嫌なことから逃げるのは悪くない。悪いのは「逃げる自分」を愛せない自分

★今月の一押し記事!

「嫌なことから逃げる」って悪いことだと思ってませんか?

そもそも「逃げる」って、やってはいけないことだと考えていませんか?

確かに、嫌なことから逃げるのって根性なしとか、無責任な感じがしますよね。

でも、僕は思うんです。

嫌なことから逃げるのは悪くない。悪いのは「逃げる自分」を愛せない自分だよって。

 

嫌な事から逃げてもいい。嫌なことをするために、生まれてきたわけじゃないでしょ?

まず断言させてください。

 

嫌なことから逃げることは悪いことじゃありません。

 

嫌なことからは逃げてもいいんです。

 

 

なぜか?その理由は超シンプルです。

 

僕らの人生は、嫌なことをするためにあるわけじゃないからです。

 

嫌なことをやるために僕らは生まれてきたわけじゃないんですよ。

 

だったら嫌なことから逃げるのって当たり前じゃないですか?

 

 

嫌なことをやって人生が最高に楽しいなら、どうぞ嫌なことをやり続けてください。

 

でも楽しくないから嫌なことなんですよ。

 

楽しくない、嫌だと思っていることに時間を費やして、限りある人生を無駄にする必要なんてありません。

 

だから、嫌なことからは逃げてもいいんです。

 

嫌なことから逃げても問題は解決しない?それは逃げ方を間違えている

「でも、嫌なことから逃げても問題って解決しないよ!」って思ってる人もいますよね。

 

例えば、上司との関係が嫌で会社を辞めて転職したら、転職先でも上司との関係が嫌になったとか。

 

そういう人って、逃げ方が下手なんですよ。逃げ方を間違えてるんです。

 

 

例えば上司との関係が嫌なら、それは根本的に誰かの下で働くってことが向いていないんです。

 

根本的に向いていなかったら、今の会社を辞めて、別の会社に転職しても同じことが起きるに決まっています。

 

逃げているようで逃げていない。それじゃ問題が解決しないのは当たり前。

 

 

 

実は僕も誰かに指示されて働くのが嫌なタイプ。

 

自分で考えて自分で行動するような働き方がしたかったんですね。

 

それもあって、僕は会社を辞めて、そういう働き方ができる青年海外協力隊になりました。

 

 

 

結果、見事に問題は解決しました。

 

誰からも指示を受けず、自分で考えて、自分で動きながら仕事をするって大変でした。

 

それでも、自分の嫌なことではないので最高に楽しかったです。

 

 

 

嫌なことから逃げれば問題は解決します。

 

問題が解決しないのは、逃げ方が下手だから。逃げ方が中途半端なんですよ。

 

「逃げるなら本気で逃げろ」。これは鉄則です。

 

大丈夫。みんなが嫌なことから逃げても社会は回る。むしろ、もっと良い社会になる

「でも、みんながみんな、嫌なことから逃げたら、社会が回らなくなるんじゃない?」

 

そんな風に思ったあなたはすばらしいです。社会のことまで考えるその視点は立派です。

 

でも、大丈夫ですよ。みんなが嫌なことから逃げても社会は回りますし、むしろ今よりも、もっと良い社会になりますから。

 

 

 

なぜみんなが嫌なことから逃げても社会は回るのか?

 

それは嫌なことは人それぞれ違うからです。

 

恐らく「自分がされて嫌なことは他の人にもしない」と言われて育ったからだと思いますが、「自分の嫌なこと=他の人全員にとっても嫌なこと」ではないんです。

 

例えば僕は片づけが嫌いですが、片づけが好きでそれをお仕事にしている人だっているわけです。

 

嫌なことは人それぞれ違うんですよ。だから、自分が嫌なことから逃げても大丈夫。好きな人に任せましょう。

 

それに万が一、本当に全員が全員、嫌なことなら、それはAIとか機械で自動化すればいいんですよ。

 

 

 

あと、嫌なことから逃げると今よりも社会が良くなるのにもちゃんと理由があります。

 

それは、嫌なことをやっていない人は、それだけで周りを幸せにするからです。

 

嫌なことをやっていない人って、楽しそうに生きてます。

 

僕もネパールに来てからそういう日本人を何人も知っていますが、見ているだけでなんかこっちが前向きになるんですよね。

 

楽しそうに生きる人が今よりも増えたら、今よりも間違いなくいい社会になりますよね。

 

嫌なことから逃げる癖も性格も直すな。その先に本当にあなたのやりたいことがあるから

嫌なことから逃げ続けると、逃げ癖がつきます。

 

これも悪いことだと思われてますが、とんでもない。

 

逃げ癖がつくことで、ちゃんと得られるものがあるんです。

 

