ネパールを愛する僕が思う、大好きなネパールへの不満10選

f:id:kei-lmnop:20161020171556j:plain

ナマステ!
ネパール在住・無責任応援ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

最近、ネパールの人に道を聞かれるようになってきました。
「なんで俺に聞くねん!」っていつも疑問に思っていますが、もうすっかり、見た目がネパール人になったってことなんでしょう。

そんな見た目ネパール人の僕ですが、ルワンダ協力隊員のぴかりんがブログで面白い記事を書いていたので連動します。

hinemoto1231.com

不満はビジネスの種になります!
協力隊後は僕もネパールで起業するので、事業の種を改めて考えてみます。

 

不満①発展の大きな妨げとなっている停電と乾季の水不足

なんといっても、電気と水がないこと。
まずこれが最大の不満です。
やっぱりそこらへんは生活の最低限のインフラですからね。

 

特に停電に関してはひどすぎる…。
雨季でも1日8時間、乾季だと最大16時間くらい停電します。
首都がこのレベルなんだから地方はもっとひどいだろうと思いきや、ネパールの場合は逆です。

 

発電所が近い地方なんかは、ほぼ停電しない地域もあります。
もちろん無電化村などもあるでしょうし、地域によってばらつきはありますが。
目立った産業がこの国にない理由は、電気・水がないことと少なからず関係しています。

 

不満②海外出稼ぎによる若い人の流出

電気も水もないから産業も育たない。
そういう状況だから、20~30代の若い人たちはどんどん海外に出稼ぎに行ってしまいます。

 

海外で働くこと自体は悪いことではないのですが、ちょっと数が異常。
僕の活動している村でも、若い男性はどんどん海外に行ってしまって、夫や息子がいない家庭が増えています。
村によっては全く男手がいないっていう村もある。

 

出稼ぎで稼いできたお金が結果的に国を支えている面もあるので、難しいところですが、それにしてもなってところです。
直接僕自身の生活に影響することではないですが、やっぱりこの国が心配になります。

 

不満③朝・晩の通勤と帰宅ラッシュ時の渋滞がカオス

これはカトマンズに限ってのことですが、朝晩の渋滞がカオスです。
普通に走れば、10分くらいで到着する道が、朝晩のラッシュ時だと30~40分平気でかかります。

 

首都で人口が多いっていうのもありますが、それでもこの混み具合はちょっとひどい。
大きな視点で解決するなら、電車や地下鉄などの導入がいいかもしれませんが、何せ電気不足の国です。
この国に、電車や地下鉄が走るようになるのは気が遠くなるくらい先のことでしょう。

 

タイみたいに、バイクタクシーを導入すればいいのになと思います。
バイクを持っている人はたくさんいるし、バイクなら多少渋滞していても車よりは早く移動できますし。
雇用も生まれそうなので、ぜひ導入してほしい。

 

不満④鼻くそが真っ黒になる大気汚染&土埃が深刻

 これまたカトマンズの話。世界3位の汚染都市なんです。

www.keikawakita.com

特にひどいのが、大気汚染。 
車やバイクの数が多いのに加えて、カトマンズは盆地になっている。
それが原因で排気ガスが流れていかずに、溜まってしまう。

さらに道路が舗装されていない場所もたくさんあるので、乾季の雨が降らない時期だと土埃で目が開けられなくなります。
鼻の中にも入ってくるので、鼻くそが真っ黒です。
これはなんとかしてほしい。

不満⑤インターネットが遅い&不安定

途上国あるあるかもしれませんがインターネットは遅くて不安定。
遅いのはある程度予想していましたが、不安定さが予想以上でした。
日によって、時間によって、ネットにつながらないという事態が頻発します。

 

街中のカフェやレストランにはWifiがついているところは多いだけにここはもう少し改善されればなと思うところです。

 

