いつまで「他人の人生」を生きるの?シルバーウィークにネパールツアーやるよ!

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20160717184343j:plain

ナマステ!

今日は1つ大事なお知らせがあります。

僕が関西勤務時代にお世話になっていた毎日エデュケーションさんが、2016年9月のシルバーウィークに、ネパールツアーを開催することになりました。
そして、そのツアーに僕もボランティアで協力させていただくことになりました。

題して「チェンジメーカー留学inネパール~”自分の人生”に気づく旅~」。

「チェンジメーカー留学 in ネパール」2016夏|毎日留学ナビ

いや~企画名からして最高。
人生に悩みまくってた数年前の僕だったら間違いなく参加してましたね。
そして名前だけじゃなくて、中身もめちゃいいんです。

そこで今回はこのツアーの魅力を紹介したいと思います。

「チェンジメーカー留学」とは?

まず最初に「チェンジメーカー留学」ってなんなんだ?って話から。

CHANGE MAKER (チェンジメーカー)という言葉を聞いたことがありますか?

世界中には、戦争、貧困、環境破壊、人種差別、教育格差など、多くの問題が山積しています。
それらを様々な手法を用いて解決させようという起業家や活動家たちのこと。

そんな人々の取組みや新しい発想に、今、日本の学生や社会人たちが刺激を受け、
さまざまな社会問題を解決するために働きたい、活動したいという人々が少しづつ増えています。

毎日エデュケーションでは、海外経験や海外留学を通じて気づきや学び、自己成長を支援するためのプログラムとして 「チェンジメーカー留学」という新たなジャンルを立ち上げました。
語学留学や学位や資格取得を目的としたものではなく、社会を変え、自分が変わるキッカケづくりをお手伝いしていきます。

毎日エデュケーション「チェンジメーカー留学」

いわゆる語学力とか資格などの「目に見えるもの」ではなくて、価値観や人生観などの「目に見えないもの」に変化を起こすことを目的としたプログラム。

過去には、ベトナムやインドネシアでも開催されてきた企画なんです。

「生き方に悩む20代」のためのプログラムです

そんな「チェンジメーカー留学」ですが、どんな人達に最も楽しんでもらえるのか。

海外が好きで、途上国に来てみたい人。
その中でもネパールに行ってみたい人はもちろんOK。
青年海外協力隊になりたい人なんかにもおすすめ。

でも最も楽しんでもらえるのは生き方に悩み、「他人の人生」を生きてしまっている20代です。

20代って本来、人生で最も充実した時間のはず。
若くて健康で、気力もある。前向きにガンガンやりたいことに取組める貴重な時間。
なのに、現実には悩んでしまい、下を向いている20代が溢れています。

僕もつい最近まで「他人の人生」を生きてしまっていました。

頑張って就活して入った第一志望の会社。だけどいざ入ってみるとなんか違った。
ここが居場所じゃないと思いながらも、何がやりたいか分からなかった。
そんなモヤモヤに気づかないふりをして「新卒から3年間は辞めちゃいけない」という社会の声に従って生きてしまいました。

でも僕らが本当に従うべきは、他人や社会の声ではなく、自分の声です。
その自分の声に耳を傾けて生きることが「自分の人生」なんです。

そんな風に「自分の人生」を生きるきっかけを提供するのが今回の企画。
だから今回のチェンジメーカー留学は「”自分の人生”に気づく旅」なんです。

「日本人起業家・農村ホームステイ・瞑想」が3本柱

では肝心の企画内容。
詳しくはホームページを見てほしいのですが、3本柱で構成されています。

「チェンジメーカー留学 in ネパール」2016夏|毎日留学ナビ

①日本人起業家による講演と懇親
②農村でのホームステイ&農業体験
③ブッダの生誕地!本場ネパールで、1日瞑想体験

先程も話したように、テーマは「生き方」。

①で同じ日本人の異なる生き方に触れ、②でネパールの人の生き方を体感。
そして最後に③で自分の生き方について考えてもらう流れになっています。

ちなみに、日本人起業家は、僕が超お世話になっている池原玲子さん。
下北のような超オシャレなお土産屋さん、「NEPAL GANESHA」の経営者です。
池原さんの生き方は超面白いので、本当におすすめ。

www.keikawakita.com

あまり知られていないかもしれないけど、ブッダはネパールで生まれたんですよ。
そんな本場ネパールで瞑想体験もできます。
これもなかなかできるものじゃないのでかなりおすすめです。

