僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

祝あいのり復活!テラスハウスとどっちが面白いかくらべてみました

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話

引用:あいのり - フジテレビ テラスハウス - フジテレビ

 

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

中学・高校・大学。
恋に恋するような青春時代に、僕が夢中になって観ていたTV番組がありました。
それが「あいのり」という番組で、なんと2017年内に復活するとのこと!


世代的にドンピシャなので、めちゃくちゃ嬉しいです。
そこで復活を記念して「あいのり」なんで面白かったのかを考えてみました。
比較対象は今の10~20代に大人気な「テラスハウス」!

結論、どっちが面白いのかをくらべてみました。

 

「あいのり」とは、「男女7人」×「世界旅」×「真実の愛」をテーマにした恋愛観察バラエティ

 

まず最初に「あいのり」がどんな番組だったのかを改めて紹介します。


「あいのり」はもともと1999年から2009年まで約10年間、地上波で放送していた番組です。
人気の中、突然放送が終わったので、当時はめちゃくちゃショックでした。
その影響もあってか、CSやフジテレビオンデマンドで続編となる「あいのり2」や「あいのり2Z」が放送されていました。


「男女7人」「世界旅」「真実の愛」をテーマにした恋愛観察バラエティでした。


番組は、オーディションで選ばれた男性4人・女性3人の計7人が、「ラブワゴン」というピンク色のワゴン車に乗り様々な国を旅しながら、真実の愛を探します。
旅の途中、参加者は告白することを決めると、意中の相手に日本に帰るためのチケットを渡し愛を告白します。
告白が成功するとキスをして2人で帰国、失敗するとチケットを返され1人で帰国することになります。
92カ国に及んだ旅では44組のカップルが誕生。うち8組が結婚しました。

 

あいのり REBOOT(仮) - フジテレビ 

 

番組の象徴はピンク色をした通称「ラブワゴン」。
「一度は乗ってみたい!」と思った人も多かったでしょう!
そんなあいのりがフジテレビオンデマンド(FOD)で見られるようになるんです!

「テラスハウス」とは、「男女6人」×「シェアハウス」×「ライフスタイル」 をテーマにしたリアリティーショー

 

対して、今も放映中の「テラスハウス」。
こちらは「男女6人」×「シェアハウス」×「ライフスタイル」がコンセプトなリアリティーショー。

番組の主人公は、“どこにでもいそう”だけど“手の届かない”男女6人。
舞台は、今、若者の間で話題になっている「シェアハウス」。
6人は、海辺にたたずむ一軒の家で、縁もゆかりもない同士で共同生活を始める。
そのシェアハウスの様子を四六時中カメラで追いかけ、彼らの生活にあふれる、誰もが憧れるようなキラキラした青春・友情・恋愛・夢、そして、嫉妬・挫折といった、リアリティショーならではのさまざまなドラマを、すべて記録していく。
そこにあるのは、あなたが知っているようで知らない、今の本当の若者たちの姿。
彼らのリアルな感情と最新のライフスタイルを、最先端の音楽と目を見張る臨場感たっぷりの映像とともにお届けする、本格的なリアリティショーが、この秋、開幕する!!

テラスハウス 恋のすべて ノーカット完全版 - フジテレビ

 

1作目の舞台は湘南、2作目の舞台は東京でしたが、最新作はハワイが舞台となっています。
実は映画化もされていて、文字通り社会現象になった番組です。

「あいのり」と「テラスハウス」の5つの共通点

どちらも「人間観察」を主体とした番組でもあり、さらにどちらもフジテレビ系列・Netflixで放送されるなど共通点が多い両番組。
さらに共通点がないかを探ってみました。

 

共通点①どちらも「主人公」は男女数人

「あいのり」も「テラスハウス」も特徴的なのは男女数人が登場する番組であること。
前者は7名、後者は6名と数にちょっとした違いはありますが、男女数人の人間関係が中心という点は大きな共通点ですね。

 

共通点②どちらも「視聴者層」は10~20代の若年層

「視聴者層」も非常に似ています。
どちらの番組も10~20代の若年層に人気がある番組です。
両方とも登場人物は20代の人が中心なので、やはり中学生・高校生・大学生などの年齢が近い人が見ていますね。

共通点③どちらも「やらせ疑惑」があり、嫌いな人は嫌い

「やらせ疑惑」があるのも大きな共通点ですね。
それもあってか、好き嫌いがはっきり分かれるところも似ています。
「テラスハウス」はわざわざ番組冒頭で「台本は一切ございません」とYouさんが毎回言っていますが、それでもやらせ疑惑が絶えません。

 

個人的なやらせなんて気にしないですけどね。
テレビなんでやらせであろうがなかろうが、どっちでもいい。
面白ければ観るし、つまらなければ観ない。それだけのことです。

逆にやらせなら、台本を書いている人がすごすぎます。天才的ですね。

 

