Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

JRパス廃止。海外在住日本人を冷遇して「観光立国」になれると本気で思ってるの?

F.海外ライフハック F3.裏ワザ・ノウハウ

f:id:kei-lmnop:20161113162100p:plain

ナマステ!
ネパール在住ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。


一昨日、 衝撃的なニュースが飛び込んできました。
外国人観光客&海外在住日本人向けのJR乗り放題切符「ジャパン・レール・パス」。
これを海外在住日本人は買えなくなったんです。

これで「観光立国」を目指してるなんて半ば信じられません。
日本政府は何を考えてるんでしょうか?
マイナンバーの件もそうですが、こうやって海外在住日本人を冷遇して「観光立国」になれると本気で思ってるんでしょうか?

思うところを書いていきます。

 

「ジャパン・レール・パス」とは?

そもそも、この「ジャパン・レール・パス」(通称JRパス)って何なんでしょうか?
これはJRの鉄道、バス、フェリーが乗り放題で乗れるチケットなんです。
新幹線もOK。のぞみ・みずほでなければ乗ることもできます。

 

期間とグリーン車有無によって値段は変わります。
ちなみに一番安い7日間・普通車用おとなのチケットは29,110円。


東京~新大阪間の新幹線代が、普通自由席でも往復27,240円しますからね。
そう考えたら、東京以外も様々な場所を観光するなら、超お得な切符になってます。

 

そんなチケットの購入資格があるのは外国人観光客もしくは海外在住日本人(一部条件有)。


(1)外国から「短期滞在」の入国資格により観光目的で日本を訪れる外国人旅行者
(2)日本国籍をもって日本国外に居住し、下記条件を満たす者
a. その国に永住権をもっている場合
b. 日本国外に居住する外国人と結婚している場合

JAPAN RAIL PASSとは? | ジャパン・レール・パス | JAPAN RAIL PASS

 

この(2)に該当する海外在住日本人ですが、2017年4月からこのチケットを買うことができなくなりました。

 

 

海外在住日本人が買えなくなっても何ら問題ないと思うかもしれません。
でも、これって大問題なんですよ。
特に「観光立国」を目指すなら、弊害でしかありません。

 

海外在住日本人は日本の魅力を発信する「エヴァンジェリスト」

海外在住日本人は、海外で日本の魅力を発信している人たちであり、エヴァンジェリスト(伝道者)です。

実際、海外に来ると日本の魅力を発信する機会がたくさんあります。
留学している人だったら学校で日本についてプレゼンする機会が腐るほどあります。
働いている人なら、同僚を自宅に呼んで、日本食をふるまう機会がたくさんあるでしょう。

 

こういったちゃんとした場でなくても、日常会話の中でも自然と日本について聞かれることはたくさんあります。

 


「日本では何を食べるの?寿司っておいしいの?」
「東京はとても発展していて、すごい都市なんでしょ?」
「日本の漫画って面白いのはなんで?」

 

僕も今ネパールに住んでますが、こんなことをしょっちゅう聞かれます。
何か統計があるわけではありませんが、こういうことがきっかけで日本のことを知り、日本にいつか行ってみたいって思う外国人は結構な数でいるはずです。

 

啓発後、海外在住日本人は一緒にガイドする役目も自然と担っている

そうやって日本の魅力を啓発した後、本気で日本に来ることを考える外国人が出てきます。
でも、日本って英語は通じません。
だから行ってみたいけど、ちょっと自力で観光するのは難しいって外国人の人は思うわけです。

 

そんなときに海外在住日本人はまたしても登場します。
駐在を終えて、日本に帰国したとき、もしくは一時帰国の時に外国人の友達と一緒に観光して、日本をガイドすることができます。

 

僕も大学時代、1年間オーストラリアに留学しました。
そして僕が帰国した直後、友達が早速日本に遊びに来てくれましたね。
その友達はこうも英語が通じないのかとびっくりしてました。そして、僕が一緒に回ってくれたから本当に助かったと。

 

こんな風に一緒に観光するときに、外国人の友達だけJRパスがあって、日本人になかったらどうなりますか?
JRパスの分を全部普通に切符を買ってたらとんでもない額になるでしょう。
そうなると、一緒に帯同するのって難しい。帯同できなかったら日本を楽しんでもらえなくなります。

JRパスで国際結婚してる家族の仲を分断する気なの?

