「仕事ができない人からできる人に…」と泣いた昔の僕に教えたい方法

★今月の一押し記事!

・「仕事ができるようにならなくて辛い。。」

・「仕事ができない人だと思われたくない。。」

・「なんとかして仕事ができる人になりたいけど、方法が分からない。。」

 

お気持ち、分かります。

僕も会社員時代、本当に仕事ができなくて、職場の中で泣いたことも何度もありました。

そんな「仕事ができるようになりたい」ともがいている当時の自分に、教えてあげたい方法があるんです。

 

「仕事ができるようになるには、どうしたらいいんだ」と悩んでいるあなたに届きますように。

 

 

仕事ができる人とできない人の違いは「本を読む習慣」にある

そもそも、「仕事ができる人」「仕事ができない人」ってどんな人なんでしょう?

 

 

「仕事ができる人」は仕事で活躍し、成果を出している人です。

ということは、言い換えれば、「年収が高い人」と言えるでしょう。

 

 

一方で「仕事ができない人」は仕事で活躍できておらず、成果を出せていない人です。

ということは、言い換えれば、「年収が低い人」と言えるでしょう。

 

 

よって、「仕事ができる人=年収が高い人」「仕事ができない人=年収が低い人」という定義だとしましょう。

そうしたときに、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の違いはどこにあるんでしょう?

その違いはシンプルで、「本を読む習慣の有無」なんです。

 

20~30代のビジネスマンは「1か月平均0.26冊」の本を読むのに対し、30代で「年収3000万円」の人は、「平均9.88冊」の本を読むそうだ。

その差は、実に「約38倍」。

アメリカの調査でも、ビル・ゲイツやウォーレン・バフェットのような大富豪が「1日30分以上」読書しているのに対し、「年収300万前後」の人たちで「1日30分以上」読書する習慣がある人は、わずか2%だったという。

エキサイトニュース-「ビジネス書」は役に立つのか 「読書の量と質」と年収の関係

 

 

仕事ができる・できないの差は、能力とか持って生まれた才能の差ではなく、読書の習慣があるかないか。

たったそれだけのことなんです。

ということは、「仕事ができない人」も、本を読む習慣をつければ「仕事ができる人」になれるのです。

 

 

仕事ができるようになるには、「課題→読書→実践」のサイクルを回せばいい

では、どうして本を読むと「仕事ができる人」になれるんでしょう?

それは、読書を通じて、仕事でできなかったことができるようになっていくからです。

 

「仕事ができる人」はこのようなサイクルをずっと回し続けています。

 

 

もう少し分かりやすく具体例を挙げて説明をします。

例えば、仕事で今度プレゼンテーションをすることになったとします。

そうすると、こんな感じでサイクルを回していくのです。

 

課題:プレゼンを成功させるために、分かりやすく話せるようになりたい

読書:「プレゼンの話し方」の本を読む

実践:本に書いてあったことを実践する

 

1冊の良質な本には、1人の人が一生をかけて習得したノウハウが詰まっています。

そんな本を読んで、実際に書いてあることを実践したら、成果は出ますよね。

 

 

「課題→読書→実践」のサイクルを高速で回していく。

そうすると、「良質な本」を「大量に読む」ようになります。

その結果、自然と「仕事ができない」と悩んでいた状態から、自然と仕事ができるようになっていきます。

 

これが、「仕事ができる人」になる方法なんです。

 

 

でも、「良質な本」を「大量に読む」って難しい。。

でも、ここで問題が出てきます。

それは、「良質な本」を「大量に」読むのは、結構難しいということです。

なぜ、難しいのかというと、3つの問題があるからです。

 

 

それは、①本の問題、②時間の問題、③お金の問題です。

①本の問題:どの本が良質な本かよくわからない

②時間の問題:1冊の本を読むには、最低でも数時間かかる

③お金の問題:本を買うには1冊1500円~2000円くらいかかる

 

ただでさえ忙しいのに、1冊の本を読み終えるのには、どんなに早くても2,3時間はかかります。

しかも、本って案外値段がします。分厚い本だと2000円を超えることもありますよね。

なのに、どの本が良質なのか分からないので、お金と時間が無駄になることも。。

 

このように、3つの問題があって、「良質な本」を「大量に読む」のは難しいのです。

 

 

そんな3つの問題を解決してくれるのが、本の要約サービスflier(フライヤー)

https://www.flierinc.com/

 

そんな3つの問題を解決してくれるすばらしいサービスがあります。

それが、本の要約をしてくれる、flier(フライヤー)というサービスです。

 

 

なんと、要約を読むことで1日10分の時短読書が可能になります!