不満⑥日本食天国なのに、本格ラーメン屋だけない

ネパールは隠れ日本食天国の国です。
安くておいしい日本食が食べられるので、日本人に優しい国なんです。

www.keikawakita.com

寿司、そば、うどん、天ぷら、丼ぶり、お好み焼きなど大抵の日本食は食べられる。
これだけ充実しているのに、なぜか本格的なラーメン屋がありません。
本格ラーメンを出すお店はありますが、ラーメン専門店はない状況です。

www.keikawakita.com

世界はラーメンブーム。
ネパールにもインスタントラーメンを食べる習慣があるので、 大きなビジネスチャンスがあるんじゃないかと僕は思っています。

 

ド素人ながら台湾でラーメン屋を始めた人もいるので、経験がなくてもできないことはないはず。
僕が密かにやってみたいことの1つです。

maeharakazuhiro.com

 

不満⑦仕事と人材をうまくマッチングする仕組みがない

電気も水もないから、産業が育たず人材が海外に流出しているネパール。
そんな国だからやっぱり仕事はなかなかありません。
それでも全くないっていうわけじゃないんですよね。こういう掲示物とかよく見ます。

f:id:kei-lmnop:20161020164458j:plain

インターネットを使った仕事のマッチングサイトがあればいいのになと思います。

物バージョンはネパールにもあるんですけどね。
これの仕事バージョンがあると便利ですね。

Hamrobazar.com – Nepal’s Online Classified Marketplace Shopping –

不満⑧お風呂に入りたくても入れない

水不足だし、お湯もそんなにつくれない。
ましてや浴槽に浸かるっていう文化がないのでお風呂に入れません。

 

でも僕お風呂好きなんですよね。
ってことで今は足湯男子になってしまいました。

www.keikawakita.com

 

ただ、ネパールでもトレッキングとかに行くと自然の温泉が湧いていて、人も入ってるんですよね。 
だからお風呂が嫌いってわけではない。
そう考えると、何かスーパー銭湯のようなものがあるといいかもしれない。

 

不満⑨チーズ・肉が高級品で値段が高い

ネパールの物価は基本的に安くて助かります。
それでもチーズ・お肉が物価から見ると高いのでなかなか手を出せません。

 

スライスチーズとかは10枚入りで200円くらいしますしね。
牛もヤギもたくさんいるのに、なんでこんなに高いんだろう。

 

お肉は鶏肉だと1キロ350円くらい。
もちろん日本よりは安いですが、物価から相対的に見るとやっぱり高い。
しかもこの肉って骨だらけで魚みたいで僕はちょっと嫌です。

 

不満⑩ハンバーガーのレベルが低すぎる

最後の不満それかよって突っ込まれそうですが、僕にとっては結構な不満なんです!
ネパールにもハンバーガーを食べるっていう文化は浸透しています。
なのに、どのお店もまずい。肉もまずいし、バンズもまずい。

 

もちろんちゃんとしたレストランで食べるハンバーガーはおいしいですよ。
でも安くて手軽に食べれて、それなりの味がするものが食べたいんですよ。

 

この前なんかチーズバーガー頼んだら、こんなのが出てきましたからね。

f:id:kei-lmnop:20161020165809j:plain

まさかの肉無しで、チーズしかないっていう…。
「これが本物のチーズバーガーだ!」ってか。やかましいわ。

 

Mクドナルドさんでも、Mスバーガーさんでも、Lッテリアさんでも大歓迎。
どうか手軽な値段で食べれる美味しいハンバーガーをお願いしたい。

 

まとめ:それでもやっぱり好きやねん、ネパールちゃん!

とまあ、不満をつらつら書いていきましたが、僕は思いました。
やっぱりネパールちゃんが好きです。

 

「好きな人の短所まで好きになったら本物だ」っていうでしょ?
だから、本物になるために、不満も好きになれるよう頑張ります!(たぶん無理)

 

こんな風に問題もたくさんありますし、生活のインフラ面で言ったら日本とはかけ離れた国。
それでも、この国がたまらなく好きで、何度も旅行に来ては最終的には住み憑いてしまうっていう人を何人も知っています。

顔があんまりかわいくないのになぜかモテる女の子っているでしょ?
ネパールって国はそんな感じです。
来てみないと分からない魅力があるんです、この国には。

ぜひ一度来てみてください!

 

他の国の隊員も同じネタで記事書いてるのでぜひ比べてみてください!

34.hatenablog.jp

hinemoto1231.com