実際に村でホームステイをした20代の女の子の話

そんな面白そうな今回の企画。
その中で、僕が主に関わらせていただくのはもちろん農村でのホームステイ体験&農業体験です。

僕が今回、農村ホームステイ体験を受け入れようと思った大きなきっかけがあります。
それは、実際に僕が活動する村でホームステイをした20代の女の子の話。

その女性は社会人として働く今に疑問を持ち、生き方に悩んでいました。
そんな彼女はもともと途上国が好きなこともあり、村にホームステイしたいとのこと。
ということで村に行って、村のおばちゃんたちと一緒に畑を耕し、同じ食事を食べ、同じ家で寝てもらいました。

社会人で休みが取れなかったので、ネパールに滞在できるのは丸3日もない状況。
なので、村にいたのは24時間もなくて、宿泊したのもたった1泊。
そんな短い滞在時間だったのに、泊まらせてもらった家族との最後の別れの場面で、僕が見たのは驚きの光景でした。

なんと、彼女は家族と抱き合いながら、号泣していたんです。
ホームステイ先の家族の温かさに、心から感動し泣いていました。

f:id:kei-lmnop:20160717200015j:plain

そんな彼女が帰国してからFacebookにこんな投稿をしていました。

道無き道を歩き、村のおばちゃん達と一緒に農作業をし、ネパールの村の人と同じ生活をしてみました。
体力的には中々ハードだったけど、、、言葉では表せない、”幸せ”をもらいました。 

そして僕にこんなメールをくれました。

 ネパールに行ってから、生きる活力が湧いてます! 

前々から村に行くと、個人的に心が洗われるなと思っていたんです。
でもそれは僕だけのことじゃないことが分かりました。

今回のツアーは、まさに生き方に悩む20代のためのもの。
だからこそ、力になれると思い、協力させていただくことになりました。

さらに今回は、農業体験に加え、今大ヒット中のネパールのお土産、ラプシーキャンディを実際につくる体験もしていただけます。
一度は食べてみたいと言われることが多いのでこちらも用意しました。

www.keikawakita.com

変化を促す「ゲーム・チェンジャー」が帯同します

これだけでもすごい企画内容ですが、さらにファシリテーターがすごい。

innovate with代表の川端 元維さんが全日程で帯同してくれます。
社会に変化を起こしたい人が集まるGAME CHANGER SCHOOL の講師でビジネス経験も豊富。
さらに大学でキャリア講座もされており、まさに悩める20代の強い味方。

ゲーム・チェンジャーがチェンジメーカー留学に参加してくれるんですよ。
こんなに最適な人はいないです。

川端さんご自身が多様なキャリアを歩んで、自分の生き方を追求されている点も本当に魅力的です。
チームビルディングのスキルもお持ちなので、参加者同士の絆が深まるのも間違いなし。

僕自身も勉強させてもらいたいくらいなので、本当に楽しみです。

気になる質問はこちら!Q&A!

といっても「ネパールなんて行ったことないし、不安だよ」っていう人も多いはず。
そこで、皆さんが聞きたいであろう質問をこちらにまとめています。

Q.ホームステイについての詳細(滞在先、交流言語など)を教えてください

A.ホームステイ先ですが、僕が活動している村の人の家に泊まっていただきます。
僕が普段から交流している方だけですので、ご安心いただけます。
基本的に1つの家庭につき、参加者1名で泊まっていただきます。
交流言語はネパール語です。一部、英語を理解できる人もいますが、大部分はネパール語しか理解できません。
コミュニケーションが難しいと思われるかもしれませんが、なんとかなるというのが実態です。実際に、これまでホームステイで10名ほどが泊まりに来られましたが、大きな問題もなく過ごされました。
また言葉が通じないからこそ、感じることもあるのでその部分を体験していただきたいなと思います。
またメインの昼間の農業体験では、僕が通訳としておりますので問題ありません。

Q.村での生活環境、衛生面はどうなっていますか?