しかも、プロのライターさんが書いたビジネス本の要約が読めるんですよ!

3分も待たずに見られる、分かりやすい動画もあるので、ぜひ見てみてください。

 

 

このサービス、すんごいです。

仕事ができなくて、なんとか仕事ができる人になりたいと思っていた会社員だった昔の自分に教えてあげたいくらい。

会員数も14万人を突破しています。

 

 

どんなところがすばらしいのか、flierのおすすめポイントを紹介していきます。

 

 

おすすめ①読むべき本が厳選されていて、良質な本に確実に出会える

まず1つ目のおすすめポイントは、flierで読める本のラインナップです。

話題の書籍だけでなく、読み継がれている名著が揃っています。

さらに経営者や大学教授などの専門家が「ビジネスパーソンがいま読むべき本」という視点で選んでいるんです。

 

 

1000冊以上ある、要約のほんの一部でもこんな感じです。

大ヒットしたホリエモンの「多動力」から、古典的な名作である「人を動かす」まで読めちゃいます!

 

https://www.flierinc.com/summary/free

 

 

日本では年間8万冊も新しい本が出版されているので、どうしても、当たり外れがあります。

せっかく時間とお金をかけて本を読んでも、その本のクオリティが低かったら無駄になります。

でも、flierで読める本は専門家が厳選した本なので、自信を持って読めますね。

 

 

おすすめ②要約の質が高いので、1日10分の「時短読書」でも頭に入る

flierを実際に使ってみるまで、僕は不安に思っていたことがありました。

それは、1日10分の時短読書っていうけど、本の要約を読んだだけで内容が頭に入るのかってことです。

 

 

でも、いざフライヤーを使ってみたら、その心配は消えました。

10分で読めちゃう要約でも、ばっちり頭に入ってきます。

それはなぜなのかというと、要約のクオリティが高いから。

 

経営コンサルタントや各分野の専門家が一冊一冊を精読し、要約を作成しています。

社内外に何重ものチェック体制を設け、高い品質にこだわっています。

 

flier「サービス紹介」

 

そして、要約を書くライターさんも、認定資格をもったプロの方などが書いています。

ちなみに要約のイメージはこんな感じ。

ホリエモンの「多動力」を例にして紹介します。

 

 

 

おさえておきたいポイントにまとめられていて、とにかく分かりやすいです。

素人の書く書評や要約とは比べ物にならない質の高さを実感します。

 

 

おすすめ③通勤や出張のスキマ時間で読書ができるアプリ&音声が便利

flierはパソコンでも使えますが、嬉しいのはちゃんとアプリが用意されているところ。

スマホやタブレットを使って、通勤や出張などのスキマ時間でも読書が楽しめるんです。

本を持ち運んで荷物がかさばることもないし、満員電車の中でもスマホを使えば読めちゃうんですよ。

 

 

ちなみに、アプリはこんな感じです。

スッキリしていて見やすいです。

 

しかも、アプリ版だと要約のフォントの大きさや背景の色までカスタマイズできます。

 

これだけでもすばらしいのに、さらにすばらしい機能がついています。

それは、音声読み上げ機能です。

音声の速度も2倍まで速められますし、BGMまで選べちゃいます。

 

 

車で通勤をしている人はもちろん、仕事帰りで目が疲れているときも、読書ができますね。

僕も、この前新幹線に乗った時にフライヤーで要約を読んでいたら、1時間半があっという間に過ぎていました。

これはありがたいです。

 

 

おすすめ④検索機能もついていて、仕事の悩みを解決するのにぴったり

さらにすごいのは、flierには、検索機能がついているところ。

これを使うことで、仕事の悩みを解決することができるので、どんどん「仕事ができる人」になっていきます。

 

