Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

アジア最貧国で暮らした2016年振り返り!人生は「思い出づくり」

f:id:kei-lmnop:20161231120918j:plain

 

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

もう2016年も終わりですね。
ネパールは全く年末感がないのできついのですが…。

今日は大晦日?ネパールは2073年9月16日だから年越し感ゼロできつい 

2016年はネパールに住み続けた1年。
酸いも甘いも色々ありましたが、一言で言うと、やっぱり大満足でした。
2016年を振り返ってみます。

青年海外協力隊の活動を振り返る

まずは青年海外協力隊の活動を振り返ります。

ラプシーキャンディの販売促進活動 

本題の加工品に入る前に、もう1つメインの活動として取り組んでいるもの。
それがラプシーキャンディというドライフルーツのようなお菓子の販売促進。

f:id:kei-lmnop:20161231104050j:plain

加工品作りのヒントを得たいと思って、なんとなく立ち寄った工場。
そこで修行していたら、このラプシーキャンディがおいしいことに気づきました。

そして、日本人向けのお土産店に売り出せば売れるのではないかと考え、実際にやってみました。
そうしたら、大ヒット商品になったんですね。

そしてラプシーキャンディを使った新商品まで生まれました。
これがまたうまいんだな~。

今ではお土産屋さん3軒で取り扱っていただいています。
買っていただいた皆さんのおかげで、働いている女性たちのお給料も上げることができました。
本当にありがとうございます。

振り返ってみれば、ラプシーキャンディは比較的順調でした。
最初に、お土産屋さんに納品するときは結構なトラブルがあり、どうなることかと思いました。
でも、キャンディ工場の女性たちはしっかりとしているので、今では僕なしでも受注・納品ができています。

 

よかったです。
僕がいるまでの間に、「地球の歩き方」に載るような商品できたらと思っています。
なので、残り半年も頑張りますよ!

 

キャラメルづくりの事業立ち上げ

もう1つの活動であるキャラメルづくり。
ラプシーキャンディはもとから村で始めていた事業。
なので、1を2とか3にする活動でした。

でもキャラメルづくりは全くゼロからのスタート。
ノウハウも作った経験も全くなし。
いわば、0から1を創り上げるような活動でした。だからめちゃ大変でした(笑)

 

そもそもキャラメルづくりの前にやろうとしていたのは野菜チップス。


でもこれが大失敗。
村では野菜の販売がメインの収入源。
そのまま売れば売れるものをあえて加工品にする意義を見出せず、方向転換。

そこで目を付けたのが牛乳でした。
牛乳も売っている人はいましたが、どちらかというと自分たちで飲む家が多かった。
なので、その牛乳を使って何かできないかと模索した結果、キャラメルを思いつきました。

奇しくもネパールにもキャラメルのようなお菓子があるんです。
そこで、その工場にまた弟子入りしたりして作り方を学びました。
そして実際に野菜売りのときに一緒に売ってみました。

そうしたら売れたんですね。
その結果、事業としてやってみたいっていうおばちゃんが出てきました。
そんで仲間集めしたり、町のお店を20軒くらい回って飛び込み営業して、会社をつくろうかってなったときに大ピンチが2つもやってきました。

その結果、キャラメル事業存続の危機になったのですが、なんとか1つのピンチを脱出することができました。

そして、12月からお店で販売することができています。

 

僕、実は2016年の目標としてこんなことを書いていました。


1つ目は本業である青年海外協力隊の活動において達成する目標です。
加工品を作りあげ、販売して収益が出るところまで持っていきます。

新年の抱負、まだ覚えてる?2016年に僕が死ぬ気で達成すること - 僕はネパールを変えることができない。

 

目標として掲げていたところまで持っていくことができました。
本当に嬉しいです。
任期も残り半年。どこまでできるか分かりませんが、おばちゃんが1人立ちできるところまでは絶対やり遂げます。

 

ネパールでの暮らしを振り返る

ここからはネパールでの暮らしを振り返っていきましょう。
ネパールといえばやっぱりお祭り!
数あるお祭りの中でも、僕が一番楽しみにしていたものが3月にやってきました。

見知らぬ人同士が色水をぶっかけあうっていうカオスなお祭り!
でもこれ、本当に楽しいのでぜひたくさんの人に味わってほしいです。

 

