仕事を辞めて会社を退職。その決断を後悔している人を僕は1人も知らない

★今月の一押し記事!

仕事を辞めたい。でも後悔するのが怖くてなかなか決断できない

そんな風に思って、会社を退職したいんだけど悩んでいる人って結構いるんじゃないでしょうか?

僕は大企業をたった3年で辞めちゃった人間で、会社を退職した人も結構知っています。

でも、会社を辞めたことを後悔しながら生きている人を僕は1人も知りません。

 

テンション高めに「仕事を辞めて良かった!」と言っているのはよく聞きます。

だけど、「仕事を辞めなきゃよかった。。」と後悔している人って本当に僕は1人も知らないのです。

 

「仕事を辞めなきゃ良かった」と後悔している人を僕は1人も知らない

僕はネパールに移住した変わり者です。

なので、そんな僕の身の回りには会社を辞めて、変わった生き方をしている人が結構います。

 

例えば、会社を辞めて韓国に留学して、そのまま韓国に就職しちゃった高校時代の友達もいます。

仕事をあっさり辞めて、彼氏を追いかけてブラジルに行く決断をした大学時代の友達もいます。

 

もっと言えば、僕が2年間ネパールで働くことになった青年海外協力隊の同期もそう。

200名以上の同期がいますが、大半は途上国で2年間生活するために、会社を辞めてきたアホばっかりです(笑)

 

そんな風に、会社を辞めた決断をした人がたくさん知っているのですが、「仕事を辞めなきゃ良かった。。」なんて言ってる人なんて本当に1人もいません。

明らかに仕事を辞めた後の方が、みんな楽しそうに生きています。

 

僕自身も、入社するのが夢だった大企業をたった3年で辞めたた。でも後悔したことは1秒もない

僕自身も例外なく、仕事を辞めた人です。

学生時代に働くのが夢だった大企業に幸運にも入社することができたんですが、たった3年で辞めちゃいました。

 

「途上国で働きたい」という想いを実現するために、青年海外協力隊になり、ネパールへ。

協力隊としては任期である2年は終わりましたが、今もネパールに住んでいます。

 

日本よりも圧倒的に厳しい生活環境であるネパール。

来た当初は毎月1回は下痢と発熱で寝込んでましたし、停電や水不足といった不便な生活環境は当たり前。

しかも仕事は、日本での洗練されたオフィスワークとは違い、ネパールの村で泥だらけになる毎日。

 

日本では知らない人がいない大手だったこともあり、よく「なんで辞めちゃったの!?」「もったいない!」と言われます。

でも不思議なことに、会社を辞めたことを後悔したことは1秒もありません。

これは強がりでも何でもなくて、本当に後悔したことはないんですよ。

相当の変わり者ですね(笑)

 

会社を辞める決断ができない人へ。退職しても後悔しない5つのポイント

でも会社を辞めるってなかなか大きな決断ですよね。

せっかく入れた会社。退職して後悔なんてしたくないのは当然です。

なので、会社を辞める決断がなかなかできない人のために、退職しても後悔しない5つのポイントを紹介いきます。

 

ポイント①勢いですぐに仕事を辞めない(身体と心を壊しそうな場合以外)

まず最初にお伝えしたいのは、「辞めたい!」という気持ちのまま、勢いですぐに仕事を辞めないことです。

感情に流されて行動すると、後悔することってあるじゃないですか?

深夜にラーメンがどうしても食べたくなって、いざ食べたらめっちゃ後悔したとかね。

 

ラーメンを食べて後悔するだけなら、あとでいくらでも取り返しがつきます。

でも、会社を辞めて退職をしたことへの後悔は、取り返すことが大変です。

うつ病や過労死寸前の場合はもちろん除きますが、基本的には勢いですぐに会社を辞めないのが原則ですね。

 

じゃあ何をするのか?やってみることは以下の2つです。

①「なぜ仕事を辞めたいのか?」をちゃんと考えてみること

②全力で今の仕事をやってみること

 

まず①ですが、なんで辞めたいと思っているのかを考えてみてください。

ノートとペンを用意して、色々書いてみるといいですよ。

この辞めたいと思っている理由を明らかにすることが次のポイントにもつながります。

 

もう1つの②ですが、これも超大事です。

仕事って奥が深いんですよね。

なので、全力でやってみないことには、本当にその仕事の楽しさや魅力って分からないんですよ。

 

僕自身も、3年間は全力で仕事をやったという自負があります。

全力でやっても「辞める」という気持ちは変わりませんでした。

それを踏まえて、退職をするという決断をしたので、仕事を辞めたことを一切後悔していないんです。

 

ポイント②会社を辞めずに問題を解決できる方法を探す

ポイント①で、会社を辞めたいと思っている理由を整理してみたら、次はその問題の解決方法を探しましょう。

ポイントは、会社を辞めずに問題を解決できる方法がないかを探すことです。

会社を辞めたいと思っている理由が、会社を辞めなくても解決できるのなら、辞めなくていいですよね。

 

例えば、職務内容や勤務地が原因なら、上司に相談してみるのも手ですよね。

人間関係が原因なら、まずは自分自身が態度を変えてみることだってできます。

そんな風に、まずは自分自身でなんとかできないかを考えてみるといいですね。

 

