嫉妬心を克服するなんて正気ですか?夢を叶える最高のエネルギーじゃん

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20161222143241j:plain

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

「嫉妬」ってネガティブな感情だと思われてますよね。
何かを嫉んだりするのってみっともないとかって。
だから克服したいって思ってる人も多いでしょう。

でも、僕からしてみたら「克服するなんて正気ですか?」と問いたいレベル。
だって、嫉妬心は、自分の夢を叶えるための最高のエネルギーだから。

その理由を詳しく書いていきます。

「嫉妬」という心理はうまく使えば夢を叶える最高のエネルギーになるよ

まずは「嫉妬」ってどういう心理状態なのか。
辞書で見てみるとこんな感じのことが書かれています。

1 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」
2 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気 (りんき) 。「夫の浮気相手に嫉妬する」

しっと【嫉妬】の意味 – goo国語辞書

うぉー…。
なんだか昼ドラみたいなドロドロさが文字から溢れてますね…。
「ねたむ」とか「恨み憎む」とかネガティブさの塊ですね。

もちろん、このネガティブなエネルギーをそのままネガティブな行動につなげてしまったら最悪ですね。
誰かが憎くて嫌がらせをするとか、悪口を言いふらすとかね。
そんな状態になってしまうなら、やっぱり「嫉妬心」はネガティブなものでしょう。

でも、「嫉妬する」っていう心理状態は強烈なエネルギーなんですよ。
だからこそ、この強烈な感情をポジティブに使えばいいんです。
具体的には、夢を叶えるためのエネルギーとして使えばいいんですよ。

その理由を具体的に紹介していきます。

理由①嫉妬はあなたがそれを欲しているという「サイン」

まず1つ目の理由としてはこれ。
あなたが嫉妬するものは、あなたが欲しているものだから。

あなたが嫉妬した方向が、あなたが次に向かいたい方向なのです。  
ひとの心は、自分が欲しくもないものには嫉妬しないようにできています。
自分が欲しくてたまらないけど、その気持ちを抑え付けて無いものにしようとしてるものにだけ、嫉妬の気持ちが湧いてくるのです。

藤沢篤「これが僕のド真ん中。夢を叶えて、自由に生きるための30の近道。: だから何回も言ってるけど、そんなやり方じゃ夢は叶わないから!」

そうなんです。あなたが今嫉妬している何か。
それが好きな人の愛情であれ、出世であれ、いい成績であれ何であれ。
それはあなたが心から欲しているものなんです。だから嫉妬するんです。

野球に全く興味がなかったら、野球がめちゃうまい友達に嫉妬しないでしょう。
Aちゃんに全く興味がなかったら、Aちゃんと仲良く話すBくんに嫉妬しないでしょう。
出世に全く興味がなかったら、同僚が出征しても嫉妬しないでしょう。

だから嫉妬するってのは、あなたがそれを欲しているという「サイン」なんです。
自覚があろうがなかろうが、明確にそれが欲しいと思っている証拠なんです。
欲しいと思わないものには僕らは嫉妬したくてもできないから。

そう考えたら夢がないとか、やりたいことがわからないって人にはうってつけ。
夢ややりたいことのサインでもあるのだから。

理由②頑張れば手の届くような身近なものにこそ嫉妬する

2つ目の理由はこちら。
「嫉妬する」って心理は、手の届かないものは対象になりません。
あなたが少し頑張れば手の届きそうな、身近なものにこそ嫉妬するんです。 

野球選手にいくらなりたいからといって、野球少年がイチローに嫉妬することはないでしょう。
小説家にいくらなりたいからといって、中学生が芥川賞作家に嫉妬することはないでしょう。
お金持ちにいくらなりたいからといって、年収300万の人がビル・ゲイツに嫉妬することはないでしょう。

要するに、次元が違う人には僕らは嫉妬したくても、できないんです。
逆に言うと、あなたが嫉妬をするものは、頑張れば手の届くものだから嫉妬するんです。

会社の同期の出世であれ、友達の結婚であれ。
それが自分でもできそうなものなのに、叶えられていないから嫉妬するんです。

じゃあどうするか?
頑張ればいいだけでしょ?
むしろ、自分の手の届く範囲にあるってわかったのだからもっと頑張ればいい。

そんな風にして、自分の努力のエネルギーにしてしまえば最高に前に進めますよ。

理由③嫉妬は自分に向ければ「悔しい」という強烈な原動力になる

最後の理由がこれ。
嫉妬から生まれる「悔しい」という気持ち。
この自分を前に進ませてくれる強烈な感情を生んでくれるのが嫉妬だからです。

「嫉妬する」ってずっと相手をうらやんだり、嫉んだりするからだめなんですよ。
そんなことしてても全く意味はない。誰にも役立たない、ただの公害です。
そうじゃなくて、嫉妬の対象は相手じゃなくて、自分自身に向けてください。

