世界で一番貧しい大統領ホセ・ムヒカ氏の名言とおすすめ本!感想・内容まとめ

★今月の一押し記事!

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

「世界で一番貧しい大統領」と呼ばれる、ホセ・ムヒカさん。
日本でも話題になりましたが、彼の言葉の力がハンパない。
名言連発だし、幸せや人生について、本当に考えさせられます。

そこで、今回はムヒカ元大統領の名言とおすすめ本を、
アジア最貧国ネパールに住む僕がまとめてみました。
それではいってみましょう!

世界でいちばん貧しい大統領!ホセ・ムヒカさんの経歴と人生を簡単に紹介するよ

名言や本を紹介していく前に、
ムヒカさんがどんな人生を歩んできたのか、
経歴とプロフィールを簡単に紹介しておきます。

ムヒカさんの本をいくつも出版されている、
汐文社さんの紹介ページが端的で分かりやすいので、
引用させていただきます。

●1935年、ウルグアイ・モンテビデオ郊外に生まれる。
●幼い頃より、パン屋、花屋などで働く。十代から政治活動を始める。
●1960年代初期、当時の独裁政権に反抗する非合法政治組織「トゥパマロス」に加わる。
●ゲリラ活動による4度の投獄を経て解放。
その後、1994年に下院議員に選出。
●1999年、所属の人民参加運動(MPP)が最大議席を獲得。
●2010年、ウルグアイ第40代大統領に選出。
●給料の大半を貧しい人のために寄付し、公邸での居住を拒否。
歯に衣着せぬ物言いが話題に。
●2012年、「国連持続可能な開発会議」でのスピーチで世界の注目を浴びる。
●半世紀ぶりに国交回復したキューバとアメリカの仲介役を担うなど、世界中で活躍。
●2015年、大統領退任。

ムヒカさん来日記念 特設ページ | 株式会社汐文社(ちょうぶんしゃ)

いや~面白い。日本じゃありえないですね。
だってゲリラで投獄までされた人間が、
最終的にはウルグアイの大統領にまでなるわけですから。

そしてムヒカさんを一躍有名にしたのが、
2012年、ブラジルのリオで行なわれた会議でのスピーチ。
詳しい内容はこの後紹介しますが、これは一読の価値有です。

ウルグアイは世界で一番貧しい国じゃないのになぜ?ムヒカさんが「世界でいちばん貧しい大統領」と呼ばれる理由

ムヒカさんのキャッチコピーにもなっている、
「世界でいちばん貧しい大統領」。

なんかちょっと不思議に思いませんか?
ムヒカさんはウルグアイの元大統領。
でも、ウルグアイは世界で一番貧しい国ではありません。

それどころか、1人あたりのGDPは、
中南米では最高水準。

人口はわずか300万人を超える程度、
南米ではフランス領ギアナに次いで2番目に小さい国にもかかわらず、
1人あたりのGDPは1万6000ドル(約200万円)超。
これは世界平均の約1.5倍、中南米では最も高い水準で、物価もかなり高いです。

1人あたりGDPは中南米で最高水準南米唯一のオフショア「ウルグアイ」で証券口座を開設する | 海外レポート世界の街角お金通信 | 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン

だから「世界でいちばん貧しい”国”の大統領」
ではないんですね。

じゃあなんでムヒカさんは、
「世界でいちばん貧しい大統領」と、
呼ばれているんでしょうか?

その肩書の由来は、大統領らしからぬ、
ムヒカさんの質素な暮らしぶりから来ています。

  • 大統領なのに、大統領公邸に住まない
  • 主な資産は、友人からもらったビートル、農地とトラクター、自宅
  • 給与の大部分を寄付し、国民の平均所得に近い月1000ドルで生活
  • スーツでもネクタイはしない(ネクタイは役に立たない雑巾)
  • 外国からの客人は自分の友人の家に泊める 

    引用:まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

国のトップなわけですからある程度の贅沢は許されますよね。
なのに、大統領にまでなった人が、
する生活とは思えないくらい質素。

だからムヒカさんは、
「世界でいちばん貧しい大統領」と、
呼ばれているわけなんです。

ホセ・ムヒカ大統領の言葉を紹介!人生を見つめ直したくなる珠玉の名言15選

それではここから、
ムヒカ大統領の名言を紹介していきます。
人生の本質を突いた珠玉の名言をご堪能あれ!

