたページ数分だけ収益になっていきます。

これは言ってみれば、「自分が書いた文字がお金になる」ということ。

それどころか、一度作品として出版すれば、放ったらかしにしておいても、毎月お金を生み出してくれます。 



これまでブログやアフィリエイトに挑戦して、一生懸命記事を書いたことがある人なら、これがどれだけすごいことかわかりますよね。

アフィリエイトに挫折した人にこそ、
Kindle出版を心からおすすめしたい理由

「アフィリエイト」といえば、文章を書くのが好きで、自由なライフスタイルを目指す方なら、一度は取り組んでみたくなるもの。

でもそのほとんどの方が継続して取り組むことができず、書いた記事が1円にもならないまま、諦めてしまいます。

僕も例外ではなく、冒頭のストーリーでお伝えしたように、コンサルまでつけたのに挫折しました(笑)


その理由を僕なりに解析するとこうなります。



<アフィリエイトで挫折してしまう理由>

  1. 収益が生まれるまで少なくとも3ヶ月〜半年はかかる
  2. 収益が出る商品は限られているので、本当は良いと思っていない商品を紹介しないといけない
  3. 収益が出ても、誰の役に立ったのか、誰に喜んでもらえたのかがわからない


そんなアフィリエイトが継続できなかった人でも全く問題ないのがKindle出版!

その理由はこの通りです。

<Kindle出版なら続けられる理由>

  1. 金額は小さいものの、出版したらすぐに収益が生まれる
  2. 自分が本当に書きたいこと、表現したいことを自由に書ける
  3. レビューという形で、感謝の声をもらえる

このようなメリットがあるからこそ、アフィリエイトで挫折した僕でも、Kindle出版は楽しみながら継続できているのだと思います。

ちなみに、他にもKindle出版には、こんなメリットもありますよ。

  • コスト0円で、出版社を通さずに、誰でも自分の好きな本を自由に出版できる
  • 文字数自由!1万文字で十分なので、ハードルが低く、気軽に出版ができる
  • 紙の本の印税10%と比べて、MAX70%の印税をもらうことができる
  • 一度出版した後でも、加筆修正ができる+出版を取りやめることもできて、心理的にも安心できる
  • 無理矢理セールスをすることなく、好きなことでお金を稼ぐ体験ができる
  • ランキング上位をとることで、その分野の専門家としての実績づくり&ブランディングができる
  • メルマガやLINEの登録につなげることで、新規のお客さんと出会うことができる
  • 本を出版することで、好きなことを経費にすることができる
  • Amazonが勝手に宣伝してくれるので、放ったらかしでもお金が生まれる資産ができる
  • 本を書く中で、自分の強みや才能が自然と棚卸しできる
  • 売れるジャンルを見極められるようになることで、ビジネスで稼ぐ力を身につけることができる



それでもほとんどの人が、
Kindleで出版ができないのは・・・

ここまでKindle出版のメリットをお伝えしてきましたが、1つ残念なお知らせをしないといけません。

これだけ価値のあるKindle出版ですが、実は本を出すところまで行きつかない人がほとんどなのです。

実際、僕が以前参加していた講座でもそうですし、昨年、仲間内だけでKindle出版を教えたときもそうでした。



Kindle出版は1円も払わなくてもできるのに、なぜそんなことが起こるのか?

それは、Kindle出版には「3つのな」という壁が存在すると言われているからです。



<Kindle出版の壁となる「3つのな」>

  1. 何を書いていいかわからない
  2. 長く書かないといけない
  3. 名もない私が書いてはいけない


もちろん、こういったブロックが存在するのは事実ですが、これらは比較的簡単に乗り越えることができます。

でも、実はもっと根本的な部分に、本当の原因となる4つ目の「な」があるのです。


それは、

仲間がいない!!!

ということです。



本を書く作業は、どうしても孤独な時間になります。

その孤独な時間に耐えられず、出版するところまで行かない人がほとんどなのです。



実際、僕もそうでした。

今でこそ、1週間ほどで原稿が書けるようになりましたが、初めての作品を出したときは、2ヶ月ほど原稿が書けなくて、もがき苦しみました。。

プロの作家には必ず編集者がつくように、本を書き上げることは、自分1人ではなかなかできないことなのです。



大好きな場所に住む時間持ちが集まる
「作家のコミュニティ」をつくりたい

そんな1人ではなかなか難しい「本を書く」という作業ですが、もしも一緒に頑張る人がいたらどうでしょう?

