幸せになる考え方!年収半分以下になって分かった幸せになる5つのコツ

★今月の一押し記事!

・幸せになるためには、お金がもっとないとだめ

・幸せは成功しないとついてこない

・でも、お金も成功も今の自分じゃ手にできない

そんな考えを持っている人に朗報です。

幸せになるためには、別にお金も成功もいらないです。

実際、僕は会社員時代の年収と比べて半分以下のお金で生活していますが、超幸せです。

 

必要なのは、幸せになる考え方。

お金や成功は掴むまで時間がかかりますが、考え方はもっと簡単に掴むことができます。

今回は年収半分以下になって分かった幸せになる5つのコツと考え方を紹介していきます。

 

「幸せ」とは「感謝」という考え方1つで実現できるもの

まず、そもそもの話ですが、「幸せ」・「幸福」ってなんなんでしょう?

 

満ち足りていること。

不平や不満がなく、たのしいこと。

また、そのさま。しあわせ。

Goo辞書「幸福」

 

心が満ち足りている状態のことを「幸せ」「幸福」というんですね。

じゃあどうしたら、心が満ち足りるんでしょうか?

一番簡単なのは、常に「感謝」をするという考え方を持つことです。

 

例えば、会社からボーナスが出たとします。

でも、その金額がいつもよりちょっと少なかったとします。

このとき、ほとんどの人は「なんでボーナスがいつもより少ないんだよ、最悪だ」と怒るでしょう。

 

でも、「そもそもボーナスがもらえること自体ありがたいよな~」と感謝することもできますよね。

そう思うと、心がなんだかジワジワあったかくなってくる感じがあります。

つまり、「感謝」という自分の考え方1つで、心が満ち足りている状態にすることができるのです。

 

大企業を辞めて年収半分以下。それでも「幸せ」なのは幸せになる考え方を実践してきたから

僕は新卒から働いていた大企業を3年で辞めて、アジア最貧国のネパールで2年間ボランティアをしました。

そして今は、自分で事業をやっていて、1年をネパールと日本で過ごすデュアルライフを送っています。

ただ始めたばかりということもあって、大企業時代の年収の半分以下のお金で生活しています。

 

それでも、やっぱり今の生活の方が圧倒的に幸せです。

それはなぜかというと、幸せになる考え方を実践してきたから。

1つ1つの考え方を紹介していきましょう。

 

幸せになる考え方①「家族」を大事にする

まず1つ目の考え方は、「家族」を大事にすることです。

日本で働いていた時は、「家族を大事にする」なんて、なんか恥ずかしくて言えませんでした。

でも、ネパールに移住してから考え方がガラッと変わりました。

 

ネパールの人は決して経済的に豊かな暮らしをしているわけじゃない。

なのに、とても幸せそうなのです。

その理由はネパールの人が家族を大事にしていることにあります。

 

これは「幸せ」で有名なブータンでも言われていることですが、ネパールでも全く同じです。

なぜブータンが国としてみんな幸せそうなのかを少し掘り下げて考えると、いろいろと要因はあると思うのですが、まず一つは、家族を非常に大切にしているところです。

日本人と比較すると、仕事をきちんと早く切り上げて、家で家族と過ごす時間というのを本当に大切にしているので、結果的に家庭が安定している。

それに加えて親戚とのつながりも非常に強いので、帰る場所があるという安心感がすごく強い。

ホームベースが強固なものとして安定しているところが、いろんな幸福感につながっているのではないかな、と感じます。

更には近所付き合いなどでの村とか共同体での相互扶助の精神も強いので、そこも安心感がありますね。

「ブータンで本当の幸せについて考えてみました。」

 

「家族」とは、無条件でお互いの存在に感謝し合える関係のこと。

「成果を出した、役に立った」とかではなく、ただただ、生きていることに感謝されて、自分も感謝できる人がいる。

これって本当に幸せなことですよね。

 

幸せになる考え方②当たり前をつくらない

2つ目の考え方は、当たり前をつくらないことです。

「幸せとは」のところで、感謝の心が幸せには大事なんだということを話しました。

じゃあ、「ありがとう」の反対は何かっていうと、「当たり前」なんですね。

 

この辺の話は、こちらの記事に詳しく載っていますので、よかったらどうぞ。

 関連記事 

 

当たり前になってしまうと、感謝ができなくなります。

感謝ができなくなると、心が満ち足りないので「幸せ」を感じられなくなります。

じゃあどうするかというと、 当たり前をつくらないようにするのです。

 

具体的には、日本とネパールに住むデュアルライフをしています。

これをすると、本当に当たり前がなくなります。

 

例えば、日本からネパールへ行くと、バスの中で知らない人と仲良くなってしまうことに感動します。

なぜなら、それは日本だとありえないことだから。

 

逆にネパールから日本へ行くと、あったかいお湯のお風呂に入れることにさえ、感動します。

なぜなら、それはネパールだとなかなか難しいことだから。

 