 

それは、本当に自分がやりたいことに出会う確率が高まるってことです。

 

 

僕自身、思い返せば、嫌なことからとことん逃げてきました。

 

大学生の時、居酒屋のアルバイトが嫌すぎて1日でとんずらしました。

 

入ったサークルも、いつの間にか嫌になって行かなくなりました。

 

「もう日本での大学生活なんて嫌だ!」と思って逃げるようにオーストラリアに留学したら、叶えたい夢を見つけました。

 

 

 

会社に入ってからも同じです。

 

「忙しすぎてこんなな働き方は嫌だ!」と思って逃げるようにネパールに来たら、何が何でもやってみたい事業の種を見つけました。

 

これは僕の逃げ癖、逃げる性格がなかったら、どれも起こりえなかったこと。

 

京大卒でニートという、ぶっ飛んだ生き方をされているPhaさんも、こんなことを言っています。

 

「真面目に学校に行ってちゃんとした会社に入ってずっと働き続けて家族を支える」みたいないわゆる「真っ当な」生き方は、世界にたくさんある生き方パターンの一つでしかないし、そのルートが向いてない人は無理にそれを目指す必要はない。

自分に合わない場所で苦しむよりはそこから逃げてもうちょっと自分が楽にいられる場所を探せばいい。世の中に生きる場所は無数にある。僕自身も逃げて楽になった一人だ。

Pha-「持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない」

 

そう考えると、嫌なことから逃げることを繰り返す逃げ癖を直す必要なんてないんですよ。

 

 

嫌なことから逃げるってことは、「自分が何をしたくて、どんな風に生きたいのか」と本気で向き合うこと。

 

逆に嫌なことから逃げない人は、「自分の人生」を生きることから逃げてますからね。

 

僕から言わせてみれば、「自分の人生」を生きることから逃げる人の方が圧倒的にかっこ悪いですよ。

 

嫌なことから逃げることは悪くない。悪いのは「逃げる自分」を愛せない自分

 

ここまで話したように、嫌なことから逃げることは悪いことじゃありません。

 

 

嫌なことから逃げてもいいんです。

 

まず、僕らは嫌なことをするために生まれてきたわけじゃないから。

 

逃げても問題が解決しないのは、逃げ方を間違えてるだけ。

 

それに嫌なことから逃げる人が増えた方が、今よりも社会は良くなります。

 

逃げ癖だって、自分が本当にやりたいことと出会うためのツールみたいなもんです。

 

だから嫌なことから逃げることは、全然悪いことじゃないし、何にも問題はない。

 

 

 

むしろ、悪いのは、嫌なことから「逃げる自分」を愛せないこと。

 

嫌なことから逃げるのが悪いことだと思っている人は、「逃げる自分」を受け入れられていないだけ。

 

 

「かっこ悪い自分」「恥ずかしい自分」「ダサい自分」を愛せてないんですよ。

 

「逃げる自分」に価値はないと思っているんですよ。

 

嫌なことから逃げることよりも、「逃げる自分」を愛せない方がよっぽど悪い。

 

嫌なことから逃げてもいい。自分を好きになれるから

嫌なことから逃げてもいいんです。

 

といっても、嫌なことから逃げると、ますます自分を嫌いになりそうですよね。

 

でも不思議なことに、嫌なことから逃げると、自分のことを好きになれるんですよね。

 

 

僕自身、大学が嫌で留学に逃げたときも、会社員生活が嫌でネパールに逃げたときも、逃げた後の方が自分のことをずっと好きになれました。

 

 

 

たぶん、嫌なことから逃げることで、僕は自分のかっこ悪いところ、ダサいところっていう自分の嫌な部分まで受け入れられたからだと思います。

 

そして何よりも、人生が楽しくなったから。

 

楽しい人生を送っている自分のことは、好きにならざるを得ませんよね。

 

世の中は広い。地球は、途方もなく大きい。
どんな人にだって、どこかにきっと、何も恐れることなく、ハッピーに暮らせる場所があるはずだ。
前に進まなくたって、逃げたって、生きてさえいれば、きっといつか、そんな場所にたどり着く。

逃げることは、決して悪いことじゃない。

家入一馬-「こんな僕でも社長になれた」

 

嫌なことからは逃げていいんです。何も悪いことじゃない。

 

悪いのは、「逃げる自分」を愛せていない自分ですよ。

 

もっと自分を好きになって、もっと楽しく人生を生きていきましょう。ネパールから応援しています^^

 

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

・自分の内面が変わると、自分の外側の世界が変わっていくことを肌で感じられた

・1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました

・今まで人に言えなかった本音ややりたいことが少しずつ言えるようになって、すごく楽になりました

詳しい内容はこちらからどうぞ!