それができると「嫉妬する」から生まれるのは、「自分への悔しさ」になります。

嫉妬から生まれるもの。
それを相手に向けると、ただの「羨ましさ」や「嫉ましさ」になる。
でも、自分に向ければ自分への「悔しさ」 になるんです。

「悔しい」っていうエネルギーは強烈です。
社会派ブロガーのちきりんさんも、自分のところにビジネスプランを見せてくる若者に対してこんなことを言っています。

私は彼らを、悔しがらせたいんです。
「くそー!!!」って思わせたい。
それが、ひとつ上のステージに上がるための原動力になるから。

 

悔しい気持ちが大好きです – Chikirinの日記

嫉妬から生まれた感情は、他の誰かではなく「自分」にぶつけてください。
そうなると、自分を一段階上のレベルに引き上げる原動力になりますから。

「嫉妬をしない方法」を考える暇があるなら、「嫉妬を活かす方法」を考えろ

「嫉妬をしない方法」なんてググる必要ないですよ。
てか嫉妬をしない方法なんて考えてどうするんですか。
嫉妬は人間が持つ立派な感情の1つ。感情を殺すなんてできないんだから、僕らができるのはその感情をどう使うかだけ。

要は、嫉妬しない方法なんて考える暇があるなら、嫉妬を活かす方法を考えろってことです。

僕もつい最近、思いっきり嫉妬しましたよ。

僕は今、ネパールで青年海外協力隊として活動しています。
その協力隊には「クロスロード」という成功事例が載るような情報誌があるんです。
そこに、僕の同期たちの活動が載りました。

f:id:kei-lmnop:20161222140510j:plain

同期たちの活動が評価されたってという嬉しさはありました。
でもそれよりずっと大きかったのが、嫉妬の気持ちでした。
僕も任期の2年間の間に絶対載りたいと思っているので。

でも、そこで同期たちを嫉んでもしょうがないじゃないですか。
だから嫉妬の方向を自分に変えて、全部自分への「悔しさ」に変えました。
もっと頑張ろうっていう自分が前に進むための燃料に変えたんです。

こんな風に、嫉妬はうまく使えばいいんですよ。
だから考えるべきは「嫉妬をなくすには」でもなく「嫉妬をなくす方法」でもない。
本当に考えるべきは嫉妬から生まれるエネルギーをどう有効活用するかなんです。

嫉妬してしまう自分が嫌?むしろ嫉妬しまくって、嫉妬される人になろう

嫉妬は悪いもの。
だから、嫉妬してしまう自分が嫌で仕方ない。
そんな風に思ってる人がいたら声を大にして伝えたい。

「嫉妬してしまう自分は最高だよ」って。

だって嫉妬するってことは、それだけ欲しいものがあるっていうこと。
そんな刺激をくれる身近な存在に恵まれているっていうこと。
そして何よりも、自分が一歩上のレベルに上がるための「悔しい」という強烈な原動力を頻繁に使えるっていうことだから。

つまりは、嫉妬心って夢を叶える最高のエネルギーなんですよ。

叶えたいと思えるものがあるから嫉妬する。
叶えたいと思えるものを持っている人が身近にいるから嫉妬する。
叶えたいという感情を実際に行動に移すだけのエネルギーが自分の中にあるから嫉妬する。

嫉妬をなくすには、なんて考えなくていい。
嫉妬をしない方法も考えなくていい。
嫉妬をしてしまう自分を嫌わなくていい。

嫉妬心を克服する必要なんてないんです。
むしろ、その嫉妬心を使ってどんどん夢を叶えるエネルギーに変えていけばいいんです。

だからガンガン嫉妬しましょう。
そうして嫉妬しまくって、最終的には嫉妬されるような人になりましょうよ。
嫉妬は最高のエネルギーだ!

ちなみに「めんどくさい」も最高のスイッチですから、ガンガン吐いていきましょう。

次は⇒口癖「めんどくさい」は人生を劇変させるスイッチ!最強心理術を教えるよ

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言!

私のおいしさにもみんな嫉妬するのよ~

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!