 

例えば、プレゼンテーションのコツを学びたいときには、「プレゼンテーション」と入力します。

そうすると、こんな風に、関連する本がずらっと出てきます。

 

 

さらにタイトルだけでなく、本文中に「プレゼンテーション」が含まれる本まで出してくれるんです。

 

この機能を使って、要約を何冊も続けて読めば、プレゼンのコツはちゃんと把握できますね。

例えるなら、自分専用の超優秀な秘書がいる感じ。

自分専用の超優秀な秘書がいれば、仕事の悩みもどんどん解決していけますよね。

 

 

flierの詳細を見てみる

 

本の要約サービスflierはこんな人におすすめ!

・スキルアップして「仕事ができる人」になりたい会社員の方

・通勤や出張などのスキマ時間を有効に使いたい、忙しいビジネスパーソンの方

・キャリアアップを目指す方

・就職活動や転職活動を成功させたい方

・豊富な情報の引き出しから、仕事の効率を高めたい方

・厳選された良質な本・話題の本を知りたい方

・営業のつかみに使える雑談力をつけたい営業マンの方

・読書好きだけど、忙しくて本屋になかなか行けない方

・ニュースアプリに満足できず、本当にためになる情報がほしい方

・上司から読んでおけって言われた本の感想を聞かれて困ったことがある方(笑)

 

仕事で成長したい、少しでも今より「仕事ができる人」になりたいと思う人には本当におすすめです。

仕事のスキルアップ・キャリアアップを手助けしてくれて、自分に自信がつくサービスですよ。

 

逆にこんな人にはおすすめしません

・仕事なんてどうでもいいと思っている方

・仕事に真面目に取り組むのがバカバカしいと思っている方

・通勤や出張の移動時間で、スマホでゲームをしていたい方

「仕事ができない人」でいいと思っている方には向かないので、おすすめできません。

でも逆に今どんなに「仕事ができない人」でも、それが嫌な人にはおすすめですね。

 

 

flierを使って読書をしている人の口コミ・感想をまとめてみた

ちなみに、僕以外にflierを使って読書をしている人の感想も気になりますよね。

そこで、口コミをまとめてみました。

 

積読候補の本が要約で見れるのはすごく良い!

 

本は読むのが面倒だけど内容が知りたい人に便利!

 

要約がしっかりまとまっててすごくいい&全然安い

 

手を出さなかったジャンルの本にも触れられるようになった

 

「買ったけど面白くなくて損した」なんことにならない

 

気になるあの本が雑誌のようなインターフェースで読めてしまう

 

このサービスを手放せない&ハズレ本をほとんど引かなくなった

 

少なくとも1日3~4冊は読める&時間がない人のニーズに当てはまる

 

僕も調べててびっくりしましたが、驚くほど評判がいいですね!

すごい!

ちなみに、ホリエモンさんも、自身のYoutubeチャンネルでflierを紹介しています。

 

 

flierの詳細を見てみる

 

flierの気になるところをQ&A形式で答えてみた

flierってすんごい評判の良いサービスなんだってことは分かったと思います。

でも、やっぱり疑問に思うところはありますよね。

そこで、Q&A形式で分かりやすく答えてみました。

 

 

Q.結局、flierの料金っていくらなの?

A.無料プラン・月額500円プラン・月額2000円プランの3つがあります

3つほど料金プランはありますが、断トツでおすすめなのは、1000冊以上が読み放題のゴールドプランです。

 

 

月額2000円は高いと思うかもしれませんが、分厚い本なら1冊で2000円を超えます。

しかも、2000円なら、飲み会1回分の半額の値段ですからね。

それに、新聞は月額4000円ほどなので、新聞の代わりだと思えば圧倒的に安いです。

 

 

無料プランもありますが、読めるのは無料の20冊だけ。

月額500円のシルバープランは、有料コンテンツが5冊しか読めません。

「良質な本」を「大量に読む」ことが「仕事ができる人」になる近道だとすれば、この2つでは物足りません。

 

 

なので、読み放題プランのゴールドプランを使いましょう!

