本を読む時間がない?会社員でも年100冊の読書量を確保&読む習慣の作り方

★今月の一押し記事!

・「仕事が忙しすぎて、本を読む時間がない」

・「たくさん本を読みたいのに、全然読めていない」

・「読書時間を確保して本を読む習慣をつくりたいけど、時間がない」

本を読むってことがいかに大事なことかはわかってる。

でも、読書ってまとまった時間が必要だから、忙しくて本を読む時間がない。

分かります。僕もそう思ってましたから。

 

僕はサラリーマンだった会社員時代、朝8時前から夜22時くらいまで毎日働いてました。

めちゃくちゃ忙しくて、本当に時間がない生活。

でも、本は年間100冊読んでいました。それも3年連続で。

 

そして、独立した今も、その習慣は継続していて、毎年100冊読むことを継続できています。

なぜか?それは、まとまった時間がなくても本は読めるからです。

そこで、今回は「忙しくて本を読む時間がない!」と悩んでいる人に、本を読む時間と習慣を作る方法を紹介します。

 

読書する時間がないのは、スキマ時間を有効に使えてないから

本を読みたいのに読めない。それって何でだと思いますか?

 

「まとまった時間がないから」

 

確かに朝から晩まで働いているサラリーマンだと、まとまった時間ってありませんよね。

でも、改めて考えてみてください。

 

「まとまった時間がないと、本って読めないんですか?」

 

「最低1時間は読むと約束しないと、本は開いてはいけない」なんてルールはないですよね(笑)

ってことは、「まとまった時間じゃないと本は読めない」ってのはただの思い込みなのです。

 

じゃあ、いつ本を読めばいいのか?

それは「スキマ時間」です。

予定と予定の間に発生する、ちょっとした隙間の時間を使って本を読めばいいんです。

 

あなたの生活の中にこんなスキマ時間はありませんか?

・朝、家を出て、駅まで歩く時間

・会社の最寄り駅まで、電車に乗ってる時間

・最寄駅から会社のオフィスへのバスの時間

・営業車に乗って営業先に行くまでの時間

・昼ご飯を早く食べ終わってから昼休みが終わるまでの時間

・待ち合わせしてた人が遅れていて、待たされてる時間

・出張先に向かうための飛行機や新幹線の中での時間

 

ちょっと考えただけでもこれだけ出たので、他にもいくらでも隙間の時間ってあるはず。

でも、このスキマ時間をあなたは読書に使っていません。

スマホでゲームをしたり、意味もなくSNSを見たり、何か別のことに使っているんです。

 

あなたが本を読む時間がないのは、本当に時間がないからではありません。

スキマ時間で本を読めてないからです。

読書にスキマ時間を使ってないから、本が読めてないだけなんです。

 

 「本を読む時間がない」から卒業!スキマ時間を読書時間に変えるおすすめの方法4選

じゃあどうしたらスキマ時間を読書時間に変えられるかって話ですね。

「どこに行くのにも本を何冊も持ち運ばなきゃいけないのか。。」って考えるかもしれませんが、朗報です。

そんな必要は全くありません!それどころか本なんて1冊も持ち歩かなくていいんですよ。

 

本を持ち歩かなくても、読書ができちゃうおすすめの方法を紹介していきます。

 

おすすめ①耳で聴く本!「FeBe(フィービー)」でオーディオブック!

まずおすすめしたいのが、本を「読む」のではなく、本を「聴く」こと。

「オーディオブック」といって、プロの声優さんが本を朗読してくれるサービスがあるんです!

 

このサービスの一番良いところは、「~しながら」読書ができるようになること。

散歩しながら、運転しながら、通勤しながら、ご飯を食べながら、など。

スマホの専用アプリさえあれば、何かを「しながら」本が読めるので、スキマ時間で読書するにはぴったり。

 

 

試しに聞いてみてください。

臨場感溢れる感じになっていて、全く新しい読書体験になってます!

 

現状、オーディオブックはAmazonのAudibleかFeBeの2択になってます。

どちらがおすすめかというと、FeBeがおすすめ。

Audibleは月額1500円で定額制の聴き放題ですが、読みたい本があまりないという致命的な弱点があります。

 

その点、FeBeは20,000冊が対象で、読みたい話題の本が充実しています。

さらに、定額制プランだけでなく、1点買いもOK。

スマホにアプリをダウンロードすれば、あっという間に本が聴けちゃいます。

 

まずは、どんな本があるか見てみてください。

 

FeBeの商品ラインナップを見てみる

おすすめなのはこんな人&おすすめしないのはこんな人!

◎本を読むのが遅い人(倍速再生ができるため、速く読める)

◎仕事で目を酷使する人(目を使わずに読めるので、目が疲れない)

◎たくさん読むより、1冊の本を完璧にマスターしたい人(何度も繰り返し聴ける)

✕本を読むのにお金をかけたくない人(紙の本よりも割高)

 

FeBeの商品ラインナップを見てみる

おすすめ②読書時間が1/30!「flier」で要約だけ読む時短読書!