何気ない日常生活の1つ1つに感謝できるようになるので、やっぱり幸せ度が上がります。

今は日本とネパールの2ヶ国ですが、こういう観点も含めて、1年のうちに3ヶ国を回る生活がしたいです。

 

幸せになる考え方③モノより経験にお金を使う

3つ目の考え方は、モノより経験にお金を使うことです。

モノは買った時点が価値のピーク。

壊れたり、古くなってくると、基本的には価値が下がっていくので、幸せが長続きしないのです。

 

でも、経験はモノとは真逆で、価値がずっと長続きするんですよね。

例えば、友達と海外旅行に行って、その旅行が超楽しかったとします。

旅行中ももちろん楽しいですが、旅行が終わった後も、その友達と会って思い出す度に幸せな気持ちになりますよね。

 

ネパールで暮らしていたこともありますが、僕はとにかく物欲がなくなりました。

服も、もう3年くらい新しい服を買っていません。

 

でも、その分、経験には大きなお金を使えるようになりました。

モルディブに行ったり、ヒマラヤトレッキングに行ったり、起業して会社をつくったりと毎年、経験には投資をしています。

 

結局、人生は「思い出」づくりなんです。

「思い出」がより鮮明に残る、「経験」にお金を使いましょう。

 

 関連記事 

 

 

幸せになる考え方④チャレンジングな環境で逆境・挫折を味わう

4つ目の考え方は、チャレンジングな環境で、逆境・挫折を味わうことです。

楽しいことが人生で溢れているのは最高に幸せなことです。

でも、その楽しいことをより楽しくしてくれるのが、「逆境」や「挫折」というスパイスです。

 

例えば、富士山の山頂から絶景を見たとします。

この時、自分の力で山頂まで登ってから見たのと、ヘリコプターで同じ高さまで行って見たのでは全然感動が違うと思いませんか?

 

会社を辞めてネパールに移り住んでからは、チャレンジングなことばっかりしています。

そもそも一度も目にしたことがない、ネパール語という言語を使って、生活するのも、かなりのチャレンジ。

でもそれだけでなく、一度もやったことがない、村の人の収入向上にも挑戦しました。

 

 関連記事 

 

そして、今は会社からお給料をもらう生活ではなく、事業をやって、自分の力でお金を稼ぐことに挑んでいます。

挑戦することは、逆境も経験するし、時にうまくいかない挫折を経験したりもします。

でもそういう逆境や挫折が、人生をより面白いものにしてくれるんですよね。

 

幸せになる考え方⑤人と比べずに、自分が本当にやりたいことをやる

最後の考え方は、人と比べずに、自分が本当にやりたいことをやるということです。

 

僕の場合、大企業を辞めて、ネパールでボランティアをするという選択をしました。

これって、普通の人から見たらありえない選択です。

「もったいない」「考え直したら?」なんて言われたこともありました。

 

でも、それでも僕は、自分の選択を貫き通しました。

なぜなら、途上国で現地の人と一緒に働くことが、自分にとっての「本当にやりたいこと」だったからです。

 

結果、この選択は大正解でした。

本当にやりたいことをやることは、言葉では言い表せないような喜びと充実感をもたらしてくれましたからね。

 

人に笑われたっていいじゃん。

バカにされたっていいじゃん。

そんなことが全く気にならないくらい、本当にやりたいことをやることは楽しいから。

 

1人でもたくさんの人が、本当にやりたいことをやるようになったら、もっと世界は幸せに包まれる場所になると本気で思ってます。

 

一番大事な「幸せになる考え方」は自分が「幸せになる考え方」を考えること!

幸せになる考え方を5つ紹介してきました。

幸せになる考え方①「家族」を大事にする

幸せになる考え方②当たり前をつくらない

幸せになる考え方③モノより経験にお金を使う

幸せになる考え方④チャレンジングな環境で逆境・挫折を味わう

幸せになる考え方⑤人と比べずに、自分が本当にやりたいことをやる

 

どれも大事な考え方ですが、これはあくまでも「僕」が「幸せになる考え方」です。

幸せの形は人それぞれって言いますよね。

ってことは、一番大事な「幸せになる考え方」は、自分にとっての「幸せになる考え方」をまずは自分で考えてみることです

 

 

自分にとっての「幸せ」って何なのか。

まずはそこから考えてみることが一番大事な考え方ですよ。

 

自分にとっての「幸せ」がわからないなら無料メール講座がおすすめ

でも、きっとこの記事を読んでくれているあなたは、その自分にとっての「幸せ」がわからないんですよね。

そんな、悩みまくっていた僕が、自分の「幸せ」に気づいた方法を無料メール講座にまとめました。

それがこちら。

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

 

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

 

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

 

詳しい内容はこちらからどうぞ!

 

詳細を見てみる

 


【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!