  • どんな本を書くか、親身に相談に乗り合える
  • 原稿が煮詰まった時に、いつでも話を聞き合える
  • 書いた原稿をアップしたら、嬉しい感想を送ってくれて、フィードバックし合える
  • 表紙のデザインを一緒に考えて、アイデアを出し合える
  • 無事発売できたら自分のことのように喜んでくれるどころか、SNSやブログでも紹介し合える



そんな「仲間」とも呼べる存在がいたら、きっと楽しく本を書き上げることもできそうですよね。

そうして、Kindleで作家デビューを果たして、作品をどんどん書いていくようになったら、どうなると思いますか?

作品からの収益が増えていき、ベーシックインカムをつくることも夢ではありません。



そうなったら、きっと気づいたときには、あなたは、大好きな場所に暮らしつつ、時間にも余裕がある時間持ちになっているでしょう。

もちろん一朝一夕ではできませんし、本気で取り組む必要があるのは言うまでもありません。

それでも、場所と時間の自由が手に入ったら、このような理想のライフスタイルを送れるようになるのも夢じゃないのです。



◆Kindle出版がベーシックインカムになることで実現できるのは・・・

  • お金を稼ぎながら、自由に好きな場所を旅する働き方
  • 子どもが小さいうちは家族との時間を最優先にする働き方
  • ボランティアやアーティスト活動など、お金にならないけど本当にやりたいことに挑戦する生き方
  • 自然が豊かな田舎に移住して、大好きな趣味に没頭する生き方
  • 両親に万が一のことがあっても、経済的な心配をせずに付き添いができる生き方




そう考えたら、本気で挑戦してみる価値は十分にありますよね。


そして、最終的にはそんな自由なライフスタイルを実現する作家たちが集うコミュニティができたら・・・

いつもはオンラインで、持っているノウハウを分かち合う勉強会ができたら・・・

ときにはリアルで会って、自然が豊かな沖縄のような場所で、みんなで遊ぶ合宿ができたら・・・




もう想像しただけで、僕は鼻血が止まりません。。(笑)

そんなコミュニティの実現に向けた最初の一歩として、今回、「ノマド作家 入門講座」を開催することにしました。




「ノマド作家 入門講座」の詳細

今回の3ヶ月間の講座では、大好きな場所で時間持ちになる第一歩として、初めての作品を書き上げる力を身につけることを目指します。

そして、自分が書いた文字がお金になり、放ったらかしにしておいても収益が生まれるという体験を味わってもらいたいと思います。

講座の概要
  • 3ヶ月間の講座
  • 定員6名(最低催行人数:3名)
  • Facebookグループと無料通話ツールZoomを使ったオンライン講座
  • 講義内容は事前に動画を配布し、各自で学習を行う反転授業形式
  • 毎月2回・2時間のグループコール(合計6回)
  • 実践して得た気づき、行き詰まった悩みをFacebookグループ内で共有して応援し合う&高め合う
  • 質問があればお答えできるサポート体制が3ヶ月続く

それでは具体的な内容をこれから紹介していきます。

受講生の理解度を見て、急遽追加で内容を盛り込んだり、順番を入れ替えたりするかもしれませんが、概ねこんな内容だと思ってください。



1ヶ月目:「定める」〜Direction〜

Kindle出版の仕組みについて理解しつつ、どんな本を書いていくのかを決め、目次の作成が完了している状態を目指します

  • これだけは知っておきたいKindleのシステムと全体像
  • 自由な表現に欠かせない!紙の本にはない、Kindleならではの魅力と特徴
  • 書けない一番の壁を解消!難しい「章立て」が一瞬で構築できる秘密の質問
  • あなたの本を、あなたにしか書けない作品に仕上げるために必要なこと
  • 知らないと損する!面白い本にするために絶対に外せないポイント

2ヶ月目:「創る」〜Creation〜

本の原稿を執筆し、本文が完成している状態を目指します

  • 実は地味に大事!読みやすいと言われる文章を書くために抑えておきたいポイント
  • できれば避けたい低評価レビューがつきやすい文章の特徴と回避するための対策
  • 原稿の執筆がスイスイ進む!1週間で原稿を仕上げる川喜田が頭の中で行なっていること
  • PCだけじゃない!執筆のスピードが飛躍的に高まる方法
  • 原稿を書くのが楽しくなっていくために、絶対に欠かせない必須条件

3ヶ月目:「仕上げる」〜Completion〜

タイトルと表紙を決定し、値段設定などの出版に必要な手続きを終えて、作品を出版している状態を目指します

  • 売れる本に欠かせない!表紙作りで外してはいけないポイント
  • Kindle出版だからこそ意識しておきたいタイトルの付け方
  • 本の売行きに直結!値段の決め方と発売直後の価格戦略
  • せっかくなら目指せ1位!Amazonランキング上位を狙うときに大切なこと
  • クソレビューがつく不安や怖さを乗り越えるために大事な考え方

とりえあず、以上が現時点で最低限、3ヶ月間でお伝えしようと思っている内容です。

ただこれは参加型の講座なので、気になる点があればどんどん聞いてください。

リクエストに応じて上記以外のことも答えていきます。


あなたの質問によって、新しいコンテンツが増えるかも!?



