僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

安心して海外で挑戦しよう。だって僕らには「母国・日本」があるじゃん

f:id:kei-lmnop:20160519193615j:plain

ナマステ! 留学でも仕事でもなんでもいいんですが、海外で何かに挑戦する前って怖くないですか?

それが仕事を辞めて留学するなど、特に何かリスクを背負うときって特に怖くないですか?

海外が大好きな僕も例外ではなく、実は毎回怖くなります。 ひどいときは寝れなくなります。 ほぼリスクのない、学生時代の留学のときでさえ、飛行機の中でこんな思いをしていましたしね。

留学が不安で怖い?到着すればすぐ笑えるようになるから大丈夫 - 僕はネパールを変えることができない。

そんなあなたに知っておいてほしい「母国・日本」の話をしたいと思います。

高城剛さんの本で印象に残った言葉

最近、高城剛さんの本を読みました。 沢尻エリカさんの元旦那さんとして世間では有名ですが、超凄い人なんです。 海外を飛び回って仕事をしていて、憧れている人もたくさんいます。

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

この本は非常に面白い話がたくさんあったのですが、中でも印象的だったのがこの2つの言葉でした。

一度移動してみてダメなら、また日本に戻ってくればいいだけです。 それが母国というものでしょう。
失敗したら日本に戻ればいいと思います。 そのための母国なんだから。

まさにそうだなと思いました。

僕が会社を辞めてネパールに来れたのは「母国・日本」のおかげ

僕も会社を辞めて、青年海外協力隊として今はネパールに来ています。 ネパールで何か事業を興したくて、思い切って会社を辞めて挑戦することにしました。

正直、辞めるかどうかは迷いました。 海外で起業なんてどう考えても失敗するリスクの方が高い。 しかも僕にそういったビジネスを立ち上げる経験もない。

でも思い切って辞めて、ネパールに来てみようって思いました。 それは紛れもなく、「母国・日本」の存在があったからです。

もし仮に起業に失敗しても、日本でやり直せばいいやと思いました。 っていうのも日本なら、飢え死にすることはないなと思えたんです。

たとえなかなか仕事が見つからなかったとしても、アルバイトであればいくらでもあります。 いざとなったらバイトでもして食いつなげばいい。 そう考えたら、やってみようって思えたんです。

海外に出よう!失敗したら日本でやり直せばいいだけ

思い切って海外に出てみませんか? たとえその結果、海外で大きな失敗をしてしまっても大丈夫です。 だって、日本があるじゃないですか。

だめになったらいつでも帰ってきていいし、日本に帰りさえすればなんとかなります。 そう思えば少しは気が楽になりますよ! 僕もそんな風に思って、ネパールで頑張っていきたいと思います。

この本も他にもたくさん面白い話が載っているのでおすすめです。

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明