青年海外協力隊の説明会に行こう!元隊員が語る、参加するべき3つの理由

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20160526053751j:plain

青年海外協力隊のH27年度の春募集が始まりました。
思い返せば1年前のちょうどこの頃、僕は青年海外協力隊を受けようかなと考えていました。
そして、説明会に参加をしたことがきっかけで、結局受けることを決めました。

それもあって、もし青年海外協力隊になるなら、僕は説明会に参加することを強く勧めます。
というか、なるか迷っている人ほどさっさと行くべきです。
その理由を挙げてみます。

説明会は全国で頻繁に開催!行きやすい!

就職活動の会社説明会だと、どうしても大都市しか説明会を開催しなくて、なかなか足を運びづらい。
でも、JICAボランティアの説明会はすごい。
何がすごいって、北は北海道から、南は沖縄まで全都道府県で開催されています。
詳しくはJICAボランティアのホームページをチェックしてください。

説明会情報 | JICAボランティア

都道府県によっては1回だけの開催のところもありますが、都市部の県では複数回やってます。
さすが、国の組織ってだけありますね。
これは非常に行きやすい。

説明会の種類が豊富!何度行っても飽きない!

もう1つの特徴としては、説明会の内容がバラエティに富んでいます。
説明会っていうと、内容が全部一緒でどの回に参加しても一緒のようなイメージを持ちがちです。
でも、JICAボランティアの場合、説明会の内容がその回によって全然違うんです。

f:id:kei-lmnop:20160526053746j:plain
(JICAボランティアホームページより引用)

例えば、東京を見てみると、「【青年/シニア】語学に対する不安解消!合格ラインを目指して」のようにスタッフからアドバイスがもらえたり。
「【青年】資格は無いけど協力隊」のように、専門技能がなくて参加したい人用の説明会もやっています。
これはすごいことですが、「【青年/シニア】派遣国から生中継協力隊リアルトーク」のように今行かれている方とリアルに話ができたりもします。

他にも、「環境教育」「日本語教師」のように職種に絞った説明会をやっていたりします。
毎回足を運んでも、違う内容なので絶対に役に立つこと間違いなしです。

協力隊経験者に会える!イメージ通りか確認!

説明会に行く一番のメリットはこれです。
ずばり、協力隊経験者に会えることです。

f:id:kei-lmnop:20160526053751j:plain

説明会によっては、経験者が来なくてスタッフの説明だけというところもあると思いますが、大半の説明会ではいるはずです。
そして、一方的に話を聞くだけではなくて、少人数で話ができるチャンスもあります。

僕が行った説明会では、7人くらいの経験者の方が来てくださって、ざっくばらんに話をしてくれました。
率直に言うと、僕が青年海外協力隊を受けることを決めたのは、この経験者に出会えたのが大きい。

僕の中で青年海外協力隊の人ってどこか「少し変わった人」っていうイメージがありました(笑)
なんていうか、プータローまではいかないにしろ、海外でフラフラしてるっていう超勝手な偏見。
そして、ずば抜けて優秀。きっと語学も堪能で、専門知識も高い。海外の大学院を出てるような。

でも、説明会に参加して、経験者の方々にお会いして印象がガラッと変わりました。
なにせ皆さんいたって普通の人なんです。
社交性もあるし、非常に丁寧。でも、内心ではやりたいことがはっきりしていて次に何するかも決めている。

なんていうか、「僕でもなれそうだな」って思えたんです。
青年海外協力隊っていうものが自分の手の届くところにあるなって思えたのは非常に大きかった。

迷う暇があるならさっさと動こう!

以上、3つの理由を挙げてみましたが、参加すべき理由はいくらでもあります。
行って損したということにはならないはず。
少しでも行きたい・興味があるというレベルであれば、ぜひ説明会に行ってみてください。

迷っている暇があるなら、さっさと足を動かして説明会に行きましょう。
僕自身、説明会に行くと決めたのが遅すぎて、大半の説明会が終わってしまっていました。
せっかくあれだけ幅広い内容でやってくれているのになんてもったいないと後悔しています。

もう説明会は開始しています!
僕みたいなことにならないようにぜひぜひ早めの参加を!
日程などの情報はこちらから。

www.jica.go.jp

※無料メール講座!青年海外協力隊に「受かる人・落ちる人」を始めました

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

無料メール講座をメルマガで配信中!