「ソース」の本は全人類必読!あなたの人生が何倍もワクワクする方法

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20161228010839p:plain

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

「もっと好きなことをして人生を楽しみたい」
「もっと自分が本当にやりたいことをやりたい」
「もっとワクワクした人生を生きたい」

誰もが一度はこんなことを思ったことがあるはず。
「でも、そんなに人生は甘くないよな~」なんて思って勝手に諦めてませんか?
そんなあなたに朗報です。あなたの人生が何倍もワクワクする方法があります。

それは「ソース」という本を読むこと。
もはや全人類必読レベルでおすすめなので、ポイントを紹介していきます。

「ソース」と「ワクワク」とは?

まず初めに。
この本のタイトルと副題にある「ソース」と「ワクワク」について説明します。

まずは「ソース」から。
人が何かに夢中になったり、時間を忘れて没頭するとき、その人に内なる炎が点火されたような状態になります。

この内なる炎を点火する秘密を解き明かしたいと、私はこれまでの三十五年間をついやしてきました。
この秘密を私は、「源」という意味で「ソース」(Source)と呼んでいます。
「ワクワクの源泉」であり「生きる意欲の源」、「奇跡の泉」だからです。

マイク・マクマナス「ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。」

焼きそばとかのソース(Sauce)ではなく、源(Source)ですからね。
英語だと全然違うのに、日本語だとまるで同じ。ややこしいのでご注意を!

次は「ワクワク」について。

ワクワクとは、心の中からわき起こる衝動です。
それをせずにはいられないと感じさせ、それをすると心が満たされるという活動です。

マイク・マクマナス「ソース~あなたの人生の源は、ワクワクすことにある。」

この言葉はイメージ通りですよね。
目がキラキラしちゃうような感じです。

キーワードをちゃんと理解したところで、ここからは本を3つのポイントで要約していきます。

ポイント①人生で最も果たすべき責任は、自分のやりたいことをやること

まずこの本の中で何度も何度も繰り返されている超重要なメッセージ。
それは「人生の中で最も果たすべき責任は、自分の心からやりたいことをやる」ということ。
これがしつこいくらい、本の中で念仏のように出てきます。

「人が取るべき責任ある行動はただひとつ。
自分が心からしたいことをすることである。
それが人生でもっとも責任ある行動であり、その人が負う最高の責任である」

もっとも責任のある生き方は、自分が大好きなことを見つけ、それだけを追求することです。

人にとって最高の責任感とは、自分自身に正直になり、自分の心からの願いやニーズに忠実になることです。

大人になると、自分が「やりたいこと」より「やらなきゃいけないこと」を優先しないとだめだって勝手に思ってませんか?
そういう社会通念は鵜呑みにしたらだめなんですよ。
本の中ではそういった常識が嘘であることを明確に説いてますのでぜひチェックしてみてください。

でもどうしてやりたいことをやるべきんでしょうか?
人生が楽しくなるから?たった1度の限られた人生だから?
どれも確かですが「ソース」の本の中で言っていることはまたちょっと違います。

あなたがやりたいことをやることが社会貢献につながるからなんです。

自分のワクワクに気づき、それを充分に生活の中で生かしきり、最終的にはそれを使って社会や人類に貢献すること。
それがこの世に生を受けた、あなたの存在意義なのです。

やりたいことをとことん追求する。
そうすると自然のスキルが身についていく。
そうして他の誰かや社会のためにそのスキルを役立てていく。

でも自分のやりたいことが他の誰かに役立つものではないって?
そんなことはありえないと思いますが、もしそうであったとしても大丈夫。
やりたいことをやってる人は超前向きでエネルギーに溢れている。そんな存在が身近にいるだけで、周りの人はパワーをもらえますからね。

なのであなたが果たすべき最も大きな責任は、自分の心からしたいことをすることなんです。

ポイント②「小さな一歩」を踏み出す。これを繰り返すことが夢を叶える秘訣

2つ目のポイントはこれ。
「小さな一歩」を繰り返すこと。

絶望を正当化するために人は言い訳をします。
「がんじがらめの人生だ。とても自分の好きなことなどできない」という悲観の声に対して私は反論します。
「いや、できる。「小さな一歩」という考え方を使えばできる。
小さな一歩を踏み出し、また小さな一歩を踏み出す。
それを繰り返してゆけば、必ず自由になれる」

「お金がない」
「時間がない」
「今はやるべきタイミングじゃない」

やりたいことをやらない言い訳を人は無限に用意できます。
でもそんな言い訳を全部無効にしてくれるのが「小さな一歩」という考え方。
要は、やりたいことを小さく小さく分解すればいいんだってこと。

