Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

【Vol.4】勤続9年で退職して陶芸の道へ!「好きなことで生きていく」を証明したい20代女性を「無責任に」応援してみた

C3.無責任な応援シリーズ

f:id:kei-lmnop:20160911172217p:plain

ナマステ!
ネパール在住・無責任応援ブロガーのKei(@Kei_LMNOP)です。

応援なんて「無責任」でいい。
そんな「無責任な応援」が僕らを前に進ませてくれる。

www.keikawakita.com

それをもっとたくさんの人に伝えたい。
僕自身が実践したい。
そんな想いで始めた「無責任な応援」シリーズの第4弾。

今回は脱サラして陶芸の道で食べていきたい20代女性を応援してみました。

 

相談内容:9年勤めた会社を辞めて陶芸を仕事にしたい

相談者さんは9年勤めた会社を辞めて陶芸で食べていきたい20代女性の方。
相談内容はこちら!

 


私は陶芸と出会ってから「これを仕事にしたい」と思い、9年勤めた会社を辞めました。そして今は通信制の大学で陶芸の勉強をしています。

辞める時、陶芸教室の先生から「陶芸で食っていくのは難しい」と言われました。でも、私なりのやり方で何とかしたい!と思っていて。
そしてそんな生き方が、「好きなことをして生きていきたい」と思っている人の後押しになればいいなと思ってるんです。


だけどふと、一人で今の状況を考えていると、急に不安になることがあります。
大学には、私なんかよりずっと上手い人たちがいるのに、「ほんとに私なんかにできるんだろうか」って。
「でもとにかく前を見るしかない」って自分で自分を奮い立たせてます。


そんな私なので、Keiさんに応援して頂けたらもっと頑張れるんじゃないかと思ってます。
よろしくお願いします!

 

早速、「無責任に」応援させてもらいます。

 

ずっと働いていた会社を辞めてまで、打ち込みたいと思える陶芸に出会えたあなたは超幸せ者です

9年間もの長いお勤め、お疲れ様でした。
そしておめでとうございます。
陶芸という心から熱中できるものに出会えた時点で、あなたは超幸せ者です。

 

この世の中に、「本当にやりたいことが分からない」とか「夢がない」って悩んでる人がどれだけいることか。
そして、結局それが分からずにそのまま死んでいく人たちがどれだけいるか。
そう考えたら、あなたはめちゃくちゃハッピーですね。

 

しかも、ずっと勤めていた会社を辞めてまで打ち込みたいもの。
最高じゃないですか。
人生の中で最高の喜びの1つって、心の底から自分が情熱をかけてやりたいと思えることに出会えることだと思うんです。

 

なので、まずはその陶芸という宝物をどうか大切にしながら、生きていってほしいと思います。

 

「好きなことをして生きていきたい」を背中を押したい。女性なのに、その男気に感動しました

そして、あなたの素晴らしいところは、その生き方です。
好きなことを使って、他の人のためになろうとしている。
なんですか、そのかっこよさは!

 

女性なのに、その溢れんばかりの男気。
世の男どもに見せつけてやってほしいくらいです。
僕も大いに反省しました。見習わせてください。

 

真面目に語ると、本当に感動しました。
「好きなことで生きていきたい」って誰もが思う「本音」の部分だと思うんです。
でも、そう世の中は甘くないから、今ある仕事を頑張らなきゃっていう「建前」の部分もあって。

 

きっとその「本音」と「建前」のギャップで悩んでる人ってたくさんいると思います。
そのギャップをどうやったらなくせるのか、あなたなりの生き方を見せてください。
陶芸という大好きなことで、どうやって生きていくのかをぜひ見せてください。

 

そのあなたの生き方に勇気をもらい、背中を自然と押してもらう人がたくさん出てくるはずですよ。

 

やりたいけど怖いと思うことは、心の奥底から「やりたい!」と感じているもの

でもやっぱり不安ですよね。
ましてや、自分よりも腕がある人たちが大学にたくさんいるとなるそりゃ不安を感じるでしょう。
むしろそういう怖さを感じないほうがおかしいです。

でも、やりたいけど怖さを感じることって、本物なんです。
本当に心の奥底から「やりたい!」って感じてるから怖さを感じるんです。

 

やりたいけれど、怖いと思っていることは、ライフワークに近いことです。
ただ、それをやると、まわりから批判されたり、だれかを傷つける恐れがあるので、やらないようにしようと思っているのです。
でも、あなたの心の奥底では、「やりたい!」と感じているものです。

 

本田健「ライフワーク」で豊かに生きる

 

今やろうとしていることは、間違いなくあなたが本当にやりたいこと。
だから自信をもって、熱中してください。

 

ガンガン弱音を吐いちゃえばいい。弱いところを見せられる人は自然と応援してくれる人が集まる

とはいってもやっぱり不安は不安ですよね。
そんなときは、その不安な気持ちをガンガン吐き出しましょう。
自分が不安を感じているという弱い部分も見せましょう。

その「弱い部分」があなたの周りに自然と人を引き寄せてくれます。

人と人が「つながれる」要素は、「お互いの弱い部分への共感」が大きな要因なんだ。
だったら、それを最初から見せたほうがいいんだ。

丸尾孝俊「大富豪アニキの教え」

 

そして、あなたの「弱い部分」に引き寄せられた人たちはあなたに共感し、自然と応援してくれるようになるはずです。
しかもあなたは「好きなことで生きていく」っていうことをみんなのために、証明しようとしてくれている。
そんな素敵な人に、応援してくれる人が集まらないわけがない。

 

ぜひ等身大の自分、ありのままの自分、弱音を吐く自分を見せてください。
僕は「無責任に」応援しています。

 

相談者さんのブログ&おすすめ記事はこちら!

今回の相談者さんはブログをされています。
「好きなことで生きていく」を実践する中でのリアルな声を綴っています。
素敵。このブログを見て、背中を押される人はたくさんいるだろうな。

 

1度読み始めたら、何記事も読んじゃうこと間違いなし。
ぜひ騙されたと思って読んでみてください。
なんと作品を販売開始されました!すごい行動力と勇気!

www.yukigao.com

 

心を打つ記事がいくつもあるので、すっかり僕も大ファンになってしまいました。
「無責任」でいいので、ぜひ応援を宜しくお願いします!

 

「無責任に」応援されたい人!大募集してます!

こんな感じで「無責任に」応援されたい人って世の中にまだたくさんいる気がします。
ってことで、僕が「無責任に」応援しますよ!

 

ネパールに住んでる会ったこともない日本人。
だからこそ、気軽に相談できると思うんですよね。
もちろん、無料でやりますよ!ぜひ軽い気持ちでメールくださいな。

 

 

そもそも、応援なんて無責任な感じがちょうどいいんですよ。
「なんで?」って思ったあなたはまずはこちらの記事をどうぞ。

 

次は⇒【Vol.1】夢を実現させたい人応援サイトの立ち上げを「無責任に」応援してみた