この記事の最後に、初月無料で合計2200円お得になる申し込み方法を紹介します。

 

 

Q.本の要約を読んだだけで本当に知識として身になるの?

A.10分の時短読書なだけに、1回読んでだけでは、知識にならないかもしれません。

要約は本当にクオリティが高いので、すらすら読めて頭には入ってきます。

ただ、やっぱり10分の時短読書なので、1回読んだけで知識になるかと言われたら少し難しいかもしれません。

 

 

なので、こんな使い方がおすすめです。

 

・もし、気になった本があったら、flierでさらっと読んでみる

・面白かったらその本を1冊買って、じっくり読んでみる

 

そうすれば、面白くない本を買って、時間もお金も無駄にしなくなりますよね。

 

 

Q.何冊の本の要約が読めるの?

A.1300冊以上の要約が揃っていて、毎日1冊以上、新しい本が追加されています。

 

もうすでに今揃っているものだけで、1300冊以上。(2018年5月現在)

それに加えて、毎日1冊以上、新しい要約が読めるようになっています。

これだけの本が揃っていれば、仕事でスキルアップしたい分野の本がないこともないでしょう。

 

 

Q.具体的にどんなジャンルの本の要約が読めるの?

A.ビジネス書を中心に以下のようなジャンルの本が読めます。

・スキルアップ・キャリア
・自己啓発・マインド
・生産性・時間管理
・リーダーシップ・マネジメント
・経営戦略
・起業
・人事
・マーケティング
・産業・業界
・グローバル
・政治・経済
・ファイナンス
・テクノロジー・IT
・サイエンス
・リベラルアーツ
・健康・フィットネス
・トレンド

 

ビジネスパーソン向けのサービスなので、やはりビジネス系の本が中心です。

ただ、一般教養や健康に関する本まで読めるのは嬉しいところ。

ビジネスに関係ないけど、超面白いと評判の「サピエンス全史」も読めます。

普通に買って読んだら、分厚くて挫折しそうだけど、flierの要約なら読めますね。

 

 

今なら初月無料で2200円お得に!「仕事ができる人」になるには、flierを使おう!

本の要約サービスflier(フライヤー)を紹介しました。

 

このflierというサービスは、あなたを「仕事ができる人」にしてくれるサービスです。

なぜなら、「仕事ができる人」と「仕事ができない人」の差は「良書」を「大量に読む」ができているかだからです。

そしてflierなら、時間の面でもお金の面でも、「良書」を「大量に読む」が圧倒的に簡単になるからです。

 

 

そんなflierで、キャンペーンをやっています。

今なら、通常月額2,000円の読み放題プランが、10%引きで1,800円になります。

しかも、初月無料になるので、合計2,200円もお得に読めちゃいます。

 

これは驚くほどお得ですね!

 

flierへの登録方法を分かりやすく解説します

登録方法もめちゃくちゃ簡単ですが、念のため解説していきます。

 

①登録ページを開き、メールアドレスを記入する

登録ページ

 

この画面が出れば、仮登録完了です。

 

②メールボックスを開いて、届いたメールの認証用URLをクリックする

 

③パスワードを決めて、支払い方法を選択する

 

④申し込みフォームに記入して、登録完了

 

これで完了!

あとは登録したアドレスとパスワードを使ってログインすれば、使い始められます。

 

 

flierの解約方法もびっくりするくらい簡単です

初月無料なので、期間内に解約すれば、一切お金はかかりません。

ただ、解約手続きが複雑だったりすると嫌ですよね。

でもご安心ください!解約もびっくりするほど簡単なんです。

 

 

まず、PCでログインして、画面の一番下にある「退会」をクリックします。

 

そうすると、解約の画面が出てくるので、「解約する」をクリック。

 

クリックした瞬間、解約が完了します。

びっくりするくらい引き留められません(笑)

flierの読み放題プランは、今なら月額料金が10%引き&初月無料!

ちなみにこのキャンペーンは、公式サイトからは申し込みができない特別キャンペーンです。

下のボタンから申し込みができますので、この機会を逃さず、「仕事ができる人」になりましょう!

 

 

読み放題を初月無料で使ってみる

 

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!