Amazonのほしい物リストの作成方法と知らなきゃマズいこと

f:id:kei-lmnop:20160521074715j:plain

ナマステ!
もうすぐ誕生日ということで、プレゼントが欲しい…。
そんなときに便利なのがAmazon(アマゾン)のほしい物リスト

ってことで、思い切ってつくってみたんですが、ネパールにいる僕にとっては悲しい現実となりました…。
海外在住者の皆さんも知っておいたほうがいいので、失敗を共有します。

きっかけは協力隊の先輩ブログ

そもそもAmazonのほしい物リストなんて知らなかったんです。
でも、知ったのは青年海外協力隊の先輩ブロガー、宮崎さんの記事を見てです。

Amazonのほしい物リストをブログで公開したらプレゼントが届いた!スーさんありがとうございます。 | JIBURi.com

このほかにもプレゼントがめっちゃ来たみたいで、素直に羨ましくなりました(笑)
ということで、僕もやってみようと思ったんですね。

ほしい物リストの作成方法

じゃあ早速作ってみようということで、やり方を紹介します。
まずはAmazonに入ってください。

http://www.amazon.co.jp/

その後、一番右の「ほしい物リスト」の中の「ほしい物リストを作成する」をクリック。
f:id:kei-lmnop:20160521074714j:plain

そうするとこんな画面に飛ぶので、オレンジのボタンをクリック。
f:id:kei-lmnop:20160521074715j:plain

リストの名前を決めてください。
f:id:kei-lmnop:20160521074716j:plain

リストは公開するか、リンクをシェアするか、非公開にするかを選べます。
公開は検索すれば誰でもリストを見られるようになるので、見知らぬ人からもプレゼントが来ます。
ただ、本名・住所など個人情報保護のために設定が必要なので、またこの記事の下を見てください。
リンクのシェアは友達とかに教える場合、非公開は自分だけで確認する場合ですね。
f:id:kei-lmnop:20160521074717j:plain

ここまででリスト自体はできちゃいます。
あとは欲しい商品を検索してクリックするだけです。
f:id:kei-lmnop:20160521074724j:plain

するとこんな画面が出てきます。
f:id:kei-lmnop:20160521074719j:plain

これで簡単にできちゃいます。

ブロガー必見!本名・住所を隠す方法

先程ちょっと書きましたが、リストを公開にする場合は要注意です。
本名・住所は隠す設定をしないとネット上で丸見えの状態になっちゃいます。
隠し方はこのブログが分かりやすいのでご参照ください。

Amazonのほしい物リストで本名を公開せずに(匿名で)ギフトを受け取る方法 – でこにく

電子書籍・音楽・ゲームアプリはもらえない!

そんなこんなで僕もほしい物リストを作りました。
「これで僕もブログで公開すれば、どんどんプレゼントがもらえる…ニヤニヤ」なんて考えてました。
でも今ネパールにいる僕にとっては、物は送ってもらってもしょうがないわけです。

どうしようと思っていたら幸いにも、Kindleの電子書籍で欲しい本がたくさんあるので、それを載せようと思いました。
そんな感じでぽちぽちリストに追加していたんですが、問題発生。
リストを見に行くとこんな表示が…。

f:id:kei-lmnop:20160521074720j:plain

ええー!ギフトの取り扱いをしてないの!!!!

これはまさかと思い、ゲームのアプリも見てみました。
アプリも直接プレゼントとしては贈れないみたいです。
f:id:kei-lmnop:20160521074721j:plain

音楽データももちろんアウト。
ちなみに植村花菜さんは全く好きではありません。
f:id:kei-lmnop:20160521074722j:plain

今後、導入するって書いてあるけど、早めにお願いしますよ、Amazonさん。

海外在住者でも「ギフト券」はもらえる!だけど…

じゃあ海外在住者で、特にAmazonのサービスがない国に住んでる人はどうしたらいいのか。
1個見つけたのは、ギフト券です。

f:id:kei-lmnop:20160521074723j:plain

e-mail版であれば、ネット環境さえあれば受け取れます。
しかも謎に金額を選べて、最低15円から贈れます。
15円って…。

でもなんかギフト券をほしい物リストに入れるって個人的には違和感あるんですよね。
露骨に金くれ!って言ってるみたいで。まあ欲しいですけどね。

あとはブログ等で公開する場合、メールアドレスも前もって公開しておかないとだめです。
受取人のメールアドレスを入力する欄があるので、そこに入れないと届きません。
メールアドレスを公開するのもちょっとな~って感じです。

ってなわけで、ほしい物リストを作ったのに公開しません。
誕生日プレゼントは諦めます(苦笑)

まとめ

誕生日が近いので、Amazonのほしい物リストをつくってみました。

でも、海外在住+Amazonのサービスがないネパールでは物が受け取れません。
頼みの綱の電子書籍はギフトの取り扱いをしていませんでした。
音楽データ、ゲームアプリも同様です。

ギフト券はメールアドレスさえ入力すればできますが、なんか違和感がありました。

ってなわけで、ほしい物リストをつくって誕生日プレゼントをもらう作戦は見事に失敗に終わりました。
悲しい。