Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

50%OFF以上のKindleセール!また買っても後悔しないおすすめ本10選

f:id:kei-lmnop:20161119102738j:plain

ナマステ!
ネパール在住・ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

海外生活の強い味方、Kindleの大規模セールが始まりました。

たくさんの本が対象になってるので「どれがいいかわからん!」ってなりますよね。
そこで、今回のセールの中で、 僕がもう一度買っても後悔しないくらいおすすめしたい本を厳選して紹介します。

 

 またお金を払ってもいいくらいおすすめな厳選本10選

(1)ビジョナリー・カンパニー

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則

 

「時代を超えて、生存し続ける会社ってどんな会社なんだ?」 という問いに答えてくれる良書。
自分で会社をつくりたいと思ってる人はもちろん、サラリーマンとして仕事してる人も一度は読んだ方がいいくらいおすすめ。
あることが実はめちゃくちゃ大事なことなんだってことがよく分かり、意外で面白い。

 

(2)ビジョナリー・カンパニー2

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

ビジョナリー・カンパニー 2 - 飛躍の法則

 

こちらはビジョナリー・カンパニーの続編。
 「良い企業は偉大な企業になれるのか。そして、どうすれば偉大な企業になれるのか。」という問いの答えを解き明かした本。
ここで紹介されている「ストックデールの逆説」を読んで、僕はスリランカの高速バスの中でおしっこが漏れそうな状況を回避できたので、一生忘れられない。

 

(3)アイデアのちから

アイデアのちから

アイデアのちから

 

人の記憶に残り、人を動かすアイデアはどんなアイデアなのかを分かりやすく教えてくれる本。
企画やプレゼンはもちろん、日々の仕事の中でも活かせる考え方が身につく。
同じ作者のスイッチ! 〔新版〕― 「変われない」を変える方法 (ハヤカワ・ノンフィクション)も超絶おすすめです。

 

 (4)起業のリアル 

起業のリアル

起業のリアル

 

ポストホリエモン世代の起業家16人と田原総一朗さんの対談。
なんといってもメンツがすごいんです。
フローレンス駒崎さん、マザーハウス山口さん、e-education税所さんの対談が1冊の本になっている時点で即買いですが、LINE、スタートトゥディ、ユーグレナ、ライフネット生命、リブセンス、Teach For Japanのトップも対談をしててお得感がすごい。

 

(5)世界をよくする仕事で稼ぐ

ファッションを通じた地球貢献活動に取り組む社会的企業、Piece to Peaceの大沢さんの本。
大澤さんの歩んできたキャリアがすごすぎて、衝撃を受けました。
自分はまだまだだな、もっとやらなきゃなって思わせてくれる本。 

 

(6)人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

人を操る禁断の文章術

 

メンタリストDaiGoが教えてくれる文章術の本。
ブロガー、ライターなど文章を仕事にしてる人はもちろん、特にそうでない人も読んでおくといい良書。
このブログに、ゆるキャララプシーちゃんが出てくるようになったのはこの本の影響が大きいです。 

 

(7)ブログ飯

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

 

ブログ界では超有名な本になっている「ブログ飯」。
ブログを本気でやっていきたいならぜひ読んでおきたい1冊。
僕は休みの日の朝に、マックでこの本を読んでめちゃくちゃ勇気づけられました。

 

(8)スターバックス成功物語

スターバックス成功物語

スターバックス成功物語

  • 作者: ハワードシュルツ,ドリー・ジョーンズヤング,Howard Schultz,Dori Jones Yang,小幡照雄,大川修二
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 1998/04/23
  • メディア: 単行本
  • 購入: 12人 クリック: 187回
  • この商品を含むブログ (57件) を見る
 

世界中に店舗があり、今や知らない人がいないカフェ、スターバックス。
そんなスターバックスが生まれた意外な過去を知ることができます。
また従業員と会社の関係についても深く考えさせられる1冊。 

 

(9) 諦める力

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

諦める力?勝てないのは努力が足りないからじゃない

 

陸上のハードルの選手だった、為末さんの本。
「走る哲学者」 の名の通り、本当に深い。
この本を読んでから「あきらめる」ことに対しての価値観がガラッと変わりました。

 

 (10)ワーク・シフト

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

ワーク・シフト ― 孤独と貧困から自由になる働き方の未来図〈2025〉

 

変化が読めない時代の働き方を超具体的に想像させてくれる1冊。 
小説形式に一部なっていて非常に読みやすい。
続編のLIFE SHIFT(ライフ・シフト)も最近出版されたので、これも読んでみたい。

 

まとめ:11月24日までのセール!お早めにどうぞ!

以上、僕がもう一度買っても後悔しないくらいおすすめしたい本を紹介しました。
セールは11月24日までになってます。
ただいきなり終わってしまうこともあるので早めにどうぞ。


ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

私の自伝、誰か買ってくれないかしら!