僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

お金持ちになりたい?なら青年海外協力隊でボランティアしたらいいよ

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話

 

ナマステ!
ネパール在住・青年海外協力隊ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

突然ですけど、お金持ちになりたいですか?
もし答えがYESなら、本気でおすすめしたい方法が1つあります。
それは青年海外協力隊として、途上国でボランティアをすること。

「なんで途上国で、しかもお金を稼げないボランティア?」って思った人こそ必見。
青年海外協力隊としてボランティアをすることは、意外にもお金持ちになることにつながるんです。
早速、理由を紹介していきます。

 

①お金持ちになるための本当の「問題解決力」が養われる

お金持ちになるために大事な能力ってなんだと思いますか?
色々あると思いますが、一番は「問題解決力」だと思ってます。
なぜかというと、この世の中は「問題解決」に対してお金が払われるから。


この世の中は問題解決に対して報酬が支払われる仕組みになっているので、問題を解決すれば誰でも金持ちになれる。

金持ちになる男、貧乏になる男

 

僕は協力隊としてネパールに来る前、3年間大企業でサラリーマンをしていました。
サラリーマンなので、上司から「あれやって、これやって」と仕事を振られるのが当たり前。
要は、用意された問題を解決するだけだったんですね。

 

でも、協力隊になってからはこれが180度変わりました。
ここには、僕に仕事を振ってくる人は誰もいないどころか、「なんで来たの?」とまで現地の人に言われる始末(笑)
だから協力隊としての活動は、全部自分の頭で考えてやっています。


ラプシーキャンディの販売
も、ゼロから始めたキャラメルづくりも全部自分の頭で考え、自分で動いて仕事を生み出しました。
要は、問題も用意するところから、解決するまで全部自分でやっているわけです。

 

自分で問題を設定し解決できる人は、自分でビジネスを創れる人です。
自分でビジネスを生み出せる人は、雇われて働く人よりも大きな問題を解決するのでお金持ちになる確率が高い。
だから「問題解決力」を養うことができれば、お金持ちになる確率も高いでしょう。

 

②自分なしでも「持続する仕組みづくり」を学べる

かの有名な自己啓発本「ユダヤ人大富豪の教え」。
本の中で、お金持ちになる近道として挙げられているのが、ビジネスをもつこと。
そして、そのビジネスを自分なしでも回せるようなシステムをつくれるようになると、「自由人」になれると言っています。


一度、この儲かる仕組みをつくった後は、それを誰が管理してもうまくいくようにすることだ。
これができれば、君は自由人への道を歩き始めることになる。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

協力隊の任期はたったの2年間。自分が日本に帰った後でも、継続されるような活動をすることが大事。
ということは、現地の人達だけで回せるような仕組みづくりが求められます。
学校の先生であろうが、助産師であろうが、どんな分野であれ自分がいなくても回る「仕組み」をつくることが大切なんです。

 

これってまさに「誰が管理してもうまくいく仕組みづくり」ですね。
先程の「問題解決力」と組み合わせれば、まさに「儲かる仕組み」になりますね。

 

③お金持ちの条件である「与える」が快感になる

この世の中は「与える」が豊かになるキーワード。


「現在の世の中は、経済価値や喜びを与えた人間が豊かになるようになっているんだよ」

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)


ということは、お金持ちになる人は、世の中に与えている価値の質・量が高くて多い人ってことなんです。

青年海外協力隊はボランティアです。
だから、活動を一生懸命頑張っても、どんなに立派な成果を出したとしても経済的な見返りは得られません。
それでも、経済的な見返りよりも、もっと大きなものが得られます。

 

それは「与える」ということの喜び。
自分が人に何かを「与える」ことができたときの喜びを知ることができます。

自分が活動で取り組んでいるラプシーキャンディの販売。
おかげさまで、工場の女性たちの給料を上げることができました。
彼女たちの給料を上げても僕には1銭も入ってきません。それでもめちゃ嬉しかったですから。

 

「与える」が快感になり、与えることがドンドンできれば自然とお金持ちになれますよね。

 

④人と違うことをする癖が「希少性」につながる

この世の中で、価値の高い・低いを左右するのは「希少性」です。
ダイヤモンドは希少価値が高いから、値段も高いわけです。
これは人材に置き換えても一緒ですね。希少性が高い人ほどお金もたくさんもらえる。