アジア最貧国であるネパールに2年住んだ僕にとって、
共感できる言葉ばかりでした。

ムヒカの名言①「貧しい人」とは、無限の欲を持つ人のこと

私が思う『貧しい人』とは、
限りない欲を持ち、
いくらあっても満足しない人のことだ。
でも私は少しのモノで満足して生きている。
質素なだけで、貧しくはない

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)

ネパールに住んでいるからこそとても共感。
ネパールの人は確かに便利な生活をしているとはいえない。

でも「貧しい」どころか、
日本人よりも遥かに「豊か」だと思うことが多々ある。
ムヒカさんの言葉を借りれば、日本人の方が貧しい。

ムヒカの名言②人生で一番大事なのは、「生きる時間」だ

人間のもっとも大事なものが 〝生きる時間〟だとしたら、
この消費主義社会は、そのもっとも大事なものを奪っているのですよ。 

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

「時間」はどれだけお金を積んでも買えないもの。
今日という1日は何億円出しても、絶対に返ってこない。
時間の大切さを思い出させてくれる言葉。

ムヒカの名言③人はモノを「カネ」ではなく「時間」で買っている

モノを買うとき、人はカネで買っているように思うだろう。
でも違うんだ。
そのカネを稼ぐために働いた、人生という時間で買っているんだよ。
生きていくには働かないといけない。
でも働くだけの人生でもいけない。
ちゃんと生きることが大切なんだ。
たくさん買い物をした引き換えに、
人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。
簡素に生きていれば人は自由なんだよ

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)

なぜ時間が大事なのかがよく分かる言葉。
欲しいモノがあったら、
それを買うために費やさないといけない「時間」について考えよう。

ムヒカの名言④一番大きな貧困は「孤独」

「貧しい」とか「かわいそう」とか言われる人は、
愛をともに育み親愛の情を与え、
もたらしてくれるコミュニティがない人であります。
そして、一番大きな貧困は、「孤独」です。
貧困というのは「モノ」が少ないことではありません。
この人生で時間や愛情を「共有」できないことを指し示しているのです。

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

人間にとっての「幸せ」の本質を突いた言葉。
ネパールが経済的に、アジアで一番貧しい国なのに、
日本よりも圧倒的な豊かさを感じるのはこれが原因。

人とのつながりや絆など、
経済的な価値では計れないものが、
幸せな気持ちをもたらしてくれるんです。

ムヒカの名言⑤どんな状態でも、自分には人に与えられる「何か」がある

人生はもらうだけでは駄目なのです。
まずは自分の何かをあげること。
どんなにボロクソな状態でも、
必ず自分より悲惨な状態の人に何かをあげられます。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

ネパールの人達に教えてもらったことの1つ。
本当の豊かさは、まず自分が与えることから始まる。

ムヒカの名言⑥「愛」はこの世で唯一、価値のある中毒

ひとつ言えることは、
弾圧だけでは問題を解決することはできない、
ということです。
この地球上で、唯一、価値のある中毒は「愛」だけです。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

僕がネパールを好きで好きでたまらないのは、
ネパールの人の「愛」の中毒性がすごいから(笑)

ムヒカの名言⑦必要な物だけ持って、人生をシンプルに生きよう

スーツケースはいつも軽めで必要なものだけ。
物を持つことで人生を複雑にするより、
私には、好きなことができる自由な時間のほうが大切です。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

物は最低限あればいいってことを、
再確認させてくれる言葉。
好きなことができる時間って最高ですよね。

ムヒカの名言⑧人は「発展」ではなく「幸福」になるために生まれてきた

私たちがこの地球に生まれ落ちた理由は、
ひたすら発展を求めるためではありません。
私たちは、等しく幸福になるために生まれてきたのです。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

「発展」は幸せに生きるための「手段」。
目的であってはならない。
消費・発展こそが全てになりがちな現代社会への警鐘。

協力隊として、
途上国の「発展」に寄与する者として、
絶対に忘れてはいけない言葉です。

ムヒカの名言⑨「発展」という名の落とし穴にはまるな

発展は、物質に押しつぶされることではありません。
幸福と対立するものであってはいけないのです。
消費の落とし穴にはまってはならないのです。
ベーシックな意味で幸福とは、
人間の幸福、地上の愛、人間関係、子孫の養護、友人を持つことなのです。
基本的必需品を持つことに、寄与するものでなければならないのです。
そのような幸福こそが、
私たち人類が本質的に持っている最も大切な宝なのです。

