僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

【満員御礼!募集終了】「読まれないブログ」は卒業しよう。青年海外協力隊ブログサロンのメンバー大募集!

f:id:kei-lmnop:20160730130255p:plain

 

ナマステ!

青年海外協力隊でブログをやっている人へ。

ぶっちゃけ、あなたのブログは読まれてますか?
頑張って書いて記事も更新してるのに、アクセスは1日100回未満とかなってないですか?
どうぜ書くなら、もっとたくさんの人に読まれたくないですか?

そんな青年海外協力隊ブロガー向けにオンラインサロンを始めることにしました。
題して「青年海外協力隊ブログ部」!
もちろん、参加費は無料です。

どんなサロンなのか、無料なのになんでサロンを始めるのか。 
1つずつ紹介していきます。

青年海外協力隊ブログには物凄いポテンシャルがある

青年海外協力隊が書くブログ。
そのブログには物凄いポテンシャルがあると僕は思っています。

日本人がほぼいない途上国の辺境に、2年もガッツリ住む日本人なんてほぼいません。
それだけでも物凄い希少性があるのに、現地の人と一緒に活動をする体験も超レア。
そして、ただレアなだけでなく、そこにはちゃんと需要があります。

自分が活動している国のことを、ブログという形で日本に向けて発信すること。
これはまさに青年海外協力隊の事業目的にも合致してますよね。

さらに、途上国で2年間を過ごすという選択をした「生き方」もめちゃ面白い。

「生き方」はブログを書く上で、最強のコンテンツです。
ブログ界の巨匠、イケダハヤトさんもこんなこと言ってます。

面白い文章が書きたければ、自分が面白くならないといけません。
面白い生き方をすれば、あなたの文章能力が低かろうが、あなたのブログは読まれます。

まだ東京で消耗してるの?「サラリーマンブロガーの記事が超つまらない理由」

 

何1つ不自由もない日本での生活から、不便で大変な途上国に2年も住む。
そのあなたの生き方には、ストーリー性があり、たくさんの人を惹きつける魅力があります。

でも、残念ながらほとんどのブログがそのポテンシャルを活かしきれていない

途上国2年住み、現地人と一緒に活動をする「希少性」。
そしてその道を選んだ普通とは違う「生き方」。
読まれるブログになる要素は揃っているのに、現状は読まれているブログはほぼない。

それぞれのブログの、明確なアクセス回数は調べられません。
なので、1つの指標として様々なブログが集まる「にほんブログ村」で比較します。

 

海外生活カテゴリー1位   :Inポイント10140、Outポイント12870
青年海外協力隊カテゴリー1位:Inポイント513、Outポイント1647
⇒青年海外協力隊1位は海外生活カテゴリーのトップ100にも入っていない

※2016年7月29日現在

 

海外生活という大カテゴリーの中に、青年海外協力隊カテゴリーがある。
それでも、協力隊1位のブログでさえ、海外生活のトップ100にも入っていない。

にほんブログ村のポイントは、バナーがクリックされた回数がもとになっている。
なので、正確なアクセス回数とはいえないが、それでもこの差はなんだ…。

僕も、1日のアクセスがたった20の日々があった

そんな「読まれないブログ」になってしまっている協力隊ブログ。
僕も始めた当初は全く読まれない日々が続きました。

ブログを一生懸命書いている。
なのに全然読まれない。
1日のアクセスはたったの20。

これは何を隠そう僕のことです。

2014年10月。ブログを始めて2ヶ月目のときに書いた日記がこんな感じ。

渾身の記事を書いたつもり。
でもやっぱりPVは20前後。 

今でこそ、月に約8万回、1日に2500回前後のアクセスがあります。
でも、ブログを始めたばっかの頃はこんな感じだったんです。

一生懸命書いたブログが読まれないと、本当に辛い。
これがあまりにも続くと、段々書く気が失せてきます。
そして、最終的にブログの更新が止まります。

ブログで一番大事なことは「書き続けること」

青年海外協力隊のブログって本当に読まれるブログになる可能性がある。
なのに、現状はほとんどが「読まれないブログ」になっている。
読まれないので書く意欲が消えていき、存在すらしなくなっていく。

こんな悲惨な状態になってしまっている現状。
本当にもったいない。
じゃあ、これを変えるためには何をしたらいいのか?

一番大事なことは「書き続けること」。

これはブログに限らず、人生において大事なことですが、続けることが基本。
打席に立ち続けない人は、いつまで経ってもヒットを打てるようにはならない。
それと同じで「読まれるブログ」にするためには書き続けることが大前提。

だから「青年海外協力隊ブログ部」は書き続けるために必要なものを提供していきます。

魅力①:「読まれるブログ」にするノウハウをシェア!

自分のブログを読んでくれる人がいる。
それは間違いなく、ブログを書き続ける理由になります。

そこで、「読まれるブログ」にするノウハウをシェアしていきます。

具体的にはこんなノウハウを紹介していきます。 

 

 ・ブログが読まれるようになる仕組みの作り方
・読まれるブログの基本の2つの型
・任国を紹介する記事が読まれるようになるたった1つのコツ
・協力隊の活動だけを書いているブログが読まれない理由
・ブログがSNSなどでシェアされやすくなるコツ
・協力隊の活動を読んでもらえる記事にするコツ

 

ここは僕が役に立てる分野なので、基本的に僕がメインでシェアします。
でも、僕だけでなく、参加メンバー全員がお互いにノウハウを共有していく場にしていきます。

正直、アクセスアップのノウハウは、ググればそこら中に転がっています。
でも、青年海外協力隊という立場で書かれたノウハウはほぼありません。

だからこそ、僕が持っているノウハウをシェアしていきます。

魅力②: 共に頑張る仲間がいる!連動企画もやるよ!

