f:id:kei-lmnop:20161122222854p:plain

 

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

今話題の「マインドフルネス」。 
テレビでも紹介され、本も続々と出ていますね。
「名前だけ聞いたことがあるけど、結局何なのかよく知らない!」って人も多いはず。

そんなマインドフルネスをざっくり知りたい人へ!
感動の実話で学べる、おすすめしたい本があるので紹介します。 

 

マインドフルネス初心者へ贈るおすすめ本!「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」

その本とはこちら。
「スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック」  

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

  • 作者: ジェームズ・ドゥティ,荻野淳也,関美和
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2016/11/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

マインドフルネスによって、人生を変えることができたスタンフォードの先生の自伝。
先生の少年時代の実話を基にしたストーリーなんですが、これがまあ面白い。 
マインドフルネスに全く興味なくても全然OK!それくらいストーリーに力がある。

分かりやすいあらすじがあったので、引用します。

『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』は、田舎町の貧困家庭に生まれ、アルコール中毒の父親とうつ病の母親の世話をしながら、常に不安と苛立ちのなかで生きていた少年が、マインドフルネスに出合って徐々に人生を自分の手に取り戻していく物語です。

マインドフルネスで本当に人生は変わるのか? | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

貧しい家庭に生まれ、両親も問題を抱えている。
そんな本当にかわいそうな少年がマインドフルネスをひょんなことから教えてもらう。そしてその力を使って、絶対無理だと思うような壁を乗り越えていく話。

めちゃくちゃ話に引き込まれて、僕は一気に読んでしまいました。

 

おすすめ①マインドフルネスの意味がざっくり分かる!

マインドフルネスってよくわかんないですよね。
カタカナだし、なんだかよくわかんない。何それ、おいしいの?って感じ。
でもって、言葉で説明されても尚更よくわからない。

この本の中でも最後の解説ページで出てくる定義はこんな感じ。

マインドフルネスとは、「余計な評価判断を手放して、あるがままの『いま』に注意を向けている状態であり、『いま』にしっかりと気づいている状態」をいいます。

いや、なにそれ(笑)
もしこの説明だけ読んで、マインドフルネスがどういうものか分かった人がいたら僕はその人を神と呼ぼう。

何が言いたいかというと、大抵の人にとって、このマインドフルネスっちゅうやつは、言葉で説明されても分からんのですよ。

でもこの本の良いところは、実話をもとにしたストーリー形式になっているところ。
「解説します!」みたいな感じになってなくて、普通に小説を読んでるみたい。
その中で、マインドフルネスが出てきて、幼少期の著者がそれを教えてもらうシーンが出てくる。

 

だから「マインドフルネス?なにそれ?おいしいの?」的な感じだった僕も、この本を読んだらなんとなくどういうものか分かりました。

なので、この記事でもマインドフルネスってものを僕は説明しません。
というかできません。
すごく分かりやすく言うなら、瞑想法の一種だと理解してもらえればいいと思います。

 

おすすめ②マインドフルネスのやり方も理解できる!

この本の良いところは、マインドフルネスがストーリーで理解できるだけじゃない。
マインドフルネスのやり方までちゃんと書いてくれてるんです。

 

物語の中で、マインドフルネスを訓練するシーンが出てくる。
そうすると、その章の最後に具体的な手順を改めて載せてくれています。
イメージはこんな感じ。

 

 
からだを緩める

♠1 邪魔をされずにこの練習ができる時間と場所を見つけてください。
♠2 ストレスを感じていたり、ほかのことに気を取られていたり、お酒を飲んでいたり、疲れているときは避けましょう。
♠3 始める前に数分座ってただリラックスします。この練習で達成したいことを考えます。あなたの意図をはっきりさせましょう。
♠4 目を閉じます。
♠5 まず鼻から息を吸ってゆっくりと口から息を出し、三度深く呼吸します。この呼吸法に慣れるまで繰り返し、呼吸そのものが集中を乱さないようにしましょう。

 

こんな風にして書いてくれてるので分かりやすい。
またそれでもピンと来ないときは、実際に物語の中で先生が主人公に教えるシーンをもう一度読むとイメージもつかめますね。

おすすめ③マインドフルネスが人生にもたらす効果も学べる!

マインドフルネスで一番知りたいのって効果ですよね。
どんなに意味を理解できても、どんなにやり方が簡単でも、 効果がないものに人は時間を使いません。
もちろん、効果はある。じゃないとこんなに話題になってないし、効果だけ知りたいならググればいくらでも情報は得られる。

ストレスが減るとか、学業成績がよくなるとか、色々効果はあるみたい。

記憶力や免疫力をも上げる? 「マインドフルネス」とは結局何なのか | ライフハッカー[日本版]

 

でも本当に知りたいのって、結局人生がどう変わるのかって話。
毎日、コツコツ実践することで、結局人生が好転するのかってのが一番知りたいところでしょ?

 

それが書いてあるマインドフルネスの本ってなかなかないと思います。
でも、この本にはそれがばっちり書いてあります。
幼少期にマインドフルネスを学んだ著者の自伝的な内容なので、大人になってからの人生もよくわかります。

 

そう考えると、読む価値ありますよね。

 

マインドフルネスとは何かをざっくり知りたい人におすすめの本です

マインドフルネスの意味もなんとなく分かるようになる。
マインドフルネスのやり方も載っていて、実践できる。
そして、マインドフルネスをやると人生がどう変わるのかという長期的な効果も分かる。

そういう意味では、マインドフルネスとは何かって思ってる初心者にはぴったりの本ですよ。
もちろん、ストーリーも物凄く引き込まれる内容なので、単純に読み物としても面白いです。

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック

  • 作者: ジェームズ・ドゥティ,荻野淳也,関美和
  • 出版社/メーカー: プレジデント社
  • 発売日: 2016/11/12
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

ぜひ手に取ってみてください!

 

ちなみに前ネパールで瞑想したらまさかの全身筋肉痛になりました。
次は⇒ネパールのカトマンズで瞑想したら、全身筋肉痛になった話

 

 

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

私もマインドフルネスでおいしくなりたいの~