4月には2015年の大地震から1年が経って色々考えさせられました。


村のおばちゃんの親戚の結婚式にも呼んでもらいました。
ネパールの結婚式、超面白いです。
こういうのって住んでいないと体験できないので貴重な体験でした。


7月になるとネパールに住んで1年になりました。
おかげさまで、変なクセがたくさん身についてしまったのでもう日本では暮らせません。


あとは全世界で話題になったポケモンGO!
ネパールではつい最近、導入されましたがやっぱり怖くてできません。

 

今年一番といってもいいくらい衝撃を受けたのが彼との出会い。
両手のない絵描きさんに、僕は夢の描き方を教えてもらいました。 

 

10月に入ると、ネパールは長期休みがあります。
なので、山登りなんて全然好きじゃないけど、ヒマラヤの絶景を見てきました。


11月にはこれまた大好きなお祭りがやってきて、エンジョイしました。

 

11月には今年1番の思い出ができました。

 

あとはネパールの暮らしとは直接関係ないですが、ブログを通してたくさんの人達が村に来てくれました。
出会うはずのなかった人達とつながれるなんて、ブログはやっぱり最高です。
 


楽しいことが多かったけど、辛かったことも結構あった

振り返ってみると濃厚な1年だったなと思います。
そして楽しいことが圧倒的に多かったなとも思いました。
でも、やっぱり楽しいことだけではなくて、辛かったことも結構ありました。

 

あんまりそういうことはブログに書きたくないので、書いてません。
だけどやっぱりしんどいこともそれなりにありました。

 

途上国に住むっていうのは何かと身体に負荷がかかるんです。
なので、年間を通して体調不良に結構悩まされた1年でした。
下痢で苦しんだり、あとはすぐ風邪を引いたり。かなり悩まされました。

 

青年海外協力隊あるあるかもしれませんが、「ボランティア」ってものにも悩みました。
一体、「国際協力」って何なんでしょうね。


考えれば考えるほど泥沼にはまっていくようなあの感じ。
今は抜け出しましたが、それでも考えても答えが出るものではないのでどこかで割り切らないとだめですね。

 

あとはネパールをどんどん知れば知るほど見えてしまう、この国の深刻な課題にも直面しました。
この出来事は本当に辛かった。いや、今も辛い。
自分の無力さを痛感しました。

 

人生は「思い出づくり」でしかない。思い出がたくさんできた1年だったから大満足だ

とはいえ、やっぱり振り返って見たらこの1年は大満足だったと言えます。

 

楽しいことだけじゃなくて、辛いこともそれなりにあった。
それでもやっぱり振り返ればいい1年だったなって心から思います。
それはなぜかというと、超濃厚な思い出を残すことができたから。

 

これは僕の人生観でしかないんですけどね。
でも、人生なんて「思い出づくり」でしかないと思ってます。


生きる意味とか、人生の目的とか考える意味はあると思いますよ。
でも、死んだら僕らの人生は終わり。何も残らない。
だからこそ、自分が死ぬまでの間、僕は濃厚な思い出を1つでも多くつくりたい。

 

じゃあどんな経験が、濃厚な思い出になるんでしょう?
実は、その思い出自体が楽しかったかどうか、辛かったかどうかは関係ないんです。


濃厚な思い出になるのは、自分の心が動いたときだけ。
そして心が動くことは、自分が本気で行動したときに起こるもの。

 

何かにぶつかって悔しい思いをしたり。
やりたいと思っていたことをやって楽しんでみたり。
ずっとつながっていたいなと思える人との出会いだったり。

 

この1年はたくさん行動してきたので、たくさん心が動きました。
だから、たくさんの濃厚な思い出ができました。
そう考えると、やっぱり2016年は大満足です。振り返るだけの思い出がなかったら、振り返っても仕方ないですもん。

 

来年もガンガン行動していく1年にします!
今年も大変お世話になりました!
ぜひ良いお年をお過ごしください!

 

ちなみに2015年はこんな年でした。

次は⇒第一志望の会社を3年で辞めて、ネパールに住み始めた2015年を振り返ってみた

 

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

来年も私との「思い出」をたくさん残すのよ~