僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

留学直前!準備で忙しい友達にやったら喜ばれること5選(プレゼント以外)

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160517233636j:plain

ナマステ! 友達が留学に行ってしまう場合、しばらく会うことができません。 頑張ってほしいという想いを込めて、プレゼントをあげる人も多いと思います。

僕も留学経験があるのでプレゼントをもらったときは本当に嬉しかった。 なのでぜひプレゼントをあげてください。

でもこんな人もいるかもしれません。 「プレゼント以外にもなんかしてあげたい!でも忙しいだろうし何をしたらいいか分からない…」 すばらしい。留学に行ってしまう友達も幸せですね。

そんな心優しきあなたのために、留学直前の友達にやってあげたら喜ばれることを紹介します。

送別会を開いてくれる

f:id:kei-lmnop:20160517233536j:plain

定番ですが、送別会はめっちゃ嬉しいです。 いろんな人が集まって、自分の出発を後押ししてくれる。 これはどんなに準備で忙しくても、行きたくなります。

僕自身、やっぱり送別会はやってもらって嬉しかった。 特に社会人になると、集まることでさえそんなに簡単なことではない。 そう考えると、来てくれたことだけでも感謝したくなります。

プレゼントを渡すにもぴったりですね。 比較的人数がいれば、ちょっと高価なプレゼントも買いやすいです。

一緒に旅行に行ってくれる

f:id:kei-lmnop:20160517233552j:plain

お次はこちら。一緒に旅行に行けるのも嬉しいです。 「準備が忙しいから時間ないんじゃないの?」って思うかもしれません。 確かに数日間の旅行となるとちょっと難しい。

でも1泊2日とか、日帰りなら全然大丈夫。行けちゃいます。 例えば、日帰りで温泉に行く、ディズニーやUSJに行くなんかいいですね。 冬ならスキーやスノボ、夏ならキャンプに行くとかもナイスアイデアです。

会えない時間がある分、思いっきり遊んで寂しさを紛らわせましょう。

晩御飯に連れて行って、好物をおごってあげる

f:id:kei-lmnop:20160517233608j:plain

送別会を開くのも難しいし、旅行に行くのも厳しい。 そんな場合は、晩御飯に連れて行って、好物をおごってあげましょう

出発前はずっと食べてきた日本の美味しい食べ物が食べられなくなります。 なので、好みの食べ物を聞いて、それをごちそうしてあげましょう。

男同士ならラーメンとかいいですね。 1杯のラーメンなら1000円もしないですし、ラーメンはとにかく恋しくなります。

女の子ならケーキとかスイーツ系をごちそうするのがいいかと思います。 日本のスイーツはマジでハイレベル。繊細な味は日本でしか食べれません。 海外のケーキとかは激甘で食べた後に胃がムカムカしますから。

留学の準備の買い物に付き合ってくれる

f:id:kei-lmnop:20160517233625j:plain

地味に嬉しいのはこれ。 留学の準備の買い物に付き合ってくれることです。

留学の準備って意外と大変というかめんどくさい。 いろんなお店を行ったりしないといけない。

例えば、コンセントの変換プラグを買いに家電量販店に行く。 その後、ホストファミリーへのお土産を買いに100円ショップに行く。 その後、ヒートテックを買いにユニクロに行く。などなど。

1人で行っても面白くないです。 でも、友達が付き合ってくれたら、めんどくさい買い物も全然楽しくなります。

買い物するときに色々相談できるのもありがたいですね。 ちょっと高い物とかは誰かに相談しながら買いたいですからね。

空港までお見送りに来てくれる

f:id:kei-lmnop:20160517233636j:plain

最後はこれ。本当に嬉しいのはこれです。 空港までお見送りに来てくれることです。

留学に行く前って怖いし、心配だし、不安。 もちろん自分で選んだことなんだけど、それでもそういうネガティブな気持ちになります。

だって明日から日本とは全然違う国に住むんですよ! そりゃ怖いし、不安に決まってるじゃないですか。 まあ、当時の僕はそれでもビビり過ぎでしたが…

留学が不安で怖い?到着すればすぐ笑えるようになるから大丈夫

この時の僕ほどビビってる人はなかなかいないはず。 でも、少なからず誰しもが不安や心配といった気持ちがあります。 そんなとき、空港まで見送りに来てくれる友達がいたら心強い。

そして、このお見送りってなかなか頼みづらいです。 何せ、成田空港ってクソ遠いですからね。 遠いだけじゃなくて金もめっちゃかかります。

僕の地元の神奈川県民からしたら成田はできれば行きたくないですから。 そう考えたら「お見送り行くよ!」って言ってくれる友達がいたら本当に嬉しいです。

そして贅沢なお願いだけど、もしお見送りに行くなら、できれば最寄駅から来てほしいです。 留学行く前ってとにかく荷物が多い。 荷物が多いと、移動するのって大変なんです。

そんなときに手が空いている人が1人いるだけで全然違います。 マジでありがたいです。

留学中も連絡をくれるのが一番嬉しい

f:id:kei-lmnop:20160517233739j:plain

ここまで留学の出発前に友達にやってあげたら喜んでもらえることを紹介しました。 今まで紹介してきた5つのことはすべて喜んでもらえます。 留学を経験した僕自身が、やってもらえたら嬉しいことを並べているので。

でも一番嬉しいのは、留学中に連絡をくれること。 「留学前」という括りには入りませんが、どうしてもここに入れたかったんです。

それは、留学中って精神的にしんどいことが多いからです。

英語だって最初は全然分かんないから、授業にもなかなかついていけない。 文化も違うから生活面でも戸惑うこともたくさんある。 あと美味しい日本食もなかなか食べれないから、慣れない食生活になる。

だから結構しんどいんですよね。思ったよりも精神的に来ます。 そんなときに日本の友達が連絡をくれたら、僕はめっちゃ元気になりました。

「ああ、また頑張ろう!」って思えるんですよね。 っていうのも、海を越えた日本に、自分のことを応援してくれている人がいる。 このことが本当にエネルギーをくれます。

なので、Skypeやメールでもいいですし、面倒でなければ手紙を送るのでもいいです。 留学中でも、ふと友達のことを思い出したら、連絡を取りましょう。

まとめ

留学直前の友達にやってあげたら喜ばれることを紹介しました。

送別会を開く、旅行に行く、好物をごちそうする、一緒に買い物に行く、空港までお見送りに来る。 どれもやってもらえたら嬉しいですが、一番嬉しいのは、留学中に連絡をくれること。 ふと留学中の友達を思い出して、連絡を取ってみてください。