共通点④どちらも番組を彩る「音楽」が抜群にキャッチー

番組を彩る「音楽」が圧倒的にキャッチーなところも共通点の1つですね。
「あいのり」は主題歌がよかったですね。
ゆずやスピッツ、Every Little Thingなどの邦楽アーティストによる楽曲で人気でした。

 

 

あまりにも人気だったので、こんなCDまで出ていました。

あいのり 1999-2009 THE BEST OF LOVE SONGS

あいのり 1999-2009 THE BEST OF LOVE SONGS

  • アーティスト: オムニバス,青山テルマ,ゆず,Every Little Thing,GLAY,I WiSH,スピッツ,Mi,川嶋あい,遊吟
  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • 発売日: 2009/07/29
  • メディア: CD
  • クリック: 29回
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 

 

一方「テラスハウス」は主題歌が洋楽。歌っているのはテイラー・スウィフト。
この主題歌が超絶なオシャレ感を出しています。

ちなみに「テラスハウス」は劇中に流れるBGMも超絶オシャレでした。
こちらもCDが発売されています。

TERRACE HOUSE TUNES-We are best friends forever(初回限定盤)(DVD付)

TERRACE HOUSE TUNES-We are best friends forever(初回限定盤)(DVD付)

 
TERRACE HOUSE TUNES- We were once in love(初回生産限定盤)

TERRACE HOUSE TUNES- We were once in love(初回生産限定盤)

 

 

共通点⑤どちらも「スタジオトーク」が絶妙な人間観察で面白い

どちらも「スタジオトーク」が面白かったのも共通点。
「人間観察」の番組なので、VTRの途中にタレントさんたちが印象的な場面について語るところが番組をさらに面白くしていますね。

 

ちなみに「テラスハウス」の場合、南海キャンディーズの山里さんがやっている「山ちゃんねる」というYoutubeが超絶面白いです。 

 

容赦ない毒舌とドン引きするような下ネタを絡ませた弾丸トークに毎回笑ってます!

「あいのり」と「テラスハウス」の5つの違い

たくさんの共通点がある両番組ですが、やはり大きな違いもいくつか見られます。
1つずつ見ていきましょう。

違い①恋愛:「”目的”としての恋愛」と「”手段”としての恋愛」

最も大きな違いは、番組内における「恋愛」の位置づけ。

 

「あいのり」は「真実の愛を探す」がコンセプトなので、「恋愛=目的」です。
なので、「あいのり」の場合、恋愛が中心なんですよね。


だから恋を動かすためにいろんな仕掛けをしています。
トラブルが盛んに発生する途上国もガンガン行きますので、吊り橋効果もあります。
男女の人数が4名と3名で違うのも仕掛けの1つですね。

 

対して「テラスハウス」は「ライフスタイル」がコンセプトなので「恋愛=手段」です。
あくまでも「恋愛」は登場人物たちの生き様を引き出す1つの要素でしかないです。


番組の放送期間が違うので一概には言えません。
ただ「あいのり」ではカップルがたくさん生まれ、「テラスハウス」ではなかなかカップルが生まれないのにはちゃんとした理由がありますね。

 

違い②コンセプト:「共感」と「憧れ」

番組全体のコンセプトも明確に違います。
一言で言うなら、「あいのり」は「共感」、「テラスハウス」は「憧れ」がコンセプトです。

 

例えば、登場人物を比較しても非常に違いがありますね。
「あいのり」の場合は、出演しているのは素人です。
大学生だったり、ショップ店員だったり、一般人の現実世界にいるような人達。

ただでさえ親近感が湧くのに、登場人物たちが持っているコンプレックスも大きな共感ポイントです。
見た目に自信がなかったり、人見知りだったり、恋愛にトラウマがあったりと「感情移入」がしやすいような登場人物が出てきます。

一方、「テラスハウス」の場合はモデルやミュージシャン、スポーツ選手など、出演しているのは「有名人の卵」的な人たち。
普通に暮らしていてはなかなか出会えないような人達が主人公なので、視聴者は「憧れ」の気持ちが強くなります。

もちろん、有名人の卵たちが悩んだり葛藤する姿を見て、共感することもあります。
ただ、「憧れ」の感情の方が強いでしょう。

違い③舞台:「世界各地での旅」と「1つの街でのシェアハウス」

番組の舞台も全然違います。
「あいのり」は世界各地を旅するのに対し、「テラスハウス」は1つの街でのシェアハウスでの共同生活が描かれています。
一言で言うなら、「非日常」と「日常」で対照的です。

 

「あいのり」の場合は旅が続いていくので、放送回によって舞台が変わっていきます。
ちょっと見ないでいると、もう次の国に行っていることが多々ありました。

一方で「テラスハウス」は1つの家での共同生活なので、いつ見ても変わりません。
変化はメンバーが入れ替わった時くらいしかありません。

地上波のみで放送していた第一シーズンだけで比較すると、「あいのり」が10年近く続いたのに対し、「テラスハウス」は2年ちょっと。
「テラスハウス」が短命だったのは、番組内で変化をつける材料が乏しかったことと無関係ではないでしょう。

 