ノマド作家になる3つのステップのうち、
まずはSTEP①をクリアする講座です

えっ、ベーシックインカムにしていくための具体的なノウハウは教えてくれないの?

もしかしたらこんな風に思ったかもしれませんが、今回の講座では残念ながら触れません。

なぜなら、いきなりそのノウハウを知って実践しようとすると、出版のハードルが一気に上がってしまうからです。

ひらがなすら書けない状態で漢字を教えられても、ただの消化不良になってしまうように、順を追って取り組んでいくことが大切なんですね。



ノマド作家としてKindle出版がベーシックインカムになるまでには、以下の3つのステップが必要です。

STEP
作家デビューをする

初めてのKindle本を出版し、作家としてデビューした状態

STEP
売れ続ける本を書けるようになる

一瞬だけ売れるのではなく、たくさんの人に読まれ続ける本が連続して書けるようになっている状態

STEP
収益性を高める仕組みをつくる

1つの作品からさらに大きな収益をつくるための仕組みができあがっている状態

つまり、STEP①までを扱うのが今回の入門講座ということです。

ただ、僕もSTEP②・③の部分も余すことなく教えたい気持ちはとてもあります。

そこで、入門講座が終わるまでの3ヶ月間で、初めての作品が出版できた方には何らかの形で分かち合いをしたいと考えています。


具体的な形はまた講座の中で追ってご連絡しますので、楽しみにしておいてください^^




講座のスケジュール

スケジュールは以下の通りです。

日程時間内容
10月9日(土)10:00〜12:00グループコール①
10月23日(土)10:00〜12:00グループコール②
11月13日(土)10:00〜12:00グループコール③
11月27日(土)10:00〜12:00グループコール④
12月11日(土)10:00〜12:00グループコール⑤
12月18日(土)10:00〜12:00グループコール⑥
※参加人数や内容によって、時間の短縮や延長の可能性あり

スケジュールがどうしても合わない場合は録画版も配布しますので、ご安心ください。



こんな人におすすめです

  • ブログやnote,アフィリエイトなどに取り組んだことがあり、書くことが好きで得意な方
  • 個人起業家として好きなことを仕事にし続けていきたい方
  • 理想のライフスタイルがあり、時間がかかっても実現していきたい方
  • いつか作家になりたいと密かに思ったことがある方
  • 大好きな場所に住み、時間持ちになってみたい方
  • 子どもや家族との時間を優先しながら無理なく働きたい方
  • 自由に移動しながら旅ができるライフスタイルを憧れがある方
  • 「ノマド作家」という言葉にワクワクしてしまった方
  • 川喜田とのご縁を育みたい方

主催者プロフィール

川喜田敬
(コーチのコーチ・ノマド作家)


1988年生まれ。鎌倉市出身。
「やりたいことがわからない」を解決し、
世界に1人しかいない「自分」を仕事にする専門家であり、ライフコーチ。

やりたいことだった途上国でのボランティアのために、
3年で大企業を退職し、電気なし・水なし・ガスなしだったネパールへ。

現在は独立し、妻と日本&ネパールの2拠点生活を経て、沖縄へ移住。
場所に捉われないライフスタイルを満喫中。

独立後、4年間培ってきたコーチングのスキルを活かし、
現在は「世界に1つだけの仕事」を生み出すことに邁進しつつ、
毎月100冊以上の本が売れるノマド作家としても活動している。



「KindleはAmazonのブログ!?」
Q&A~気になる疑問点にお答えします~

Q.都合が合わず、Zoom通話に参加できそうにない日程もあるのですが、その場合はどうしたらいいですか?

A.なるべく参加できるように調整いただくようお願いします。
ただどうしても参加できない場合は、録画した動画をFacebookグループにアップしますので、参加できなくても遅れが出ないように配慮はできます。

Q.書くことに苦手意識があるのですが、私でもついていけますか?

A.苦手意識がある場合は厳しいかもしれません。。
本を書くという講座になる以上、僕としてはあまりおすすめはできません。

Q.書くことは好きですが、無名の私が作家になることに怖さを感じます。こんな私でも大丈夫でしょうか?

A.全く問題ありません!
僕も最初はすごくドキドキしましたが、今では怖さを全く感じずに出版することができています。
なぜなら、Kindleは「Amazonのブログ」のようなものだからです。
紙の本とは違い、あとから加筆修正もできるし、作品の出版自体を取り消すことのできます。
そういう意味では慣れるとただのブログだと思えるようになるから大丈夫です!

