僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

仕事が楽しくないのは、他の誰でもない「あなた」のせいです

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160519103637j:plain

ナマステ! 仕事が楽しくないっていう悩みを抱えている人って多そうですね。 上司と合わないとか、会社があれこれしてくれないとか色々聞きます。 僕もサラリーマン時代に散々そういうの聞いてきました。

でも、仕事が楽しくないのって他の誰でもない「あなた」のせいなんです。

仕事が楽しくない人、仕事を楽しいって思えるようになりたい人、必見です。

「仕事がある」ってこと自体が超幸せなことですよ

まず大前提として。 「仕事が楽しい・楽しくない」なんて言えること自体、まず超幸せなことです。

f:id:kei-lmnop:20160519103656j:plain

仕事が楽しいとか楽しくないとか言えるのは、「仕事がある」からです。 仕事がなかったら楽しい・楽しくないなんて言えません。

ここネパールでは仕事がない人がたくさんいます。 そんな彼らは仕事がないことを嘆いて悲壮感が…全くなかったです。 仕事がなくても毎日楽しそうにしてます。

でも真面目な話、僕が活動している村でも仕事がなくて海外に出稼ぎに行くお父さんが続出。 それだけ、ネパールでは仕事がないんです。

それと「仕事がある」っていうのは、誰かから必要とされてるってことですよ。

大反響をいただいたこの記事でも書いてますが、僕は「仕事がない」状態です。

www.keikawakita.com

遠い日本からネパールに来たのにも関わらず。 仕事がない事に関して何が一番苦しいか。 それは「誰からも必要とされていないんじゃないか」っていう感覚を抱いちゃうことです。

リストラされた人や就活失敗した大学生が自殺しちゃうのは、この「必要とされない感」が強いんじゃないかと思います。

だから、「仕事が楽しい・楽しくない」って思う前に、まず「仕事がある」っていうことに幸せを感じましょう。

仕事が楽しくないのは他でもない「自分」のせい

まあそれでも、やっぱり仕事が楽しくないって大きな悩みですね。 そして、仕事は楽しい方が絶対にいいです。 でも、もし仕事が楽しくないなら、それは「あなた」のせいですよ。 100%あなたのせいです。

f:id:kei-lmnop:20160519103731j:plain

上司がうざいから? 同僚と合わないから? 部下が使えないから? やりたい仕事をやらせてもらえないから?

いくらでも理由はありますが、突き詰めれば結局は全部「あなた」のせいです。 だってその環境を選んでいるのは「あなた」だから。

そもそも、仕事に対してあなたに払われるのは、「お金」。 あなたが仕事をやる代わりに、対価としてもらっているのは「お金」なんです。 「楽しさ」じゃないんです。

会社や上司があなたに「楽しさ」を提供する義務なんてない。 ってことは、どうするか。 仕事は自分で楽しくするしかないんです。

だから、仕事が楽しくないんだったら、それは「あなた」のせいなんです。

仕事が楽しくなる方法:自ら仕掛けること

じゃあどうやって仕事を楽しくするんだって話です。 それは仕事に対して、「自分から仕掛けること」です。

LINEの社長をしていた森川さんも著書の中でこんな言葉を言っています。

仕事は与えられるものではなく、自分でつくり出すもの──
これこそ、仕事において根源的に重要なことです。
「受け身」でいる限り、イヤな仕事が集まるだけ。
それよりも、自分から仕掛けたほうが絶対にいい。
はじめは小さくてもいいからやりたいことをやってみる。
そのために勉強をして、結果を出していれば、必ずやりたい仕事は手に入る。
そして、人生が拓けていくと思うのです。

森川亮「シンプルに考える」

「仕事は与えられるものではなく、自分でつくり出すもの」。 この言葉が、仕事がない今の僕を支えています。 そして、仕事をつくり出すために、ガンガン自分から仕掛けていってます。

www.keikawakita.com

だから仕事を誰かから与えられてなくても、全然楽しいです。 それは「やらされ感」が一切ないから。 自分で考えて、動いて、もがいて結果を出すっていう喜びは何事にも代えがたいもの。

そして、仕事と同じように、「楽しさ」も自分でつくり出すものです。 やらなきゃいけない仕事の中でも、自分で考え、工夫すれば楽しくなります。

僕もサラリーマン時代に、ある仕事で大失敗を犯したことがありました。 それこそ職場で大泣きするくらいの大失敗です。

翌年、また同じ仕事を担当する機会が来ました。 今度はどうすれば結果が出せるか、自分なりに考えて工夫して自分から仕掛けました。 そうしたらちゃんと結果も出せて、「楽しい」って思えました。

もう1回、言います。「楽しさ」は自分でつくり出すものです。

ちなみに、この森川さんの「シンプルに考える」って本、本当にすばらしいので超おすすめです。

www.keikawakita.com

それでも楽しくないなら、「環境」を変えよう

自分で仕掛けて仕事をしている。120%で努力もしている。 それでも、仕事が楽しくない。 根本的にその職種が自分に合わなかったりってこともあると思います。

そういうときは、思い切って「環境」を変えればいい。

違う職種に変更したくても「会社員だからそんなの無理だよ」って言うかもしれません。 異動を希望したくても「会社の言うことは絶対だよ」って思うかもしれません。 でもそれで自分を納得させられるなら、結局はその程度の欲求ってことでしょう。

自分の力が発揮できないような環境で働き続けることほど無駄なことはないです。 自分にとってもはもちろん、会社にとっても、社会にとっても無駄です。 そもそも、今やってる仕事が自分に合ってない確率の方が高いんだから。

「夢をかなえるゾウ」の中で、神様ガネーシャもこんなことを言っています。

ホンマ自分がワクワクできて自分の持ってる力一番発揮できる仕事、探さんといかんねん。
そんなもん、死ぬ気で探さんといかんねん。
自分が『これや!』って思える仕事見つけたら、あとはそれやるだけやん。
ひたすら楽しみながら頑張るだけやん。
でも、九九パーセントのやつらが、『これや!』に出会えてへんねん。

水野敬也「夢をかなえるゾウ」

仕事を楽しくするのは、他の誰でもない「自分」です。 その自分を変えるためにいくら努力しても、楽しくならない。 なら、もう「環境」を変えましょう。

きっと、今の仕事が「これや!」じゃないんです。 「これや!」を探すために環境を変えましょう。

楽しくないのは「あなた」のせい。だからこそ、あなた次第で楽しくできる

f:id:kei-lmnop:20160519103901j:plain

仕事が楽しくないのは「あなた」のせいです。 でも、仕事を楽しくするのも「あなた」です。

会社や上司じゃ、あなたの仕事を楽しくするのは無理です。 それは良いことですよ。だって自分次第で仕事を楽しくできるんですから。

仕事があることに感謝しつつ、まずは目の前の仕事を頑張ってみましょう。 自分から仕掛ける意識を持ちながら仕事をすれば、結果も出ます。 結果が出れば、大抵の仕事は楽しくなります。

それでも仕事が楽しくならないなら、思い切って環境を変えましょう。 そもそも、99%の人が自分にとって「これや!」って仕事を見つけられてないのだから。 あなたも99%のうちの1人である確率の方が高いです。

仕事も楽しさも、他の誰でもない「自分」がつくり出すもの。