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

「発展」と「幸福」について語った言葉。
消費すること、発展することが、
過剰になりすぎてはいけない。

ムヒカの名言⑩「幸せ」は命あるものからしかもらえない

すごい進歩を遂げた国だとは思います。
だけど本当に日本人が幸せなのかは疑問です。
西洋の悪いところをマネして、
日本の性質を忘れてしまったのだと思います。
日本文化の根源を忘れていますよ。
幸せとは、モノを買うことと勘違いしているならそうなったのです。
幸せは、人間のように命あるものからしかもらえないのです。
モノは幸せにしてくれません。
幸せにしてくれるのは、生きていることなのですから。

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

日本と日本人について語った言葉。
「モノは幸せにしてくれない」ってところが、
本当に響きました。

この言葉を必要としている日本人が、
たくさんいる気がします。

ムヒカの名言⑪政治家の暮らしは、国民と同じ程度のものであるべきだ

私たち政治家は、
世の中の大半の国民と同じ程度の暮らしを送るべきなんだ。
一部特権層のような暮らしをし、
自らの利益のために政治を動かし始めたら、
人々は政治への信頼を失ってしまう

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)

ムヒカさんが国民に寄り添う政治をしていたことが、
よくわかる言葉。

ネパールの政治家が、
根本的に信頼されていない理由でもあります。

ムヒカの名言⑫異質なものにも寛容であれ

ファナチシズム(熱狂)は危ないということだ。
左であれ右であれ宗教であれ、
狂信は必ず、異質なものへの憎しみを生む。
憎しみのうえに、善きものは決して築けない。
異なるものにも寛容であって初めて、人は幸せに生きることができるんだ

実はあまり知られていないのですが、
個人的にはかなり好きな言葉。

異なる宗教同士が対立しているように見える現代社会にこそ、
必要な考えですね。

ムヒカの名言⑬人生で一番大事なのは「歩き続ける」こと

人生で最も重要なことは「勝利すること」ではなく、「歩く」こと。
歩き続けることなのです、と。
これは何を意味するのでしょうか?
言い換えると、転んでも再び起き上がり、
また新たに何かを始める勇気を持つこととなります。
何かに打ち負かされたときでもまた立ち上がる、
ということでもあります。
人生の長旅で、このことを忘れないでください。

まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ

挫折しそうなときに何度も読み返したい言葉。
牢獄にいながら、一国の大統領にまでなった、
ムヒカさんだからこそ、説得力がありますね。

ムヒカの名言⑭苦しみや敗北は、視野を広げてくれる経験

人は苦しみや敗北からこそ多くを学ぶ。
以前は見えなかったことが見えるようになるから。
人生のあらゆる場面で言えることだが、
大事なのは失敗に学び再び歩み始めることだ

ムヒカさんの幸福論 世界一貧しいと呼ばれた大統領 (朝日新聞デジタルSELECT)

負けるのも苦しい想いをするのも嫌。
でも、その1つ1つが自分をまた大きくしてくれるもの。
足を止めなければ必ずどこかにつながってきますからね。

ムヒカの名言⑮「自分の人生」を生きろ

人生というものは、刻一刻とあなたから逃げていきます。
でも、足りないからといってスーパーで追加の人生を買うことはできません。
だから、人生を生きるために闘ってください。
人生に中身をあげてください。
あなたは、自分の人生の方向性をある程度決められます。
自分の人生の道を切り拓いていけるのです。
他の生き物と違い、あなたは、
自分の人生に中身を詰めるか詰めないかを選択できるのです。
マーケットに自分の命を売り、
必要でもないものを買い漁り、
ローンを支払いながら人生を過ごしていたら、
あっという間に私のような老人になってしまいますよ。
リューマチまみれのね。

世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉

他の誰かが中身を詰めたって、
思われるような人生は生きたくない。

他の誰でもない、
「自分」が中身を詰めたって言える人生にしよう。

ホセ・ムヒカ大統領のスピーチ・演説・講演会も見てみよう

名言を読んでみて、
ムヒカ大統領のスピーチや講演会が気になりました?
そんな人は実際に見てみましょう。

こちらは日本に来日された時に、
東京外国語大学で行われた講演会です。
日本語通訳がされています。


[東京外国語大学] 2016.4.7 ムヒカ前ウルグアイ大統領講演会(同時通訳付)

