Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

携帯電話を一時休止?海外ではSIMフリーのスマホを使おう!

F5.便利グッズ・持ち物 F.海外ライフハック

f:id:kei-lmnop:20160522103329j:plain

ナマステ! 留学や青年海外協力隊、ビジネスで駐在など、海外に長期滞在する場合、日本の携帯電話ってどうしてますか?

日本の3大通信キャリアには、海外長期滞在者向けに、電話番号を保管してくれる制度があります。 なので、「また日本に帰ってくるし、一時休止しておこう」みたいになる人が多いと思います。

確かに一昔前ならそれでよかったです。 でも、今はSIMフリーのスマホがあります。

海外に長期滞在するなら、一時休止ではなくて、僕は思い切ってSIMフリーのスマホに切りかえることをおすすめします。 その理由を紹介していきます。

※SIMフリーとは?

simフリーとは【疑問解決】初めてのsimフリー

一時休止は月額固定費がもったいない

日本のキャリアでやっている一時休止はこのような感じです。

長期間利用されないとき(海外赴任・留学など)の電話番号保管・解除 | お客様サポート | NTTドコモ

電話番号・メールアドレスお預かりサービス | お客さまサポート | モバイル | ソフトバンク

一時休止・再利用 | 手続きのご案内 | au

手続きをするための事務手数料が1000~3000円かかります。 月額費用も一番安いauで月額372円で、一番高いdocomoで月額500円かかります。

大した費用じゃないよと思うかもしれませんが、毎月費用がかかるのは立派な固定費です。 docomoユーザーが僕みたいに2年間海外に滞在したら、12000円もかかります。 使わないサービスのために、12000円もかけるのは正直バカげています。

海外にいる間は何かとお金がかかることが多いので節約したいですしね。

そもそも電話番号・メールアドレスっている?

「毎月数百円なら安いじゃん」って思うかもしれません。 確かに、固定費ではありますがバカ高いわけではないですね。

でも1つ聞きたいのは、電話番号もメールアドレスもそもそもまだ必要ですか?ということ。 携帯の電話番号やメールアドレス(@docomo~など)ってまだ使ってますか? 実はそんなに使う機会がないんじゃないかと思います。

僕の場合も、SIMフリーのiPhone5sに切り替える前、ソフトバンクを使っていました。 でもソフトバンクのメールアドレスってほぼ使ってなかったです。 GmailやHotmailをiPhoneに読み込ませれば問題ないです。

電話番号も、飲み会の予約をするときくらい。 友達や家族への電話やメールは全部LINEでした。

そう考えると、そもそもいらない電話番号・メールアドレスのために、月額固定費を払うのってなんかバカらしくなりませんか?

日本に帰ってきたとき電話ができないと困るっていう場合も今ならこういうアプリがあります。

ケータイや固定電話にもかけられるし受けられる! | スマートフォンからおトクに話せるIP電話アプリ「050 plus」

LINE Outとは | LINE(ライン)

Facebookでも電話できちゃいます。

www.keikawakita.com

<iPhoneユーザー限定> アップデートできない

ちなみにiPhoneユーザーの方! SIMロック有でキャリアの一時休止を使って海外に長期滞在すると危険ですよ。

SIMが機能しないとiOSをアップデートすることができません。 よって、アップデートしようとすると、iPhoneが使えなくなります。

www.keikawakita.com

一瞬で解決できる方法がありますが、意外と知らないので使えなくなるとドキッとします。

SIMカードを入れさえすればすぐ使える&海外でも重宝!