例えば、ハワイに住みたい。
そうしたら、まずやるべきことは大金持ちになることだと思ってませんか?
そうじゃなくてもっと小さく小さく分解する。

例えば、ハワイに1度行ってみる。
もっと小さくするなら、ハワイに住んでいる人のブログを探してみる。
もっと小さくするなら、スマホをポケットから取り出す。

そうやって夢への階段を小さく小さくつくって、1つずつ簡単に登れるようにする。

f:id:kei-lmnop:20161228004232j:plain

どんなに高い山でも、「小さな一歩」を毎日1つずつ踏み出せば必ずたどり着きます。
そして一度歩き出せば、あとはワクワク感があなたの背中を勝手に押してくれます。
だからまずは「小さな一歩」を踏み出すこと。

小さな一歩さえ踏み出せば、いずれあなたは目的をかなえるのです。
お金や時間があるかどうかにかかわらず、こうした小さな一歩を踏み出すことで、夢の実現への道を歩み出すことになります。

これがどんなに大きな夢でも叶える秘訣なんです。

ポイント③叶わぬ夢は分解して「ワクワクの本質」で考える

やりたいことをやるべきなのはわかった。
「小さな一歩」が大事なのもわかった。
でも、それが自分にとって大きな夢で99%叶わないものだとしたら?

そんなことを考えてしまったあなたのために、3つ目のポイント。
夢ややりたいことは分解して「ワクワクの本質」で考えることが大事なんです。

「ワクワクの本質」とは、つまり自分が大好きな活動の、どんな面に魅力を感じているのか、ということです。  
自分のワクワクを本質にまでさかのぼると、自分がどの部分に夢中になるのかが理解できます。
ワクワクが本質レベルで自覚されると、表に出てきた形に惑わされることなく、本質そのものに目が向きます。

例えば、今30歳のサラリーマンがいるとします。
彼が本気で今からメジャーリーガーを目指すってなったら99%叶わないでしょう。
でも、「メジャーリーガー」っていう夢のどこにワクワクを感じているかを分解すれば、その夢が叶わなくても心は満たされます。

「野球をする」がワクワクの本質なら、草野球をやってもいい。
「外を駆け抜ける」がワクワクの本質なら、サッカーラグビーでもいい。
「本気で何かに打ち込む」がワクワクの本質なら、野球以外でもいいわけです。

そうやってワクワクの本質まで落とし込めれば、夢そのものが叶わなくても悲観する必要はありません。

夢は大きく描いて、どんどん追求してください。
夢をあきらめる必要はありません。
ただ、現在の夢がそのままの形で実現できない場合、夢そのものを捨ててしまわないでほしいということです。
夢を本質のレベルにまでさかのぼれば、同じ夢を違う形で実現できるし、あなたが求めていたのは、むしろその夢が実現したらこんな自分になるだろうという、自分の「在り方」なのではないかと言いたいのです。

これ超大事ですね。
夢や願望を叶えたいっていっても夢や願望そのものが欲しいんじゃないんですよ。
夢や願望を叶えることで得られる「在り方」「気持ち」が欲しいんです。

「メジャーリーガーになること」を叶えたいのではなくて、メジャーリーガーになれば、チヤホヤされたりファンがついたりお金持ちになったりする。
そうすると、自分が嬉しい。
だからメジャーリーガーになりたいんです。

夢や願望は「ワクワクの本質」まで分解すること。
これが3つ目のポイントです。

「ソース」の本を読むことがワクワクする人生の「小さな一歩」!

あなたの人生が何倍もワクワクする 本「ソース」。
この本の3つのポイントを紹介しました。

まずやりたいことをやること。
これはあなたが人生において絶対に果たすべき責任です。
やりたいことをやらないで死んでいくなんて責任放棄ですからね。

次に、やりたいことへの「小さな一歩」を踏み出すこと。
どんなにそれが大きな夢であれ、千里の道も一歩から。
小さく小さく分解して、階段を1段ずつ登っていきましょう。

でもどうしてもそれが叶わぬ夢なら「ワクワクの本質」に夢そのものを分解すること。
自分がその夢にワクワクするポイントはどこなのか。
それさえ分かれば自分の夢が叶わなかったとしても別の手段で気持ちを満たすことができます。

ワクワクは私たちにとって贅沢品ではありません。
あなたがあなたであるためになくてはならない必要条件です。
あなたの生命を活性化する原動力です。
あなたと同じワクワクをすべて持っている人は他に誰もいません。
ワクワクはあなたの「個性の指紋」です。 

あなたの人生が何倍もワクワクする方法。
それは、「ソース」の本を読むことです。
その「小さな一歩」を踏み出して、もっと人生をワクワクするものにしてください。

僕の子どもの頃の夢は叶ってません。でも「ワクワクの本質」で考えたら今は同じことをやっています。

次は⇒子どもの頃の夢は、今の自分に必ずつながっているから大切にね

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言!

ネパール語で「ワクワク」は「気持ち悪い」って意味なのよ~

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!