Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

「トビタテ!留学JAPAN」の応募前に絶対読みたい記事7選

E5.トビタテ!留学JAPAN E.留学

f:id:kei-lmnop:20160519193633j:plain

ナマステ! 僕が激しく推している留学プログラムと言えばこちら。 「トビタテ!留学JAPAN」です。

www.tobitate.mext.go.jp

なんといっても奨学金が手厚すぎます。 月額12~20万円、渡航費10~20万円、授業料は実費で上限60万円まで出ますから。

そんなわけでこのブログでも何度か記事を書いてきましたので、読みやすいようにまとめてみました。

留学するなら学生時代の「今」です

まずはこちら。

www.keikawakita.com

留学にちょっとでも行きたい気持ちがあるなら、学生時代の「今」行くべきです。 お金の問題が邪魔しているなら、ぜひこの「トビタテ!~」を使ってください。

留学へのモチベーションを上げたい

続いてこちら。

www.keikawakita.com

「トビタテ!~」の「第1回派遣留学生壮行会オープニングムービー」の動画が見れます。 非常にワクワクする動画になっているので見てみてほしいです。

また第1回の人達も出てきますので、彼らがどんな人なのかも分かりますよ。

海外進学は対象外

www.keikawakita.com

これは海外の大学に進学した人は思わず文句を言いたくなりますよね。 ただ残念ながら、「トビタテ!~」は国内の大学などに正規生として在籍している必要があります。 なので、海外の大学に進学して卒業したい人には適用されません。

運営側の課題を考えてみる

www.keikawakita.com

これは「トビタテ!~」を運営している側の課題を考えてみようっていう記事です。 本当にこの奨学金を勝ち取りたいなら、運営側のニーズを知る必要があります。 「自分が運営側だったらどんな人を取りたいか?」っていう視点で考えてみるといいですよ。

そのためには、運営側の課題から入るとスムーズに考えられると思います。

ちなみに僕が指摘したように、「海外初チャレンジ応援」枠が新設されました。

トビタテ!留学JAPAN - その経験が、未来の自信。 - 日本代表プログラムとは? -

交換留学を諦めた人にもぴったり

www.keikawakita.com

「トビタテ!~」の隠れた魅力はこれなんです。 交換留学で絶対に必要な2つの基準を要求しないんです。 交換留学となるとその2つの基準が高くないと選考に受からないだけに、「トビタテ!~」はおすすめです。

受かった先輩と話ができる

www.keikawakita.com

「トビタテ!~」の1期生、2期生が留学相談に乗ってくれます。 なんでもそうですけど、自分が行きたい道に進んだ先輩に話を聞くことほど有意義なものはないです。 ぜひ使ってみるといいと思います。

「トビタテ!~」はちょっと違うな…

www.keikawakita.com

「トビタテ!~」はいいなと思ってたけど、よくよく調べると自分がしたいこととちょっと違うなって思った場合。 「トビタテ!~」も含めて、おすすめできる海外系プログラムをまとめました。 インターン、スタディツアーや旅、短期留学などのプログラムもあるのでぜひチェックしてみてください。

まとめ

「トビタテ!留学JAPAN」を受けるなら絶対読んでおきたい記事7選をまとめました。

学生にしか与えられないチャンスです。 だめもとでもいいので一度受けてみるといいと思います。