僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

新卒よりも休学して青年海外協力隊になった方がお得な3つの理由

f:id:kei-lmnop:20160522074455j:plain

ナマステ!

協力隊は社会人経験がないと受からないと言われていますが、意外と多いのが新卒。 ただ個人的な意見としては、「新卒で受けるくらいなら、休学して受けたほうがいいのにな」と思います。 そう思う理由を紹介していきます。

理由(1)就職リスクなし!逆に有利にもなる

f:id:kei-lmnop:20160522154315j:plain

まず第一に就職リスクがない&協力隊経験を就職に活かせるからです。 協力隊員の中で、2年間の活動を終えてから帰国した後に多いのは民間企業へ就職する人です。

日本社会で就職をする以上、「新卒ブランド」はかなり大きいです。 ただ、新卒で青年海外協力隊に参加してしまうとその新卒ブランドはもう使えません。 卒業後、3年未満の「第2新卒」には当てはまります。 でも純粋な新卒ブランドと比べると、やはりどうしても弱いです。

ところが、休学で協力隊に参加すれば新卒ブランドは残ります。 これは就活をする上で、かなり有利です。 しかも、協力隊経験はうまく活用すれば大きな武器になります。 2年間を途上国で過ごしたタフさ、語学力、自分で考えて行動する能力など、アピールできるところがたくさんできます。

大学院進学や起業など、新卒ブランドに関係ない進路を取るのであれば別です。 でも、大手の民間企業に入りたいなら休学で新卒の権利を残して協力隊に参加するのがおすすめです。

理由(2)手当有りだから休学費用も出せる

休学をするとなると、かかってしまうのが休学費用です。

【学生向け】各大学の休学費用・申込期限をまとめました。 | JintanNote(じんたんノート)

大学によってピンキリで、国公立は無料ですが、私立大学は大学によっては学費の半分もとるところも。

でも協力隊に参加をすると実は「手当」がもらえます。 その手当は海外で活動しているときの生活費・住居費はもちろんですが、帰国後の就職に困らないように、国内手当と呼ばれるものももらえます。 これが毎月85000円×24ヶ月なので、使わなければ2年後には204万円貯まっていることになります。

仮に私立大学文系の1年間の学費が100万円だとして、休学費用は学費の半分だとしましょう。 そうすると休学費用は1年50万円×2年間で100万円くらいになります。

国内手当:毎月85000円×24か月分=204万円
休学費用:1年50万円×2年    =100万円
------------------------------------------------------------
残  金:204万円―100万円   =104万円

でも国内手当204万円支給されるので、休学費用は十分賄えるし、なんなら100万円余ります。 休学費用も自分で出せるなら、親も文句は言わないはずです。 手当については詳しくはこちらのページを確認してください。

かつろうのカツカツ日記 国際協力×ビジネス×起業: 青年海外協力隊って給料もらえるの?いくらなの?~協力隊の懐事情~ .73

理由(3)新卒も休学も社会人経験がないのは同じ

協力隊は社会人経験がある人のほうが有利で、受かりやすいです。 それは各要請には、実務経験が求められることが多いからです。 だから新卒では受かりにくいと言われています。

でも、実務経験がないのは新卒も休学も一緒です。 ってことは、新卒で受けるのも休学で受けるのも実務経験なしという点では一緒です。 卒業しようがしまいが、実務経験がないのは一緒なんだから、だったら早めに受けたほうがいいです。

注意:休学制度はしっかり調べるべき

休学して行く場合、必ず自分の大学の休学制度を調べましょう。 学部によって休学の条件が違うこともありますし!

あと、休学の期間は最低でも2年3ヶ月になるのでそこも要注意です。 協力隊は2年間の派遣の前に、約3ヶ月の国内訓練があるからです。 そこでの様子はこちらをどうぞ!

www.keikawakita.com

www.keikawakita.com

また職種によってはこの派遣前訓練より前に、技術補完研修という職種別研修があります。 人によっては、泊まり込みで長期間研修を受けないといけない場合もあります。 2年以上休学することも視野に入れて、それができるかをしっかり確認しておきましょう。

「受かりにくい」けど「受からない」わけではない

協力隊は社会人経験がある方が有利です。それは事実。 でも社会人経験がないと受からないわけではないです。

事実として、27年度1次隊の僕の同期の中には、駒ヶ根訓練所だけで40~50人くらい新卒の子がいました。 駒ヶ根訓練所にいたのは大体200名なので、約1/4~1/5が新卒だったことになります。

もちろん1次隊は4月から訓練が始まるということで、卒業してすぐの新卒が多いこともあります。 それを踏まえてもやっぱり多いですよね。 決して受からないわけではないので、ぜひ休学で受けてみてほしいです!

まずは説明会に行ってみよう!

もし協力隊に興味があるなら。 とりあえず説明会に行ってみるのがおすすめです。

www.keikawakita.com

まとめ

新卒ではなく休学で青年海外協力隊になることをおすすめする理由を書きました。 新卒ブランドを持ったまま就職できること、手当で休学費用も賄えること、社会人経験がないのは新卒も休学も同じであることが理由です。 安心できる国のバックアップをいただきながら、2年間途上国で暮らせるいい制度です。

ぜひチャレンジを!