僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

画像の説明
画像の説明
画像の説明

日本を超えた!?ネパールの日本食がハイレベルすぎて震えちゃった件

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話

f:id:kei-lmnop:20160524081616j:plain

ナマステ! ネパールに来てからもうすぐ3週間です。 最近、初めて日本食レストランに行って、日本食を食べました。

実は、ネパールは日本食天国として有名な国なんです。

「そんなんいうても、なんとか食えるレベルでしょ」って勝手に思ってましたが、土下座して謝ります。

実際に食いに行ってみたら、なんと!!!!! うますぎてうますぎて震えました。

ネパールで食べられる日本食料理をご紹介します。

食べに行ったのは「桃太郎」

今回、先輩隊員に連れて行ってもらったのは、「桃太郎」というお店です。 チェーン店なので、カトマンズでも何店舗か見ることができます。 先輩曰く、値段も味も一番親しみやすいお店とのこと。

f:id:kei-lmnop:20160524081621j:plain

メニューはこんな感じ

  

店に入って、席について早速メニューを確認。 いくつか写真を撮ったので参考までに載せておきます。

ラーメンや丼ぶりはもちろん、ポテトサラダ、揚げ出し豆腐などの居酒屋一品メニューもありました。

f:id:kei-lmnop:20160524081610j:plain

f:id:kei-lmnop:20160524081612j:plain

なぜか分かりませんが、ダルバート(ネパールで一般的なカレー定食)もあります(笑) しかも値段は通常の3倍くらいする…。 ここまできてあえてのダルバートにしようかと一瞬思いましたが、日本食が食べたすぎたのでやめました。

f:id:kei-lmnop:20160524081622j:plain

注文したのは「カツ丼ちゃん」

ラーメンにするか。それともガッツリ丼で行くか。それともあえてのダルバートか(それはない) 数あるメニューの中から僕が選んだのはカツ丼ちゃんでした。 (※愛しすぎて、「ちゃん」付けしてます。ご了承ください)

15分くらい経つと、念願のカツ丼ちゃんが来ました!!!! 待っている間は、好きな子に告白するために、その子を呼び出して、待ち合わせ場所に来るのを待っている感じでした(笑)

こちらがカツ丼ちゃん。 まさかの味噌汁くんと漬物ちゃん付きです。

f:id:kei-lmnop:20160524081614j:plain

アップでどうぞ。

f:id:kei-lmnop:20160524081616j:plain

やばいでしょ!?!? まさに日本のカツ丼ちゃんそのものでした。 カツ丼ちゃんが僕の手元に来た時の感動はたぶん一生忘れません。

見た目だけじゃなかった!味も本物!

食べてみたら、うますぎてうますぎて震えました。 写真で表すなら僕はこんな感じだったと思います。

f:id:kei-lmnop:20160524081645j:plain

見た目だけでなく、味も日本で食べるカツ丼ちゃんそのものでした。 こんなにうまいなんて夢にも思わなかった。 例えるなら、見た目が綺麗な女の子に一目惚れして、いざ付き合ったら性格も素晴らしくよかったみたいな?(笑)

あまりにもうまかったので、そんなにうまそうに食うなら連れてきた甲斐があるとまで言ってもらいました。 そしてその連れてきてもらった先輩からはこんな名言が飛び出しました。

海外で食う日本食ほどうまいものはないよ

いやー間違いないっす。 間違いなく、日本で食うカツ丼よりうまかったです。

お腹だけじゃなくて、心も満腹になった 

ここからは少し真面目に戻します(笑) 食べて終わって思ったのは、日本食が持つパワーの大きさ。 ただ単にお腹がいっぱいになっただけじゃなくて、心まで満腹になった感じがしました。

お腹いっぱいになるだけなら、ダルバートを食べてもなります。 でも、いくらダルバートを食べても、たぶん心までお腹いっぱいにはなりません。

実は日本食は毎日自炊して作っていました。 同期隊員と親子丼とか、照り焼き丼とか作りました。 でも調味料がなかったり、あるいは高くて買えなかったりって感じで、ちょっと本物の味とは違うんですよね。

それだけに「桃太郎」で食べた料理のレベルが高すぎてびっくりしました。

昔、こんな記事を書きました。

www.keikawakita.com

いざ自分が海外に来てみて、日本食レストランのありがたみを感じました。 ありがとうの気持ちでいっぱいです。

気になる金額はこちら!

 

「でもどうせむちゃくちゃ高いんでしょ」って思ったあなたへ。 そんなあなたに朗報です。 カツ丼1つの値段は390ルピーに税金23%をかけて、合計485ルピーでした。 (税金はサービス料10%に、さらに付加価値税13%が乗っかるのでこの金額になります。単純に23%をかけるのではありません)

日本円に換算すると、こちら。(2015/7/20現在・EXCHANGE-RATES.ORGを使用)

f:id:kei-lmnop:20160524081601j:plain

日本円で大体600円くらい。 現地のレストランで食べると、大体1回100~200ルピー(日本円で120~240円くらい)なので、かなり贅沢。 でも、日本と変わらない味を、日本と変わらない値段で食べられるのだから、コスパは抜群です。 支給される現地生活費を考えると、毎日は無理でも、疲れたときとかに月に数回は食べに来れる値段です。

それにしても、一番敷居の低い日本食レストランでこの味… ネパールに日本食レストランのレベルは末恐ろしいですね。

アクセスはこちら!

 

最後に気になる場所を載せておきます。 「桃太郎」さんはチェーン店なので、カトマンズの他の場所でも行けますが、僕が行ったのはこのお店です。

Momotarou Restaurant - Place to visit | Nepal Travel

ちょっと市内中心部や観光スポットから外れているので、他の店舗の方がいいかもしれません。 地球の歩き方にも載っているので、チェックしてみてください。

まとめ

ハイレベルと言われるネパールの日本食レストランに行ったら、カツ丼ちゃんがうますぎてうますぎて震えちゃいました。 たぶん、日本で食べるカツ丼より数倍美味しいです。 日本食が持つパワーを思い知りました。

日本食レストランはまだまだあるので、これからも行ってみたいと思います。 日本食レストランに興味のある方はこちらをどうぞ。 電子書籍で122円!激安です!