Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

ネパールでの1ヶ月の生活費を教えます!見たら東京では暮らせないよ

B.ネパール B1.人・生活・文化

f:id:kei-lmnop:20160522074305j:plain

ナマステ! ネパールに来てから大体2ヶ月が経ちました。 8月からは落ち着いて生活ができたので、試しに家計簿をつけてみたらなんと驚き。

びっくりするくらい安かったので金額を公開します。

※為替レート:1 NPR = 1.1398 JPY(2015年9月9日時点・EXCHANGE-RATES.org参照)

食費:8,202ルピー

f:id:kei-lmnop:20160522074305j:plain

8,202ルピー(約9,349円)でした。 今月は外食をすることも多かったのですが、10000ルピーを超えずに済みました。 僕の任地である村に行くと、大体お昼頃にご飯を出してくれます。 もちろんお金は不要。かなり大きかったと思います。 ありがとう、村の皆さん!

自炊をすれば、一食100ルピー(約113円)以下に抑えることもできるのでやはりかなり安いです。

交通費:3,145ルピー

職場まで毎日バスを使っていますが、片道25ルピーほど。 現地人価格と変わらなく乗せてくれるのでかなり安い! ふっかけられたこともほぼないので料金面ではストレスフリー。

夜飲みに行ったりすると帰りはタクシーになりますが、タクシーでも1回300~400ルピーくらいでしょうか。 それでも安いですね。

交際費:8,090ルピー

8,090ルピー(約9,221円)でした。 勉強会や趣味、誕生日プレゼントなどで使ったお金です。 こちらに来てからサランギと呼ばれる楽器を始めました。 バイオリンみたいな感じの楽器です。

f:id:kei-lmnop:20160522074308j:plain

毎週土曜日に2時間250ルピーで協力隊・JICA関係者の皆さんと楽器の先生から習っています。 その費用が入ってます。 ただ大半は今月しか発生しない、Myサランギ代6500ルピーの分なので本来はもう少し抑えられそうです。

日用品:375ルピー

375ルピー(約427円)でした。 歯磨き粉、シャンプーとかを買いました。 大した金額じゃないですね。

家賃・光熱費:20,000ルピー

20,000ルピー(約22,796円)でした。 首都カトマンズに住んでいますが、それでも家賃15000ルピーです。 2万円もしません。 安すぎですね。しかも家もかなり綺麗だし広いです。

学生時代、東京に住んでいた時に払っていた家賃がアホ臭く感じます。 うちはこんな立派じゃないですが、このクラスの家でも20000ルピーあれば住めちゃいます。

f:id:kei-lmnop:20160522074311j:plain

光熱費を含めても20000ルピーで2万円ちょっとなのでかなり安い。

通信費用は自己負担0ルピー

日本だと家計に占める割合が結構大きいのが携帯代などの通信費。 ただこちらに来て、通信費は自己負担0です。 JICAから支給されているので、携帯代は全くかかりません。

使っているのはこんな携帯。パナ製です。

f:id:kei-lmnop:20160522074306j:plain

ただかかったとしても月100ルピーくらいあれば十分ですね。 Wifi代は光熱費に含まれているので、ここでは計上不要。

まとめ:日本円で約45,000円

まとめた表がこちら!

食 費: 8,202ルピー
交通費: 3,145ルピー
交際費: 8,090ルピー
日用品:  375ルピー
家 賃: 15,000ルピー
光熱費: 5,000ルピー 合 計: 39,812ルピー

日本円に換算したのがこちら!

f:id:kei-lmnop:20160522074439j:plain

1ヶ月、約45000円で生活ができてしまいます。 衝撃の数字じゃないですか?5万円見ておけば、まあ余裕ですね。

確かに僕はあまりお金を使わない方です。 同期からも「ケチ」と呼ばれています。。

でも8月は人並みに飲みにも行きましたし、外食もそれなりに週2回くらいはしています。 それでもこの金額です。安いです。もっと絞ろうと思えば絞れちゃいます。

ネパールというとアジアで最貧国と言われているので、どんな生活をしているのか想像もつかないかと思います。 でも来てみたら分かりますが、首都に限ってはそんなにきつい生活はしてないですよ。 電気が輪番停電しているくらいで、あとはそんなに不自由な生活をしていないです。

もう東京では暮らせませんね。海外に出ましょう!

青年海外協力隊・同期隊員もやってくれました!

ちなみに同じ企画で同期のバングラデシュ隊員がやってくれました。 ネパールよりも衝撃の結果ですよ!

バングラデシュでの1ヶ月の生活公開します! – YOU HAVE NO IDEA