違い④お金:「貧乏旅行」と「リッチな生活」

番組内の「お金」に対する位置づけも対照的です。
「あいのり」は貧乏旅行ですが、「テラスハウス」は誰もが羨まむような家でのリッチな生活が描かれています。
ここでもまた「共感」と「憧れ」がはっきりと出ていますね。

 

「あいのり」の場合は食べるものも節約しながら旅していくレベルの経済状況です。
ホテルも格安宿を頑張って探している様子が盛んに出てきます。
きつい中で頑張っている姿を見ていると、思わず「共感」してしまいますよね。

 

対照的に「テラスハウス」は超豪華な1軒家でのシェアハウスに住んでいます。


プールが付いていたり、海が見えたり、家の中にエレベーターがあったりと普通ではありえないような家なんですね。
車も自由に使えて、メンバーたちもオシャレなカフェやレストランでの食事を楽しんでいるので、お金に困ってる場面は一切出てきません。まさに「憧れ」ですね。

 

違い⑤観終わった後の感情:「キュンキュン」と「ドロドロ」

番組を観終わった後の感情も全然違いますね。
「あいのり」はやっぱり恋愛が中心なので「キュンキュン」。
「テラスハウス」は葛藤や悩み、人間関係のトラブルなど含めて全部が出るので、「ドロドロ」した気持ちになることが多かったです。

「あいのり」も人間関係のトラブルもたくさんあったと思います。
でも、ただVTRを流すだけでなく、ナレーションが入って編集もされていたので、そこまでドロドロした感じは出てませんでしたね。

 

対して「テラスハウス」はリアリティ―ショーなので、変なナレーションが入ってません。登場人物たちを自分の目で見ているかのような感覚になります。
ドロドロした部分もそのまま描かれているので、後味が悪いことが多かったです。

 

まとめ的考察:「非日常空間での共感」と「現実世界での憧れ」 という「距離感」が絶妙!

両番組ともに様々な共通点と違いがありましたが、ここで一旦まとめておきます。
2つの番組、両方に言えることなんですが「距離感」が絶妙なんですね。 

 

 
<あいのり>
・「非日常感」=世界各地を巡る旅、ラブワゴンでの移動
・「共感」=登場人物が一般人、貧乏旅行、恋愛模様

<テラスハウス>
・「現実感」=1つの街でのシェアハウス、定住生活
・「憧れ」=登場人物が有名人の卵、豪華な1軒家、ライフスタイル

 

「あいのり」は「非日常空間」での「共感」を売りにした番組です。
もしこれが「現実世界」での「共感」だったら、ありきたりすぎて番組にパンチがなくなる。
アルバイト先での一般人の恋愛模様だったらつまらないし、恋も動かない。


「テラスハウス」は「現実世界」での「憧れ」を売りにした番組。
もしこれが「非日常空間」での「憧れ」だったら、ちょっとかけ離れすぎてついていけけません。
世界一周中の有名人の卵たちの生き様だと、ぶっ飛んでますよね。
(ハワイ編もちょっとぶっ飛びすぎてますが…)

 

この「ありきたりすぎず」かつ「ぶっ飛び過ぎず」という絶妙なバランス。
これが2つの番組がヒットした要因なのかなと思います。
 

「あいのり」と「テラスハウス」、結局どっちが面白い?

間違いなく、どっちも面白いです。
でもどっちかといったら、僕は「あいのり」の方が断然好きですね。
「あいのり」で「共感」する方が、「テラスハウス」で「憧れる」より強い。

 

ただこれは好みの問題だと思います。

「あいのり」は海外が舞台なので、世界各地のいろんな国のことを知れるのが本当に楽しかったです。
僕の嫁もスウェーデンに留学しているのですが、きっかけは「あいのり」だって言ってました。
僕が今ネパールにいるのも、「あいのり」を通して様々な途上国を見たことが繋がってる気がしますし。

 

あとはやっぱり他人の恋愛って最高に面白いですもん!
「海外」×「恋愛」という最強コンテンツが揃った「あいのり」が面白くないわけがない。
ってことで僕は「あいのり」に1票です。

 

とはいっても「テラスハウス」もやっぱり面白いです。
観てみたい人は「Netflix(ネットフリックス)」か「フジテレビオンデマンド」をどうぞ。
「テラスハウス」も「あいのり2」も観れちゃいます。


フジテレビオンデマンドの場合、特典として雑誌が読み放題になりますよ。
 31日間の無料体験もあります。

「あいのり」は「あいのり REBOOT(仮)」として2017年内に復活します!

そんな「あいのり」ですが、冒頭でも話したように2017年内に復活します!
メンバーも募集しているみたいなので、 気になる人はぜひ応募してみましょう。
僕も独身だったら応募してたのにな…

 


放送が楽しみです!

 

ちなみに僕みたいに海外好きな人はこちらの記事がおすすめです。

次は⇒海外に行きたい!長期滞在を叶える7つの方法とおすすめ本32選

 

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

私もラブワゴンに乗せてちょうだい~