僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

海外でのぼったくりへの対処法!5つのポイントを紹介します

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話

f:id:kei-lmnop:20160523192812j:plain

ナマステ! 海外に来て、特に途上国に来てよくあるのが「ぼったくり」だと思います。 嫌な目に遭ってきた人もいるでしょう。

胸を張って言えることではないのですが、僕もそのうちの1人です! 初めての途上国、カンボジアではアンコールワットの観光で、相場の10倍の値段でぼったくられたことがあります…。 そうなるとせっかくの海外を楽しめなくなっちゃうんですよね。

ってことで、どうしたら「ぼったくり」をされないかを真剣に考えてやってみた経験と方法を紹介します。

大前提:日本人は「ぼったくり」のターゲット!

日本では買い物をするときはどんな商品にも基本的に値札がついています。 なので、値段交渉はほとんどありません。

ただ海外では、先進国を除き、買い物をするときは基本的には値段交渉が必要です。 値札なんてついていないので、売り手の気分で値段が変わります。 そうなると危ないのが、観光客であり、僕ら日本人。

「日本人=金持ち」の図式が成立するので、「ぼったくり」の格好のターゲットになります。 ぼったくられたときの心情といったら、ジャイアンに理不尽に殴られるのび太くん的な感じでしょうか。 思わず、ドラえもんに泣きつきたくなります(笑)

そんなわけでちゃんとした対策を知っておかないと、困っちゃうんです。

Step1:まずは相場を知る

欲しいものがあってもいきなり買い物をしてはいけません。 まず、一番にすべきなのは、相場を知ることです。 TシャツだったらTシャツの相場、タクシーだったらタクシーの相場があります。

手っ取り早いのは現地で信頼できる人に聞くこと。 ホテルやゲストハウスのフロントに聞くのもありですが、一番おすすめなのは自分で確かめることです。 複数のお店を回れば、大体の相場が分かります。 実際に回ると、この後の作戦でも使えるんでぜひ回ってください。

この相場を知っておかないと、そもそもぼったくられてるのか否かが分からないので超重要です。

Step2:複数人で交渉する

相場を知ったら、いよいよ目当てのお店で値段交渉! その際に、おすすめなのが単独ではなく、複数人で行くこと

心理的に1人ってやっぱりつらい!(笑) なんだか弱気になります! ってことで、1人じゃなくて誰かと一緒に行くことがおすすめです。

あとは複数人で行くメリットとしては、団体割引が効く可能性があることです。 「2人とも買うから安くしてくれ」とか言えます。

一人旅の人にはなかなか難しいかもしれませんが、現地で友達つくっていくのもありです!

Step3:家電量販店作戦

その次にするのは、「家電量販店作戦」です。 何をするかというと、「他の店では●●円だったけど…」とお店の人に言ってください(笑)

日本の家電量販店だと、他の量販店の方が高いと分かると値下げしてくれることがありますよね。 あれと同じ原理でやってみましょう。

その際に、活きてくるのがStep1で相場を知っていること。 実際にお店を回って、他のお店ではいくらで売られているかを知っていれば結構強力です。 もちろん、適当な値段を言っても大丈夫ですが、やはり本当の相場を言うほうが効果的なのは間違いなし。

Step4:ごますり作戦

f:id:kei-lmnop:20160523192810j:plain

ここまでやれば大体ある程度は値下がりしますが、それでもまだ不十分の場合。 次は、「ごますり作戦」です。 何かというと、ヨイショして持ち上げることで、売り手の気分を良くしてあげてください(笑)

「お兄さんカッコいいね!」とか「優しいね!」とか言うのも有。 店員が男でフレンドリーな場合、僕は肩を揉んだりします(笑)

Step5:ツンデレ作戦

それでもだめな場合。最終兵器として、「ツンデレ作戦」を発動しましょう。 何をするかというと、「じゃあもういらん!」って言って、お店から出て行ってください。 これをすると、追いかけてきて「分かったよ」って言ってくれることが多いです。

ただ、効かなかった場合はその後、お店に戻るのは死ぬほど恥ずかしいです(笑) なので、ここまでやって値下げしないなら、もう諦めましょう。

ベストなのは、言葉を話せること

ここまでいろんなテクニックを紹介してきましたが、一番いいのは現地の言葉を話すことだと思います。 英語もいいですけど、一番いいのはやっぱり現地の言葉を話せるようになることです。 話せなくても話そうとしている姿勢を見せてください。

必死で日本語を話そうとしている外国人がいたら、なんだか助けたくなるし、悪いことできないじゃないですか。 それと同じで、本を見ながらでもいいので、現地の言葉を使って話してみるのは意外と一番効果があるんじゃないかと思ってます。

うまくいけば大幅割引成功!

肝心の効果ですが、一度全部やってみたことがあって、その時は大成功。 最初に言われた値段の70%オフでTシャツを買うことができました。

でもさすがにその時は下げすぎたので、ちょっと罪悪感も。 なので、やり過ぎには注意です。

全部の方法をやることは難しいかもしれませんが、ぜひどれか1つでも試してみてください。 楽しい海外旅行を!