僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

大学生向け海外派遣・研修プログラム!行かなきゃ損するおすすめ7選

f:id:kei-lmnop:20160525105726p:plain

「学生時代に戻れたらな…」
アラサーにもなると時々こんなことを周りが言っていたりします。
僕はというと正直、あんまり戻りたいってのは思わない(笑)

でももし戻れるとしたら、もっと海外系のプログラムに参加していたと思います。
そこで、自分が学生時代に見つけていたら、絶対に参加した海外系プログラムを紹介します。
大学生の方、必見です。
社会人の方、僕と同じように羨ましがってください(笑)

大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム①長期留学:トビタテ!留学JAPAN

なんといっても、まずはこれでしょ。 トビタテ!留学JAPAN

f:id:kei-lmnop:20160525105726p:plain

官民協働の最強の留学奨学金プログラムです。

当ブログでも何度も記事にしています。

www.keikawakita.com

奨学金の手厚さもMAX月額20万円っていうハンパない金額。 それだけじゃない。 語学、単位取得のいわゆる従来の留学だけでなくインターン、ボランティアも対象になる。 しかも、同期になる全国の面白い人たちともつながれる。

僕がグダグダ説明するよりもホームページ早くチェックしてください。 このプログラムに関しては、参加しない理由を探す方が難しい。 それくらいの内容です。

公式ホームページはこちら。

www.tobitate.mext.go.jp

大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム②インターン:サムライカレープロジェクト

続いてはカンボジアを舞台にカレー屋さんで働けるインターン系プログラム。 サムライカレープロジェクト

こちらも当ブログで紹介したことがあります。

www.keikawakita.com

羨ましがって見ていた社会人の方に朗報です。 ちなみにこのプログラムは社会人でも参加可能です。 詳しくは公式HPをチェックしてください。意外と学生の比率は低いですね。

サムライカレーFAQ – サムライカレープロジェクト カンボジア インターン型起業体験

興味ある人は電子書籍もチェックしてみるといいです。 ホームページから請求すると、今(5月20日時点)なら無料になっているみたいですよ!

学生が行くべき海外プログラム③旅:旅人育成企画タビイク

続いては旅人育成企画タビイクです。 「1人旅ができる人を増やすこと」を目的としたプログラムなんですが、これこそ大学生のリア充企画です。 仕事で凹んでるときとかにこれ見ると、眩しすぎてさらに凹みますよ(笑)

仕組みも超面白い。 「旅に行ってみたいんだけど、なかなか踏み出せない」っていう人の心理を見事に突いています。
大学生の時に行く海外への旅って、それだけで研修1つ分の価値があります。

気になる人はHPをチェックしてくださいな~。

www.tabiiku.net

<h2大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム④スタディツアー:MOTIプロジェクト

続いてはスタディツアーのMOTIプロジェクト。 京都で出会った大学生が参加した経験があってその存在を知りました。 アフリカや南米、インドなど、世界のいろんな場所に行けちゃう。

motiproject.net

面白いのは、大学生自らがプロジェクトリーダーとなって、一から企画をつくれるところです。 自分が行きたい場所に行くスタディツアーを自分でガチンコでつくる。

参加人数が10名以下だと企画倒れで解散。 一方で、14名以上集めることができれば自分の渡航費も無料に。 こんな面白い企画、あっていいんですか?

内容を紹介するYoutube動画があったので、参考までに。

大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム⑤短期留学:チェンジメーカー留学

留学エージェントの毎日エデュケーションさんがやっているチェンジメーカー留学。 どんな内容かというと、各企画によって異なるものの、「スタディツアー×インターン×留学」のようなイメージです。 スタディツアーは知る、インターンは働く、留学は学ぶっていうのがそれぞれの特徴。 それぞれをうまい具合にブレンドさせた新しいタイプの海外プログラムだと思います。

チェンジメーカー留学プログラム一覧|毎日留学ナビ

ホームページにも書いてありますが、社会を変え、自分を変えるきっかけを提供してくれるプログラムのようです。

ちょっと古いですが、ベトナム企画をつくられた方のインタビュー記事です。

大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム⑥インターン:海外ビジネス武者修行プログラム

インターン系でも特にガチンコなのが「海外ビジネス武者修行プログラム」。
もう名前からしてガチンコですもんね(笑)

mushashugyo.jp

自分でビジネスプランを0から考え、ベトナムで実際にやってみるという内容。
ビジネスプランのコンテストなんかはたくさんありますが、実際にプランを形にするのってなかなかできない。
やってみること以上に得られる学びってないので、得るものがたくさんあるインターンになりそうです。


大学生向けNo.1アジア新興国インターンシップ_海外ビジネス武者修行プログラム

僕も青年海外協力隊として、ビジネス支援に携わっていますが、海外でビジネスをやるのって超難しいです。
日本だったら何も問題にならない些細なことが、大きな壁として立ちはだかります。
それだけに、学生のうちからこうした経験を積めたら全然今は違っていたのかと思います。

将来、海外で働きたいと思っている人は絶対にやってみる価値ありですね。

大学生におすすめの海外派遣・研修プログラム⑦短期ボランティア:青年海外協力隊・大学連携ボランティア派遣

短期で海外ボランティアをしてみたい大学生におすすめなのがこれ。
青年海外協力隊の大学連携ボランティア派遣制度です。

青年海外協力隊は、2年間途上国でボランティアをする制度。
でも実はあまり知られていませんが、協力隊には大学連携ボランティア制度というものがあります。
協力隊を運営するJICAと覚書を交わした大学では、このプログラムを実施しています。

参考までに、2016年5月31日現在の覚書締結校はこちら。

f:id:kei-lmnop:20170418140109p:plain
引用:大学の皆さまへ | 事業ごとの取り組み | 事業・プロジェクト - JICA

全ての大学にあるわけではないのですが、もしかしたらあなたの通う大学でもプログラムがあるかもしれません。
なので、大学の事務所に問い合わせてみる価値はありですね。
こんな風にホームページに掲載されているかもしれません。

NEWS:JICA 大学連携ボランティア派遣 募集のお知らせ|東京海洋大学 グローバル人材育成プログラム



ネパールにも日体大の大学生が来ていましたが、非常にいい経験をしているなと思いました。
また現役の協力隊員とも触れ合うチャンスがあるので、協力隊に興味がある人にはうってつけですね。

「大学生」ってだけでチャンスは無数に転がっている!海外に行ってみよう!

大学生のうちに気付けないめちゃくちゃ重要なこととして、「大学生」という身分の価値が挙げられます。
大学生ってだけでお金がそんなにかからなかったり、こういう面白いプログラムに参加できるわけです。
これは素晴らしく恵まれたことです。

紹介したプログラムの中で、もし気に入ったものがあったらぜひ参加してみてください!
ちなみに青年海外協力隊になりたい人には、大学を休職しての参加が一番おすすめですよ。

次は⇒新卒よりも休学して青年海外協力隊になった方がお得な3つの理由

ネパールのアイドル、ラプシーちゃんの一言! 

 

私もネパール以外に行ってみたいな~