またどうしても怖ければ、匿名での出版もできるので安心してください!

Q.独立というよりは副業で好きなことを仕事にしたいのですが、それでも参加して大丈夫ですか??

A.全く問題はありません。
むしろどこでも場所を選ばずにコツコツ取り組めるという意味では、副業の方が向いているかもしれません。
僕の友人でもサラリーマンをやりながら、毎月出版している友人がいますので、大丈夫ですよ。

Q.お支払い方法はどうなっていますか?

A.銀行振り込みになります。
一括でのお支払いか、分割でのお支払いをお選びいただき、お申し込みをお願いします。
恐れ入りますが、振込手数料はご負担ください。

Q.受講してみて合わなかった場合などの返金はできますか?

A.本気で受講してもらいたいのと、講座形式というプログラムの性質上、受講を開始してからの返金は基本的にできません。

その他、ご不明な点がございましたら、以下のフォームからご連絡いただくかLINE@でご質問ください。

お問い合わせフォーム
LINE@




<初回限定特別料金>
参加費用について

今回の講座ですが、ただ本を出版する講座ではありません。

あなたが出版した本は、Amazonに置いておく限り、少額ではありますが、毎月毎月、ず〜っとお金を生み出してくれます。

つまり、この講座は「資産」をつくる講座なのです。



そして、そんな「資産」がどんどん増えてくると、気づいたときには、立派なベーシックインカムになっています。

ベーシックインカムができると、必然的に「場所と時間の自由」が手に入ります。

そうなったら、このようなライフスタイルを実現することも難しくないでしょう。

  • お金を稼ぎながら、自由に好きな場所を旅する働き方
  • 子どもが小さいうちは家族との時間を最優先にする働き方
  • ボランティアやアーティスト活動など、お金にならないけど本当にやりたいことに挑戦する生き方
  • 自然が豊かな田舎に移住して、大好きな趣味に没頭する生き方
  • 両親に万が一のことがあっても、経済的な心配をせずに付き添いができる生き方



そんな理想のライフスタイルの実現に向けて、「ノマド作家」としての一歩を踏み出すのが今回の講座なのです。



そう考えたときに、この講座の価値は決して安いものではないことがわかると思います。

実際、同じKindle出版の講座で、30万円ほどかかる講座も複数知っています。

そして、僕自身も少なく見積もっても、この講座の価値は10万円はあると思っています。



ただ、あまりにも金額が高いと参加するハードルが上がり、「ノマド作家が集まるコミュニティをつくりたい」という僕の夢も実現しにくくなってしまいます。

それに加えて、今回の講座は初めての開催ということも加味する必要があります。

上記を考慮した結果、参加料金ですが、以下の金額にさせていただきました。

初回限定特別価格:59,800円(税込)


ぜひ、ノマド作家への最初の一歩を踏み出してもらえたらと思います。




〜6名限定〜
大好きな場所に住んで、時間持ちになろう

ここまで読んでいただきありがとうございました。

こんなに長い文章を最後まで読んでくれるということは、きっとあなたは、この講座に興味があるのだと思います。

そして、この講座に興味を持ってくれたということは、きっとあなたにも、住んでみたいと思った、大好きな場所があるのだと思います。


それは、古い街並みが醸し出す雰囲気が異国情緒に溢れる街での暮らしかもしれません。

それは、美しい海とゆったりとした時間が流れる島での暮らしかもしれません。

それは、静かな森に囲まれた、夏でも涼しく過ごせる避暑地での暮らしかもしれません。




あなたにもそんな大好きな場所があるように、僕にも大好きな場所があります。

それは、2020年から住み始めた沖縄です。



おかげさまで毎日とても豊かに幸せに生活していますが、都会に比べて仕事がない沖縄でも暮らせているのも、

平日からシュノーケリングに行くことができるのも、

Kindle出版がベーシックインカムになってくれているおかげです。



そして、そのような生き方は、これからますます普通になってくるでしょう。

コロナウィルスによって、Zoomを使ったテレワーク、リモートワークという働き方が普通になった結果、僕らは人類史上初めて、「仕事」と「住居」を切り離して考えられる時代を生きているからです。



「仕事」と「住居」を切り離してもできる仕事はいくらでもあります。

でも、そこに「時間の自由」が加わる仕事はなかなかありません。

もしもあなたが、作家に憧れるくらい文章を書くのが好きで、理想のライフスタイルを思いっきり楽しむ時間持ちになりたいなら「ノマド作家」はおすすめです。



この講座で、ノマド作家への最初の一歩を踏み出すことで、自由なライフスタイルを実現する仲間になれたらと思います。

あなたのご参加をお待ちしています。



川喜田 敬