 A「.ウルルン滞在記」のようなイメージを持っていただくのが一番近いと思います。
村での生活は基本的に不便で、衛生環境もよいとは言えません。
停電は頻繁に発生しますし、もちろんWifiなどはありません。
入浴もする場合は、川での水浴びとなりますし、トイレも水洗ではなく、昔の汲み取り式便所(ボットン便所)です。
お腹が弱い方は食事をされて下痢をしてしまうこともあります。
僕も最初は戸惑いましたが、不思議なもので慣れてきます。なのでさほど心配はしなくても大丈夫かと思います。
ただし、極度の潔癖症の方にとっては厳しいかと思いますので、参加をおすすめできません。

Q.バングラデシュでテロがありましたが、ネパールの治安面は大丈夫ですか?

A.ネパールは途上国の中でも、比較的治安が良い国とされています。夜道を1人で出歩かない、席に荷物を置いて離れないなど基本的な安全対策ができれば、ほぼ問題ないです。
また、バングラデシュのテロのようなイスラム教徒が主体となったテロも起きることは考えにくいです。
ネパールはヒンドゥー教徒が多い国であり、イスラム教徒が多いバングラデシュとはそこが一番の違いとなっています。

Q.ネパールは親日の方が多いと聞くが、日本語を話せる人はいますか?

 A.確かに親日の方が多く、「日本人」だと言うと好感を持たれることが多いです。
日本語も片言レベルであれば話せる人も時折いますが、ほぼ通じないと思っていただければと思います。

その他、不明点や気になる点があったら毎日エデュケーションさんのホームページ経由でお問い合わせください。

「チェンジメーカー留学 in ネパール」2016夏|毎日留学ナビ

僕個人に聞きたい事があれば、このブログのお問い合わせページからお願いします。
必ず返信しますので、遠慮なく聞いてください。

www.keikawakita.com 

東京と大阪で開催!まずは説明会へGO!

ここまで読んでいただいて「面白そう!」と思ったけど、まだいまいち踏み切れないと思った方へ。

毎日エデュケーションさんが説明会を開催しますので、そちらに参加してみてください。
以下、日程などの詳細。

留学セミナー・説明会・イベント日程一覧(東京・大阪ほか)|毎日留学ナビ

もし時間が合わず、参加できない場合は問い合わせで気になることを聞いてみてくださいね。

「他人の人生」を生きるのは、もう終わりにしませんか?

たった1度の人生。そしていつ終わるか分からない人生。
「自分の人生」を生きなくて、本当にいいんですか?

「変わろう」と思ってるだけじゃ、なかなか変われません。
本当に変わるためには、きっかけが必要です。
そしてそのきっかけを、「チェンジメーカー留学」は提供してくれます。

10人限定です。
今年のシルバーウィークはネパールで「自分の人生」を生き始めましょう。

ネパールで待ってます!

「チェンジメーカー留学 in ネパール」2016夏|毎日留学ナビ

必要としている人に届けたい!シェアいただけたら本当に嬉しいです!

最後にお願いです!
この企画を本当に必要としている人のところに届けたいなと思ってます。

もし、この記事を読んで、ちょっとでも応援してやろうかなって思ってくださった方。
Facebook、Twitter、はてなブックマークなどなんでもいいです。
ぜひこの記事をシェアしてください!

特定のお友達にすすめるのももちろん大歓迎です。

ぜひぜひよろしくお願いします!

「いいね!」で更新通知が届きます!
☆おすすめ記事

【1万円相当の特典付き】無料メール講座をメルマガで大好評配信中!

・やりたいことがわからなくて、なんだか心がモヤモヤする

・周りの人たちには打ち込めるものがあるのに、自分にはなんでないんだろう

・今の仕事や生活に違和感を感じるんだけど、どうしたらいいかわからない

そんなあなたのために、無料メール講座をつくりました。

実際にこんな声をいただいています。

「いろんな理由をつけて、自分を動けなくして、苦しめていたのは他でもない自分でした。

やりたいこと、好きなことが以前よりも明確になりつつある今、小さな一歩を踏み出す事が楽しくて仕方ないです!」

「自分の内面が変わると、自分の外側の世界まで変わっていくことを肌で感じられました!」

「1週間でこんなに自分の人間関係が変わるのかと自分でもびっくりしました!」

「自分で自分を認めてあげることの大切さを実感しました。」

詳しい内容はこちらからどうぞ!