ネパールが好きすぎて「ネパール症候群」の僕が1つだけ好きになれないこと

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20161123123031j:plain

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

僕は、ネパールという国が好きすぎます。
だから、青年海外協力隊の任期2年が終わっても、またネパールに住みたい。
そのくらいネパールが好きなんです。

そんな僕ですが、どうしても好きになれないことが1つだけあります。
今回はそんな好きになれないことを紹介していきます。

ネパールが好きすぎる「ネパール症候群」とは?

ネパールが好きすぎてたまらない。
ネパールなしでは生きていけない。
癖になってしまってネパールにずっといたい。

そんなネパールに恋しちゃってる人の恋の病を「ネパール症候群」と言います。
これはネパール在住の、みやもとちかこさんが考案された病気。
具体的にはこんな症状がある人のことを言うそうです。

・ネパールのことを考えるだけで、顔がにやけてしまう。
日本でもわざわざネパール風のミルクティーを淹れて飲んでいる。
・ネットの検索では、常にネパールの文字を入力、お気に入りにはネパール関連のサイトやブログが満載。
・ネパール料理屋やインド料理屋で働いているネパール人につい会いに行ってしまう。
・ネパールから戻るとしばらくぼーっとしてしまう。
・日本に帰っても、すぐ次のネパール行きのことばかり考えてしまう。
誰かがネパールの悪口を言うと猛烈に頭にくる。

ネパールが恋しくて日常生活に支障をきたす、ネパール症候群注意報発令中!(注意! かなりの個人見解入り) | ライターmiyachikaのネパール暮らしblog

これを読んで僕は思いました。まさに自分だなと(笑)

ネパール生活が楽しくて顔がニヤニヤするのもしょっちゅう。
もう毎日2,3杯ミルクティー飲んでるから、日本帰ってもこれなしじゃ考えられない。
「ネパール」という文字を入れてTwitterで検索してるし、Googleアラートにも登録済。

そして、日本に帰ったら、インド料理屋・ネパール料理屋でネパール人と話すことがめちゃくちゃ楽しみです。
だから、日本に帰ってもすぐネパールに戻りたいと思うでしょうね。
もちろん悪口言うやつはぶん殴ります。(うそ。そこまではしない)

まさに僕は「ネパール症候群」。
しかも重度のやつです。もう入院したほうがいいかな。

そんな僕でも「ネパリタイム」だけはどうしても好きになれない

そんなネパール愛に溢れた重症患者の僕。
ネパールに住んでもう1年4カ月。大抵のことは好きです。
でもどうしても好きになれないことが1つだけあるんです。

それは「ネパリタイム」

f:id:kei-lmnop:20161123121130j:plain

時間にめちゃくちゃルーズなことを「ネパリタイム」って言います。
決めた時間に誰も来ないから、予定通りに何も始まらない。
そうして早く来た人が損をして、待ちぼうけの時間が発生する。

これだけはやっぱりどうしても好きになれないんです。
ネパールにいると、避けては通れない時間。
でもこれは何度経験しても、1年4カ月住んでもいまだに好きになれない。

特に仕事関係の「ネパリタイム」が本当に嫌い!

「ネパリタイム」は何も、遊びの時だけじゃないですよ。
仕事の時も「ネパリタイム」は適用されます。
そして仕事の時の「ネパリタイム」がマジで嫌いなんです。

なにせ、お給料が発生する時間になっても、皆平気で遅れてきますからね。
僕の配属先のオフィスは10時始業ですが、全員そろうのは11時。
10時ぴったりに行くと、大抵誰もいません。

そんな状態だから、全員が集まってするミーティングの前には「何もしない待ちぼうけの時間」が頻繁に発生します。
10時に来いって言われたから来たのに、会議が始まったのは12時半とかざらにあります。
そうなると、2時間半も「何もしない待ちぼうけの時間」があるわけです。

基本的に誰かとネパール語で話せば、ネパール語の練習にもなるからいい。
でも、2時間半はさすがにきつい。
日本で働いてる人からしたら、待ちぼうけの時間があるのは夢のようでしょうけど。

でも思うんですよね。仕事くらいちゃんと時間守ってやろうぜって。
日本で働いていた時は人事職だったことも影響してるんですかね。

でもどうしてもこれだけは好きになれない。

そんなネパリタイムに染まった日本人がもっと嫌い!

そんな時間ゆるゆるで締まりがない「ネパリタイム」。
これに染まった日本人が多々いるんですけど、これはもっと嫌い。

まあ分かりますけどね。
日々の生活の中でこれだけネパールの人に待たされると、自分だって人を待たしていいかなって思ってしまうでしょう。
でも僕は人を待ってる時間が何よりも嫌い。

あの時間ってめちゃくちゃ無駄だと思うんです。
ましてや、人に合わせるのが僕は苦手なので、ストレスをすごく感じます。
連絡一本あればいいし、事情が事情なら仕方ないので怒りはしませんけどね。

でも、連絡なしで「ネパリタイムになっちゃった!ごめん!」とか言われると、マジでどつきたくなります。

「嫌よ嫌よも好きのうち」と思える日が来るのか?

大好きなネパール。
本当に魅力的で素敵な国だなって心底思います。
でも時間にだらしなくて、予定がぶち壊しの「ネパリタイム」だけは僕は好きになれません。

「嫌よ嫌よも好きのうち」って言いますけど、本当に好きになる日が来るんですかね?
こんなことを書いておいて、しばらく経ったら「ネパリタイム最高!」とか言ってたらやばいですね。
誰か病院に連れて行ってください。

ネパリタイムは嫌ですが、ネパールの人って不思議な魅力があるんです。

次は⇒ネパール人の不思議なところ10選をネパール在住の僕が紹介します

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言!

ネパリタイムを愛してこそ、本物なのよ~


【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!