一緒に頑張る仲間がいると、物事って続けられます。
2年間の活動を頑張ろうと思えるのは、訓練所で出会った仲間がいるからって人も多いはず。

そこで、このサロンでもあなたと同じようにブログをやっている、協力隊ブロガーと積極的に交流できる場にしていきます。

記事を書いたら、自分の記事をサロン内で紹介する。
それに対して、誰かがコメントや感想を書いてくれる。
面白ければ、SNSでシェアをしてくれる。

そんな場にしていければ、ブログを書くのが一気に楽しくなります。

そして、同じ協力隊ならではの強みを活かして、連動企画なんかやっちゃいましょう!
例えば、こんな企画なんかやったら面白いですね。

・ポケモンGO!を任国でやってみた
・任国で食べれるうまい日本食決定戦
・ホームシックになったときに私がやること

こんな風に連動できたら楽しいだろうな~。

魅力③:活動の悩みも共有できる場を用意します!

ブログを書き続けることは大事。
でも、僕ら協力隊にとって一番大事なのは、紛れもなく任国での活動です。

この活動を行なうからこそ、僕らが税金を使って2年を海外で過ごすことが許されています。
そして、活動がうまくいかないと、ブログもなかなか書く気が起きなくなります。

だからこそ、このサロンではブログだけじゃなくて、活動の悩みも共有できる場にしていきます。

例えば収入向上で加工食品をつくっているから、こんな人を紹介してほしい。
配属先と喧嘩して孤立してるから、配属先と良い関係を構築するコツを教えてほしい。

こんな風に、活動に関する悩みも打開できる場にしていきたいと思います。

あの協力隊ブロガーたちもサロンのメンバーです

楽しいこと間違いなしのサロンですが、もうすでに入るのは僕だけじゃないんです。
このサロンには、僕以外の協力隊ブロガーたちも参加してくれています。

まずは「ルワンダノオト」のタケダノリヒロさん!

xn--rck1ae0dua7lwa.com

そして、「会計士、アフリカへ行く。」の根本晃さん!

hinemoto1231.com

そして、「東京OLアフリカへ」のさっちゃんさん!

blog.livedoor.jp

 

面白い記事書いてるので、きっと1度はブログを読んだことがあると思います。
この3名も参加してくれるなんて激熱!

「読まれるブログ」になって僕に起きたこと 

どうですか?面白そうですよね?
こんな風に、ブログを楽しみながら書き続け、最終的には「読まれるブログ」になるようにサポートしていきます。

ちなみに「読まれるブログ」になってから、僕にはこんなことが起きました。

 

 

ネパールにいるのに「会いたい」と言ってくれる人がいるのがマジで嬉しい。
そしてありがたいことに、日本食を持ってきてくれるんですよ(涙)
1回、こんな記事を書いたら、ほとんどのものを買ってきてくれたことがありました。

本当に感動しました。

www.keikawakita.com 

 

「読まれるブログ」を書いていて本当によかった。

自分の時間を割いてまで、無料でこのサロンを始める理由

「青年海外協力隊ブログ部」の魅力、そして「読まれるブログ」の魅力を分かっていただけたと思います。
僕はこのサロンの運営に本気です。

自分のブログに回す時間を思いっきり割いて、全力で応援します。
しかも無料で。

なんで、自分の時間を割いてまで、無料でこんなエネルギーのかかることをやるのか。

それは、ブログが読まれる喜びをあなたにも味わってほしいから。
そして、ブログによって起こる奇跡のような出来事を体験してほしいから。

ブログをやってよかったと思うことは何度もあります。
でもやらなきゃよかったと思うことは一度もありません。

確かに、ブログを書き続けるのって大変です。
更新し続けるのも大変だし、渾身の記事が読まれないとマジでイライラします。

でも、それ以上に、自分のブログを読んでくれる人が現れること。
自分のブログに対して感想や応援メッセージを送ってくれる人ができること。
そして、自分に会いに来てくれる人がいること。

こんなに嬉しいことってなかなかないです。
この喜びを本当に味わってほしい。
だからこそ、今回自分時間を割いてまでやることにしました。

サロンに来てほしい人&こんな人にはおすすめしない!

この「青年海外協力隊ブログ部」にはこんな人に来てほしいと思ってます。

 

<来てほしい人>(応募資格)
・現役の青年海外協力隊(訓練前・訓練中の派遣候補生含む)

・今、ブログをやっている人
・Facebookアカウントを持っている人(Facebookグループ活用のため)
・ブログに対して本気な人

 

反対にこんな人にはおすすめできません。

 

 <こんな人にはおすすめできない>
・現役の青年海外協力隊じゃない
・「ブログをもっと読まれるようにしたい」と思わない
・ブログに対して本気になれない

 

 

僕も本気でやるので、本気の人に来てほしいです。

先着5名限定!申し込みはこちらのフォームから!

このサロンは、濃密な空間にしたいので、参加者を限定させていただきます。
また初めての試みなので、小さくスタートします。
そして、好評であればもう少し拡大していければと思います。

よって、先着5名とさせていただきます。

「読まれるブログ」を作りたい方は、こちらのフォームから申し込みをお願いします。

 

 

ご質問等はこちらからお問い合わせください。

 

www.keikawakita.com

 

では申し込み、お待ちしてます!

 

 

※このオンラインサロンは青年海外協力隊有志による活動です