僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

英単語の覚え方のコツ!1日たった10分で覚えたら忘れない!

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話

f:id:kei-lmnop:20160521074658j:plain

ナマステ! 英語に限らずですが、語学ができるようになるには語彙力が大事です。

僕もまだまだネパール語を勉強している身ですが、語彙力って本当に大事だなと実感します。 でも、英単語って全然覚えられなくないですか? いろんな参考書が出ていたりしますが、なかなか頭に入ってこないっていう人が多いと思います。

そこで、今回は、英語ができるようになる英単語の覚え方を紹介します。 しかも、1日たった10分でできちゃいます。

英語に限らず、何語でも使える勉強法なので、英語以外の言語を勉強している方も必見です。

語学ができるようになるには語彙力が大事なのはなぜ?

具体的な勉強方法を紹介する前に、なんで語彙力が大事なのか。

それは、単語さえ分かれば、なんとなく意思疎通ができるからです。

極端な話、いくらネイティブの話が早くてついていけなくても、単語さえ拾えればなんとなく理解はできます。 逆もしかりで、文法が分からなくても単語さえ並べれば、自分の意思は伝えられます。

これはネパールで生活している僕も、痛感しています。 単語さえ分かれば、なんとかなります。文法はめちゃくちゃでも大丈夫。 でも、単語が分からないと、もうさっぱりお手上げ状態です。

だからやっぱり語学ができるようになるには、語彙力が大事なんです。

それでは早速勉強法を紹介していきます。 海外にいる人ほど有効な勉強法ですが、日本にいながらでも応用できます。

(1)今日、意味の分からなかった単語&言えなかった単語を思い出す

まずは、今日1日、英語を勉強したときのことを振り返ってください。 日本にいる人はこんなシーンを思い出してみてください。

・教科書を読んでて、意味が分からなかった話
・英会話の先生と話していて理解できなかった話・うまく言えなかった話
・海外ドラマや映画を観ていて、いまいち理解できなかったシーン

留学や仕事などで、今現在海外にいる人はこんなシーンを思い出してみてください。

・友達と話していて、ついていけなかった話題
・授業の中で、よく理解できなかったトピック
・会社で、プロジェクトの内容でうまく説明できなかったこと

その中で、意味の分からなかった英単語(赤色)英語で言えなかった日本語(青色)を書き出してください。

f:id:kei-lmnop:20160521074700j:plain

例えば、海外ドラマを見ていて、「kidnap」という英単語の意味が分からなかった。 例えば、仕事のプロジェクトで「予算」という英単語が出てこなかった。

それをノートでもメモでも何でもいいので、書き出してください。

意味の分からなかった英単語については、あとになっては思い出せないことが多いです。 なので、分からなかったその時に、スペルを教えてもらって書いておくようにするといいです。

(2)その単語の和訳・英訳を調べて、メモする

次に書き出した単語を2列に並べてください。 例えば、左に英単語、右に日本語のように。

そして、書き出した英単語の和訳や日本語の英訳(緑色)を調べて書いていきます。 イメージは下の図のような感じです。

f:id:kei-lmnop:20160521074701j:plain

こんな風に一覧にしてリストをつくっていきます。

(3)暗記しつつ、その単語が使えるシーンを想像する

リストができたら、いよいよ暗記。 意味の分からなかった英単語は和訳を、英語で言えなかった日本語は英訳を覚えます。

覚えることは大事なんですが、コツとしては、その単語が使えるシーンを想像してみてください。

f:id:kei-lmnop:20160521074809j:plain

語彙はインプットしただけでは定着しません。 「実際に使う」というアウトプットをすることが大事です。

そのためにも、実際に使うための準備として、想像することが大事です。 明日、どんなシーンがありそうでどの場面なら使えそうかをイメージしてみてください。

(4)翌日、実際に使ってみる&毎日繰り返す

f:id:kei-lmnop:20160521074806j:plain

イメージしたシーン通りで使えるかはさておき! 覚えた単語を実際に使ってみてください。 実際に使えると、かなり嬉しいですよ。

そしてまた分からなかった単語・言えなかった単語をメモして、覚えます。 このサイクルを繰り返していけば、どんどん語彙が増えていきます。

「悔しい」という感情を活かそう!

この勉強法をやってから、僕は英単語を覚えることが苦じゃなくなりました。 これをネパール語の勉強にも使っているので、ネパール語の語彙も増えてきています。

この勉強法を使うと、効率的に単語を覚えられるのは、自分の原体験があるからです。

前に、僕はこんな記事を書きました。

www.keikawakita.com

「ああーなんで分からなかったんだ」「ああーなんで言えなかったんだ」っていう感情をうまく活かしている。 だから、1日10分という短い時間でもスッと頭の中に入ってくるんです。

海外に行くと英語が伸びやすいのは「使う」から

もう1つ大事なのは(4)で「実際に使う」ということ。

海外に行くと英語が伸びやすいのは、「実際に使う」という機会が腐るほどあるから。 というか使わないと生活できないですしね。 使う機会ががたくさんあるから、「悔しさ」とといいう原体験ももちろんたくさん生まれます。

「悔しい」→「覚える」→「使う」の好循環でガンガン覚えられますよ。

まとめ

1日たった10分で、英語ができるようになる英単語の覚え方を紹介しました。 手順はこの通りです。

(1)今日、意味の分からなかった単語&言えなかった単語を思い出す
(2)その単語の和訳・英訳を調べて、メモする
(3)暗記しつつ、その単語が使えるシーンを想像する
(4)翌日、実際に使ってみる&毎日繰り返す

「悔しい」という感情を活かして、ガンガン覚えた単語を使ってみてください。 気づいたら、頭の中に語彙がどんどん入っていることがそのうち分かります。