コンビニやファストフード店でアルバイトをすると、時給は800~1000円くらいですよね。  
サラリーマンの時給は、平社員から取締役までで、だいたい2000~5000円。  
医者や弁護士などの高度な専門技術をもった人なら1万~3万円で、マッキンゼーのシニアコンサルタントの時給は8万円ぐらいです。  
つまり、日本人全体の時給には、800円~8万円までの幅があるということ。  
この100倍の差は、いったいどこから生まれるのでしょうか。  
それは希少性によって決まります。要するにレアな人かどうかなのです。

藤原和博の必ず食える1%の人になる方法

 

ということはどういうことなのか。
「人が価値を感じるものである」という大前提はあります。
でも「希少性」のある人ほどたくさんお金がもらえるということは、人がやらないことをやる人ほど希少性のある人材になれるということです。

そういう意味では、青年海外協力隊なんてまさに人がやらないことをやってます。
何せ、20・30代の人生の大切な時間を2年も費やしてボランティアをする。
しかも行先は快適な日本とは程遠い、途上国なわけです。

 

ましてや現地では、自分1人だけが外国人ですよ。
そうなると、「人と違う」ってことがもう当たり前になる。
もともと「人と違う」のだから、人と違うことをするのも億劫じゃなくなるわけです。

 

特に日本人は周りと同じことをすることに安心感を感じる人が多いです。
なので、人がやらないことをやれる人は希少性の高い人材になれる確率が高いですね。

 

⑤「お金持ちになりたい」と思うようになる原体験ができる

よく「お金持ちになりたい」って言うじゃないですか。
でもそんなことを言う人の中でも、本気で「お金持ちになりたい」って思ってる人って日本にはほとんどいないと思います。

 

それは「お金持ちになりたい」と本気で思うような原体験がないからです。

 

僕自身も日本に住んでいた時は、お金持ちになりたいって思ったことは1度もありませんでした。
でもここネパールに来て、「お金持ちになりたい」って思うことが何度かありました。

ネパールでは、本当にお金がなくて出稼ぎに出てしまう人が絶えません。
6~7万円を稼ぐ仕事をするために、異国に行くんですよ。
信じられないでしょうけど、これが現実なんです。

ネパールの人に「日本に行きたい」って言われると泣きたくなるんだ - 僕はネパールを変えることができない。

 

 

「もし僕がお金持ちだったら、何かここで事業をするための融資とかできるのに」 

 

出稼ぎや地震で壊れた家の再建築。お金がないことで生じた問題に直面する度に僕はこんな風に思ってきました。
もちろんお金持ちになることだけが解決策じゃないです。
でも、あの時感じた自分の無力さはもう二度と味わいたくない。

 

ましてやお金持ちになるということは、たくさんの人を喜ばせたという証明でもある。
ネパール人の大金持ちの人達を見ていても本当にその通りだなと痛感しました。


君がいまからどんなことを人生でしても、これを覚えておきなさい。
君が何をやっても、この法則が当てはまる。
君が世の中に対して与えたサービスの量と質が、そのまま君の受け取る報酬に等しくなる。

ユダヤ人大富豪の教え 幸せな金持ちになる17の秘訣 (だいわ文庫)

 

人は思った通りの人間になる生き物です。
「大金持ちになりたい」と本気で思えた原体験があるなら、なれるでしょう。

 

お金持ちになりたいなら、協力隊は案外いい手段です

青年海外協力隊として途上国でボランティアをする。
これが意外にも、お金持ちになる方法である理由を紹介しました。

「問題解決力」や「仕組みづくり」といったお金持ちになるためのスキルはもちろん。
「与える」や「人と違うことをする」といった精神的な心構えも身につきます。
そして、「お金持ちになりたい」という原体験。これはなかなか日本で普通に住んでいては得られないものです。

 

ちなみに、協力隊には「国内手当」というものが支給されます。
2年間、毎月85,000円(無職での参加の場合)がいただけるので、総額200万円近くの貯金ができます。

待遇と諸制度【青年海外協力隊/日系社会青年ボランティア】 | JICAボランティア

 

案外知られていませんが、超ありがたい制度ですね。感謝です!

 

ネパール人大金持ちとの出会いが、僕のお金への考え方を変えてくれた話はこちら。 

次は⇒青年海外協力隊でボランティアしたら、金稼ぎへの「汚さ」がなくなった理由

 

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

協力隊としてボランティアで私の皮むき作業をやってくれると助かるのよ~