「でも、やっぱりオーディオブックでも数時間はかかっちゃう。もっと読書時間を短くしたい!」

そんな方におすすめなのが、本の要約サイト「flier」です。

 

このサービスが最高なのは、1冊の本当に大事なエッセンスだけをまとめてくれるところ。

1冊約10分で読めるような要約なので、読書時間が大幅に圧縮できます。(1冊約5時間なら1/30!)

これなら本当にスキマ時間で読書ができちゃいますよね!

 

肝心の要約のクオリティですが、すばらしい。

僕も読んでみましたが、かなり分かりやすいです。

各分野の専門家が作っているので、品質はばっちり!

 

 

実際に読んでみた方がわかりやすいので、まずは無料で会員登録をしましょう!

会員登録をすると、無料で読める本が20冊もあるので、お試しするのに最適。

まずは無料会員登録をして、どんな要約なのか読んでみましょう!

 

flierで無料の要約を読んでみる

おすすめなのはこんな人&おすすめしないのはこんな人!

◎本を読む時間を極力短くしたい人(1冊10分なので、圧倒的に速く読める)

◎面白い本を読みたいけど、どれが面白いか分からない人(ビジネスパーソンがいま読むべき本を厳選)

◎本からしっかり学びを得て仕事につなげたい人(要約が本当に分かりやすく、実践しやすい)

✕本の世界観に浸りながら本を読みたい読書好きな人(1冊10分なので世界観には浸れない)

 

flierで無料の要約を読んでみる

おすすめ③読書好きは電子書籍端末「Kindle Paperwhite」で本を読む習慣をつけよう!

「やっぱり、本は目で見てじっくり味わいながら読みたい!」

そんな生粋の読書好きなんだけど、あんまり本が読めてないあなたにおすすめなのがこちら。

Amazonが販売している電子書籍端末「Kindle Paperwhite」を使うこと。

 

この商品が最高なのは、いつでも、どこでも、24時間読書が楽しめる点。

軽いし、コンパクトなので持ち運びが自由!

通勤中も出張中も、少しのスキマ時間さえあれば、いつでも本の世界に浸れます。

 

読書は人生を変える最強の習慣。

その最強の習慣は、いつでもどこでも読書ができるKindle端末を使うことで、簡単に身につきます。

なので、Kindleは人生を変える魔法の端末だと僕は本気で思っています。

 

詳細はこちらの記事をどうぞ。

 

Kindleを使うと魔法の習慣ができるワケ

 

おすすめなのはこんな人&おすすめしないのはこんな人!

◎本を目で読むことがもともと好きな読書家(紙の本に近い形でスキマ時間に本が読める)

◎本は好きだけど、本を置く場所に困っている人(データなので、何冊買ってもかさばらない)

◎少しでも安く本を読みたい人(紙の本より安い・読み放題サービスあり

✕仕事で目を酷使する人(目への負担あり)

 

Kindleを使うと魔法の習慣ができるワケ

 

本1冊読まないだけで、年収75万円も損をする!スキマ時間を使って、今すぐ本を読み始めよう!

最後に1冊の本で年収が75万円も変わってくるという話を紹介します。

年収500万円から800万円クラスの人は、一日当たり平均5~30分間の読書をしており、1500万円以上の人は毎日平均30分以上の読書をしているそうです。
また別の調査ですが、20歳から30歳代のビジネスマンは、年に平均3冊しか本を読みませんが、30歳代で年収が3000万円を超えている人の平均読書量は、1ヶ月で3冊だそうです。
年平均3冊と比較すると、12倍の読書量となるわけです。

仮に、年3冊の本を読むAさんが、年収500万円だとして、毎月3冊の本を読むBさんが年収3000万円だとしましょう。
Bさんは年に36冊の本を読むので、Aさんとの差は33冊。
この数字で年収の差額2500万円を割ってみると、1冊あたり75万円以上になります。

極端に単純に言えば、年に読む本を1冊増やすたびに、あなたの年収が75万円アップするかもしれない!ということですね。

マイナビニュースー「1冊の読書で年収75万円の差がついている!?」

 

読む本を1冊増やすたびに、年収が75万円上がるかもしれないってことを逆説的に考えてみてください。

あなたが今、スキマ時間を使えば読めるはずの本を読まないことは、年収75万円損しているってことですよ。

 

そう考えたら「忙しくて、時間がないから本が読めない!」なんて言ってられませんよね。

1日10分でもOKです。

スキマ時間を使って本が読む時間を増やして、どんなに忙しくても本を読む習慣をつけましょう!

 

おすすめサービスまとめ

・耳で本を読んで「ながら」読書がしたい人⇒オーディオブック「FeBe」

・読書時間を極力効率化して時短読書がしたい人⇒本の要約サービス「flier」

・従来の読書が好きだけど、時間がなくて本が読めない人⇒電子書籍端末「Kindle Paperwhite」

 

どれもおすすめですが、中でも僕のおすすめは、Kindle Paperwhite。

読書時間をグッと増やしてくれて、読書の習慣まで身につく。

これは人生を変える魔法の端末だと僕は本気で思っています。

 

▼読書時間を増やすなら、Kindle Paperwhiteが最高におすすめなワケ

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!