自分でいろいろやってみても、どうにもならないときは、他の部署への異動をお願いしてみるのも手ですよね。

僕も社内公募制度があったので、書類を書いてみたりもしました。

こんな風に会社を辞めなくても、その辞めたいと思っている理由を解消する方法がないかを探してみましょう。

 

ポイント③自分の会社・仕事を客観的に見るために、転職活動もやっておく

3つ目のポイントとしておすすめしたいのが、転職活動もやっておくということです。

自分の会社や自分がやっている仕事の魅力って、働いているとなかなか見えません。

忙しいからというのもそうですが、比較対象がないからです。

 

なので、転職活動をやってみて、自分の会社・仕事を客観的に見てみましょう。

他の会社や仕事と比較してみると、なかなか気がつかなかった、隠れた魅力にも気づくかもしれませんよね。

 

転職活動をやってみることをもう1つおすすめする理由は、自分のことも客観的に見れるようになるからです。

自分のキャリアを振り返ることで、自分が培ってきたスキルや強みが明らかになっていきます。

それは仕事を辞めてから、どんな仕事をして、どんな人生を生きていくのかを考える大事な材料にもなりますからね。

 

まずは気軽な気持ちで、転職サイトに登録してみましょう。

会員登録するだけで、自分の強みを無料で診断してくれるリクナビNEXTがおすすめです。

 

ポイント④仕事を辞めた経験がある人に相談をしてみる

4つ目のポイントは、仕事を辞めた経験がある人に相談をしてみることです。

職場で一緒に働いていたけど、辞めてしまった人がいるなら、その人がベストですね。

辞めてみてどうなのかを聞いてみましょう。

 

同じ職場で働いていた人で辞めた人がいなかったら、自分と同じ会社の人じゃなくても全然問題ありません。

僕は、他社で働いていて会社を辞めた人にお話を聞きましたが、十分参考になるお話を聞くことができました。

仕事を辞めるという自分の決断が間違っていないことを確認できましたし、会社の辞め方・退職の伝え方も学ばせてもらいました。

 

自分よりも職歴が長い、人生の先輩に聞いてみるのがおすすめです。

 

ポイント⑤「自分の人生」を生きるために仕事を辞める

一番大事なポイントは、「自分の人生」を生きるために辞めることです。

  • あなたが心の底からやってみたいことはなんですか?
  • あなたの人生において、これだけは欠かせないという一番大事なものは何ですか?
  • あなたにとって「最高の人生」ってどんな人生ですか?

 

これらの質問の答えを実現するために、仕事を辞めるのであれば、会社を辞めたことに後悔するなんて、まずないですよ。

なぜなら、「自分の人生」に後悔すること以上の後悔ってないからです。

 

この世の最大の不幸はなんでしょう?
それは、死が間近に迫ったときに、自分の人生に後悔することです。
死ぬ前に後悔することこそ、最大の不幸です。

しかし、それを避ける方法がたったひとつだけあります。
いま、この場でしっかり自分の死を想像してみればいい。
死を真剣に見つめることで、あなたは自分の「本心」(ハートの声)に気づくことができる。

ひすいこうたろう-「明日死ぬかもよ?」

 

「本心」に従って生きるために、今の会社を辞めるのなら、それは死ぬ前の後悔を1つ減らすことになるでしょう。

でも反対に、今の会社を辞める決断をしなかったことが原因で、「本心」を無視したまま生きるのなら、死ぬ前に大きな後悔が残るでしょう。

 

 

僕自身、「途上国で働きたい」という自分の「本心」に従って、会社を辞めました。

その決断のおかげで、「本」当に「心」からやりたいことを実現できました。

だから、大きな会社で、安定していて、給料もたくさんもらえる道を捨てる決断をしても、1秒も後悔したことがないんです。

 

「仕事を辞めて良かった」と後悔なく言えるように、自分の「本心」に従って生きよう

会社を辞める決断ができない人のために、退職しても後悔しない5つのポイントを紹介しました。

もう一度まとめておきますね。

  1. 勢いですぐに仕事を辞めない(身体と心を壊しそうな場合以外)
  2. 会社を辞めずに問題を解決できる方法を探す
  3. 自分の会社・仕事を客観的に見るために、転職活動もやっておく
  4. 仕事を辞めた経験がある人に相談をしてみる
  5. 「自分の人生」を生きるために仕事を辞める

 

一番大事なのは、5つ目のポイントである、「自分の人生」を生きるために仕事を辞めることです。

あなたの「本心」、本当に心からやりたいことは何ですか?

その「本心」を実現する手段として、会社を辞めるのであれば、その決断を後悔することはないですよ。

 

仕事を辞める決断をしても、後悔している人を僕は誰1人として知りません。

それは、自分の「本心」に従うために、会社を辞める決断をしているから。

会社を辞める後悔より、「自分の人生」を生きれない後悔を心配しましょうよ。

 

自分の「本心」に従うことで、「仕事を辞めて良かった」と言えるように人生を楽しんで生きていきましょう!

 

ネパールから応援しています^^

 

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

・自分の内面が変わると、自分の外側の世界が変わっていくことを肌で感じられた

・1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました

・今まで人に言えなかった本音ややりたいことが少しずつ言えるようになって、すごく楽になりました

詳しい内容はこちらからどうぞ!