外国人は買えて、日本人は買えない。
こうなると困るのは海外に住んでいて、国際結婚した日本人。
配偶者と子どもたちはJRパスがあるのに、自分だけ買えないっていう場合も頻発するでしょう。


家族の中で1人だけフリーパスがなかったら超肩身狭いですね。
そうなったら配偶者と子どももJRパスを買わないって選択を取るんじゃないでしょうか。
そして、本当はいろいろ周りたかったけど、東京だけ観光っていう選択を取るんじゃないでしょうか?


様々な観光名所に落ちるはずのお金が落ちなくなりますね。
これで本当に「観光立国」を目指すんですか?
一体、何がしたいんですかね?

 

JRパスは、海外在住日本人が日本の魅力を再発見する機会もつくっていた

外国人観光客を連れてこなかったとしても、JRパスがあれば海外在住日本人は日本を旅するインセンティブになります。
そうすれば、お金が日本に落ちるだけでなく、日本の魅力を再発見する機会にもなります。
その結果、海外に戻って、日本の魅力を啓発してくれる伝道師になってくれるかもしれません。

ネパールにいる今、僕は日本に9か月後に帰ります。
2年ぶりの日本。旅したい、行きたい場所がたくさんあります。
同じことを思ってる海外在住者はたくさんいるでしょう。

 

なのに、JRパスが使えない。
お金も日本に落ちないし、日本の魅力も再発見できない。
これは大きな損失ですね。

 

海外に住んでるからって日本が嫌いなわけじゃない。むしろ日本在住者より好きだよ

海外在住日本人はマイナンバーがないと銀行口座を新しく開けられないとか、そういった一連のマイナンバー問題でも思ったこと。

 

それは、「海外在住日本人を冷遇しすぎじゃない?」ってこと。
海外に住んでる人って、日本が嫌いなわけじゃない。
むしろ、海外にいると日本の良さがよく分かるから好きな人は多いんじゃないだろうか。

 

オーストラリアに住んでいた時も、ネパールに住む今も、僕は日本が好きですよ。
何なら、日本に住んでる人より、日本のことが好きな自信があります。


今後も日本に長く住むつもりはないですが、それは日本が嫌いだからじゃない。
むしろ、日本のことをどんどん好きになっていくでしょう。

 

そんな大好きな国だから、たくさんの外国の人に日本に来てほしいと僕は思ってます。
日本っていう数え切れないくらい魅力がある国を堪能して帰ってほしい。
だから微力ながらも日本の良さも発信してきたし。

 

本気で「観光立国」を目指すなら、海外に飛び出す日本人を後押しするような取り組みが必要です

本気で日本が「観光立国」を目指すにあたって必要なこと。
それはおもてなしを極めることでも、無料Wifiを設置することでもない。
本当に必要なのは、海外に飛び出す日本人を後押しする取り組みです。


海外にいる日本人は伝道師です。
観光立国に必要な外国人観光客をもたらすだけでなく、ガイドもやってくれて快適な観光を自然とサポートしてくれる存在です。
そして日本に帰ってきた後は、海外で自分が外国人として観光した経験を、訪日外国人にとって本当に観光のしやすい国にするための力に還元してくれます。


なのに、マイナンバーといい、JRパスの使用不可といい、冷遇してどうするんですか?

 

日本政府やJRのお偉い方々。
お願いだから再考してください。

 

ちなみに「観光立国」といえばこの本が超おすすめです。

次は⇒デービッド・アトキンソン「新・観光立国論」の3つのポイント!要約まとめ!