こちらは2012年のリオでの演説。
スペイン語ですが、英語の字幕がありますので、
英語でも理解できる人におすすめです。


Intervención Presidente Mujica en Río+20

ホセ・ムヒカ元大統領の関連本を徹底比較!おすすめ5選を紹介します

これだけの名言を生んだ人なので、
ムヒカさんの本はたくさん出版されています。
もはやどれを読めばいいか分からないくらい(笑)

ってことで、数多く出版されている
ムヒカさんの本の中でも、
おすすめできるものをいくつか紹介します。

【初心者に最適】「世界でもっとも貧しい大統領 ホセ・ムヒカの言葉 」

ムヒカさんの本の中で、
Amazonで最もカスタマーレビューがついている本。
(2017年5月現在・絵本は除く)

内容も程よい分量で、コンパクト。
2012年のリオのスピーチも全文掲載されています。
初めてムヒカさんの本を読む人にもおすすめ。

名言をいくつかピックアップし、
その名言を補足する形で、
ムヒカさんの経歴や言葉の背景を解説してくれます。

【絵本で読みやすい】「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」

ムヒカさんが一躍有名になった、
2012年のリオデジャネイロでのスピーチに焦点を当てた1冊。

最大の特徴は「絵本」であること。
絵本なだけに、読書が好きじゃない人や、
子どもに読んでもらうのにも最適。

難点はちょっとお値段が高めな点。
ただ出版社さんのサイトで、
ほんの少しですが試し読みもできます。

【挿絵入り】「世界でいちばん貧しい大統領からきみへ」

こちらは絵本ではないのですが、
挿絵と一緒にムヒカさんの言葉が楽しめる1冊。

絵本の方は、スピーチに焦点を当てていましたが、
こちらの本はスピーチ以外のムヒカさんの言葉に、
焦点を当てています。

こちらも試し読みができますよ。

www.choubunsha.com

【ガッツリ学びたい人向け】「ホセ・ムヒカ 世界でいちばん貧しい大統領」

反対にどうせならムヒカさんのことを、
ガッツリ学びたい、知りたいって人は、
この本がおすすめです。

19年に及ぶ現地取材をもとに書かれた本。
ムヒカさんがこれだけ世に出る前から、
取材されていた本だけに超本格派。

300ページ超えの大作。
悪役 世界でいちばん貧しい大統領の本音」の文庫版です。
彼の言葉の裏にある本当のムヒカさんが知れる1冊。

【マンガ&主要3スピーチ掲載】「まんがでわかる 世界で一番貧しい大統領と呼ばれたホセ・ムヒカ」

僕が個人的に一番おすすめしたいのがこちら。
タイトル通り、マンガ形式なのですが、
マンガは冒頭のほんの少しの部分だけです(笑)

じゃあなんでおすすめなのかというと、
一番良いとこどりをしている本で、
内容のバランスがいいからです。

冒頭にマンガもありますし、
名言をピックアップして背景を紹介する部分もある。
さらに、ムヒカさんの主要な3つのスピーチも掲載されています。

東京外大での講演会、
リオでの「国連持続可能な開発会議」における演説、
南米諸国連合の会長就任演説が全文収録されています。

よって、読んだ感想としては、
この中で一番おすすめです。

ムヒカ大統領の本を読んで、本当に大事なものを大切にしながら人生を生きよう!

世界でいちばん貧しい大統領である、
ウルグアイのホセ・ムヒカさんの名言と、
おすすめの本を紹介しました。

この記事を読んで、少しでも彼の言葉に
ハッとさせられることがあったら、
ぜひ本を読んでみることをおすすめします。

名言だけ読むのは、スポーツの試合のハイライトだけ見るのと一緒です。
それだと言葉の背景や解説がないので、
本当の意味で彼の言葉を理解したことにはなりません。

ぜひ本を読んで、じっくり考えに浸ってみるのがおすすめです。
おすすめの本を対象者別にまとめて、
最後に紹介しておきます。

ムヒカ大統領のおすすめ本

ムヒカさんの本は人生に一度は読むべき本です。
自分に合った本を選んで、
よりよい人生を生きれるようになりましょう!

幸せについて考えたくなった人はこちらもどうぞ。

次は⇒世界一幸せな国はブータン?ノルウェー?デンマーク?純粋幸福度ならフィジーだよ

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言!

私の名言集もつくってちょうだい~

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!