青年海外協力隊になるために実は一番大事な意外なこと

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20160528092400j:plain

「青年海外協力隊になりたい!」って人なら誰もが考えること。
それは「青年海外協力隊になるためには何が一番大事なのか?」ってこと。

語学力?社会人経験?ボランティア経験?
どれも大事ですが、一番かと言われるとちょっと違うと思います。
僕も最近まですっかり忘れてしまっていたので、戒めとして書いておこうと思います^^

一番大事なのは紛れもなく「健康」

f:id:kei-lmnop:20160528092400j:plain

まずは結論から!一番大事なのは、「健康」です!
なんだそれって思うかもしれませんけど、本当に大事なんです。

夜遅くまで働いている社会人の方、不規則な生活を送っている学生の方!
まだまだ若いからといって油断しない方がいいですよ!

とはいっても、油断しますよね。
僕もなんだかんだ20代だから大丈夫やろうって思ってました。
先月までは。

先月、青年海外協力隊の派遣前健康診断に行ってきました!
何気ない気持ちで受けたのですが、結果を見てショックを受けました。

書かれていたのは、「白血球の数が通常値より少し多い」という文言でした。
今まで健康だけが取り柄だったのに、その自信がもろくも崩れました。。

Google先生に聞いてみると、細菌感染に反応して多くなるのがほとんどということ。
恐らく、年始に高熱でぶっ倒れてたのが原因だと思いますが、結果を見てかなり怖くなりました。
なんといっても青年海外協力隊にとって一番大事なのは、健康だからです。

そう思う理由をいくつか挙げてみます。

健康が一番大事な理由を3つ挙げてみた

理由①:根本的に合格できない
まず根本的に健康じゃないと、合格できません。
一次審査で書類を出すときに病院で健康診断を受けて診断書も一緒に提出します。
その審査がめちゃくちゃ厳しいと言われてます。
僕もかなり気を遣って、受診する前はお酒を飲まないようにしました。(もともと飲めませんが)

理由②:合格してからも健康診断結果を提出する
無事受かってしまえばこっちのもんや!って思ってしまったあなた!
残念!先月の僕が提出したように、健康診断結果を送らないといけない機会が何度かある。
もちろん、健康に何か問題があった場合は、派遣取り消しも十分考えられる。

理由③:健康じゃないと2年間活動できない
JICAボランティアのホームページにはこんなことが書いてあります。

途上国で活動する際に最も重要なことは「安全と健康は自分自身で自己管理し守ること」です。
JICAボランティア「健康と安全」

そもそも健康じゃないと2年間、異国で活動するなんて到底無理です。
慣れない環境で生活するだけでも健康リスクは上がるのに、僕らが行くのは途上国!
青年海外協力隊員が派遣される国には、当然ながら日本のような整った医療機関はないはず。
いざというときに日本に帰ってきて病院に行こう!ってのも無理。
ってことは何事もなくいるためには、やっぱり健康が大事。
(過去記事:「青年海外協力隊の先輩隊員からいただいたアドバイスが、心に響きすぎた話」

健康!やっぱり大切ですね!

夕食は軽く・早めにとることを始めました

散々健康の大切さを書いといて、自分は何もしないんじゃ意味がない!
ってことで先週から少し工夫をしています。
何をしているかというと、夕食を軽めに・早めにとることを意識してます。

日頃の帰宅時間は21~22時くらいなんですが、最近は年度末+退職の引継ぎ等で23時を過ぎることが多々あります。
そこから先輩とラーメンを食べに行ったりすることをしてましたが、さすがに健康に悪すぎる。。
ってことで、18時に売店でサンドイッチを買って食べてます(笑)

サンドイッチだけで足りるか!って自分でも思ってましたが、意外といけます。
そして、お腹が空いたときに食べるから、めちゃくちゃ美味しく感じる。。

休日に運動するとか、自転車で通勤するとかいろんな方法がありますが、ぜひ健康には気を遣っていきましょう!

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

無料メール講座をメルマガで配信中!