SIMフリーのスマホを本当におすすめしたい理由はこれです。 ずばり、「SIMカードがあればすぐ使える&海外でも重宝する」からなんです。

現地のSIMカードですが、そんなに手に入れるのは難しいことではありません。 大抵の場合、空港の中に携帯会社のショップがあるはずなので、そこで購入できます。 しかも大体プリペイドなんで使いすぎなくて安心です。

アメリカはこんな感じだそうです。

SIMフリースマホ(simロック解除済)と海外simカードをハワイで使う方法

イギリスはこんな感じ。

ASCII.jp:ロンドンの現地SIMは超お手軽! SIMフリーiPhone 6で使った

ネパールの場合はこんな感じです。 f:id:kei-lmnop:20160522103123j:plain

現地SIMカードが入ったスマホがあれば、そのスマホで電話もメールもネットもできちゃいます。 ネットに接続しているスマホを海外で使えると超便利です。何よりも安心ですね。

日本で買ったSIMフリー端末を海外で使えない場合も

注意事項です。 日本で買ったSIMフリー端末を買いたいなら、自分が行く国でも使えるかどうか事前に確認しましょう。

確認するべき点は周波数です。 その国の携帯キャリアが、どの周波数を使っているかどうか事前に調べないといけません。 自分が使っている端末が、その国のキャリアの周波数にマッチしてないと使えません。

調べる方法はこちらのサイトがおすすめです。

FrequencyCheck - Mobile Network Compatibility Search for Unlocked Phones and Devices

このサイトを使えば、その国の周波数はもちろん、端末が使えるかどうかも教えてくれますよ。 英語サイトですが、使い方は超簡単。

まずは目当ての国を探します。 図の通り、By Countryをクリック。 f:id:kei-lmnop:20160521074705j:plain

すると国一覧が出てきますので、目当ての国をクリックします。 ほとんどの国はあると思います。 f:id:kei-lmnop:20160521074706j:plain

そうすると国ごとのページに移ります。ここではネパールになっています。 自分が使っている端末の対応周波数が分かる方は、その国のキャリアの周波数を確認。 ほとんどの方は分からないはずなので、機種で検索をかけるページに移ります。 f:id:kei-lmnop:20160521074707j:plain

そうするとこんなページが出てきます。 機種名で検索してもいいですし、端末の会社でも検索できます。

見方ですが、こんな風に全てが100%になっているのがベストです。 問題なく現地でも使えます。 f:id:kei-lmnop:20160521074708j:plain

中にはこんな風になっている端末も出てきます。 全てが0%でなければ、どこかの通信キャリアの回線は使えるという意味です。 f:id:kei-lmnop:20160521074709j:plain

量販店などで自分が行く国で、その端末が使えるか確認したとします。 アメリカやカナダなどのメジャーな国なら店員も分かるはず。 でも僕がいるネパールみたいに、マイナーな途上国だと「分からない」という答えるはずです。

なので、このサイトを使ってちゃんと周波数が対応しているかを確認しましょう。

現地でSIMフリースマホも有だけど注意点も!

「日本でSIMフリーのスマホ買うと高いじゃん」っていう方は現地で買ってもOKです。 確かに、例えばここネパールではハイスペックでなければ、7000円くらいで新品のスマホが買えます。

でも買うときは、日本語がうてるか必ず確認してから買わないとだめですよ!

iPhoneであれば問題ないですが、その他のスマホは要注意です。 せっかくSIMフリーのスマホでも日本語がうてないと色々と困ります。

日本で買っておこうっていう人はこちらをどうぞ。

SIMフリー格安スマホランキング。オススメのAndroid端末 2016年Ver. | KJ新谷のビジネス幼稚園

まとめ

海外に長期滞在するなら、携帯電話はSIMフリーのスマホに変えちゃいましょう。 電話番号やメールアドレスを保管できる一時休止サービスが各キャリアにあります。

でも、固定費もかかるし、そもそも電話番号もメールアドレスもあんまりいらないです。 iPhoneユーザーだとアップデートが完了できず、iPhoneが使えなくてヒヤッとします。 (一瞬で直せる方法があります)

何よりも、海外でスマホがあると便利なんです。 SIMカードさえ購入すれば、すぐに使えます。

ぜひ携帯電話はSIMフリーのスマホに変えてから海外に行きましょう。