交換留学を諦めた人に「トビタテ!留学JAPAN」が最適な2つのワケ

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20160529192422j:plain

話題の超破格の留学奨学金、「トビタテ!留学JAPAN」の第3期生募集が1月下旬から始まっています。このブログでも何度か取り上げています。

www.keikawakita.com

www.keikawakita.com

3期生募集スタートということで、改めてホームページなどを見ていたのですが、このプログラムやっぱりすごい。
交換留学経験者の僕からしたら有り得ない!

でも、「これって意外と知られてないんじゃないの?」って思いました。
そして、交換留学に行きたかったけど、行けずに諦めちゃった人にとって、非常に有益なんじゃないかと思うので、共有します。

交換留学には絶対書かれている条件が2つもなかった

秘密は第3期生の募集要項、「派遣留学生の要件」にありました!

本制度で支援する派遣留学生とは、日本国籍を有する学生又は日本への永住が許可されている
学生で、次の(1)~(9)に掲げる要件を全て満たす学生になります。

(1)本制度で実施する事前・事後研修及び留学生ネットワーク(支援企業等に対する留学計画や活動報告・成果等の情報の提供を含む。)に参加する学生

(2)日本の在籍大学等において、学位取得を目的とした課程に在籍する学生

(3)日本の在籍大学等が派遣を許可し、留学先機関が受入れを許可する学生

(4)機構の第二種奨学金に掲げる家計基準を満たす学生

(5)留学に必要な査証を確実に取得し得る学生

(6)留学終了後、日本の在籍大学等で学業を継続又は学位を取得する学生

(7)平成27年4月1日現在の年齢が30歳以下である学生

(8)インターンシップ等での報酬や他団体等から留学のための奨学金を受ける場合は、その平均月額が、本制度による奨学金の支給月額を超えない学生

(9)本制度の第1、2期派遣留学生でない学生

(参照:平成 27 年度後期(第3期)官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学 JAPAN 日本代表プログラム~募 集 要 項

なんか読む気なくなりますね。公式の文書ってなんでこんな難しく書くんでしょう。
なので、要約するとこんな感じ。

・日本人じゃないとだめよ

・事前、事後研修受けてね

・日本の大学に今いる人で、留学終わっても大学辞めない人ね

・奨学金受けられる人ね

・30歳以下の若い人じゃないとだめだよ

・前の募集でトビタテに受かってもう留学した人はアウト

交換留学には絶対に書かれている条件がありませんでした。しかも2つ!
1つ目!「語学基準がない!」
2つ目!「GPAがない!」

こんなこと有り得るんですか!?

語学基準ってのは、言うまでもなくその国の言葉がどれだけ話せるか。英語ならTOEFL iBTやIELTSといった検定を受ける必要があります。
GPAってのは、大学の成績の平均点を表わしたもの。

一度でも交換留学を考えたことがある人ならば分かると思いますが、この2つは絶対につきまとってきます。
そしてこの2つがあるからこそ、「留学=エリートのもの」みたいな勝手なイメージが出来上がっている。
だからこそ、物凄く驚きました。

試しに、大学で公開されている交換留学のプログラムリストを見てみてください。
いかに異例かが分かります。

・立命館大学:海外留学の手引き2014
・早稲田大学:留学の手引き2014-2015
・名古屋大学:2015年度秋派遣交換留学プログラム 2次募集 協定校別応募条件

交換留学は諦めても「トビタテ!留学JAPAN」は諦めるな!

これが何を意味するか。
トビタテの1期生の方が素敵な言葉を書いているので、引用させていただきます。

努力が足りないとか、やる気がないからなんだじゃなくって、本当にその以前の問題が留学にはついてまわるんじゃないかって思ってます。

そういう時にトビタテ!がスタートラインに立てないケースを減らせる可能性を持ってるんじゃないかなと私は思ってます

トビタテ!留学JAPAN1期生の1人として思うことを改めて。

この方は、手厚い奨学金のことを指して書かれていますが、何も金銭的な問題を解決するだけじゃない。
語学基準やGPAといった高い壁を排除してくれています。

f:id:kei-lmnop:20160529192422j:plain
要は、留学に行ける行けないの問題ではなくて、自分が留学に行くか行かないか。

僕は幸いにも交換留学に行かせてもらい、そこから自分の人生を大きく好転することができました。
だからこそ、交換留学を諦めてしまった人にこそ知ってほしい。
そして、ぜひチャレンジしてみてほしい!

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

無料メール講座をメルマガで配信中!