僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

青年海外協力隊候補生が派遣前訓練中に読むべき本10選

f:id:kei-lmnop:20160526053752j:plain

青年海外協力隊・駒ヶ根訓練所に入って1週間! 訓練所内に何がどこにあるかもだいぶ頭に入ってきました。 施設が非常に充実している訓練所の中でも特に気に入ったのが図書書!

僕は本が大好きなのと、図書書なんてあることを想定していなかったこともあって非常に嬉しい誤算でした。 しかも、これまた嬉しいことに、結構いい本置いてあるんです。 国際協力、社会起業、BOPビジネス、各種言語、文化論など協力隊になる人にとってはたまらん充実っぷり。

そこでおすすめの本を紹介していきます。

駒ヶ根訓練所の図書室に置いてあるおすすめの本!

開発調査手法の革命と再生―貧しい人々のリアリティを求め続けて―

開発調査手法の革命と再生―貧しい人々のリアリティを求め続けて―

入所前にあったコミュニティ開発の技術補完研修でも、先生に読むべきと言われたロバート・チェンバースの本。 参加型開発の第一人者と言われている人なので、この人の本は絶対に読んでおきたい。 青年海外協力隊ブロガーとして有名な宮崎大輔さんもおすすめしている。

青年海外協力隊になりたい人向け!必ず国際ボランティア活動の役に立つおすすめの25冊の本 | JIBURi.com

途上国の人々との話し方―国際協力メタファシリテーションの手法

途上国の人々との話し方―国際協力メタファシリテーションの手法

こちらもパナマに派遣中の青年海外協力隊ブロガーの宮崎大輔さんのおすすめ。 コミュニティ開発の僕は、特に現地の人々との対話が活動のカギなので、必ず読みたい。

なぜ、あの人はいつも好かれるのか (単行本)

なぜ、あの人はいつも好かれるのか (単行本)

上2冊とはちょっと毛色が違う本。 本田健さんの「ユダヤ人大富豪の教え」を最近読み直して本田さんの本が気になっているのもあって手に取った1冊。 人間関係で悩んでいるわけじゃないけど、気になったってことはきっと心の奥深くで求めているんでしょう!

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある

世界を変えるデザイン――ものづくりには夢がある

  • 作者: シンシアスミス,槌屋詩野,北村陽子
  • 出版社/メーカー: 英治出版
  • 発売日: 2009/10/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 19人 クリック: 394回
  • この商品を含むブログ (27件) を見る

デザインという観点からBOPビジネスの事例を紹介した本。 様々な事例を知りたいのと、デザインという言葉がついた本はあまり読んだことがないので興味がある。

未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略

未来は言葉でつくられる 突破する1行の戦略

ビジョナリーカンパニーならぬ、ビジョナリーワードを紹介してくれる本。表紙とタイトルにピンときた。 アップル、グーグル、アマゾン、ディズニーなど熱狂的なファインを生み出してきた企業のワードをもとに、どうやったらそのようなビジョナリーワードをつくれるかも教えてくれる一冊。 読むのがかなり楽しみ。

ネパールを知るための60章 エリア・スタディーズ

ネパールを知るための60章 エリア・スタディーズ

有名な知るシリーズのネパール版。 なんだかんだまだ読んでなかったので、任国を知るためにも必読ですね。 もちろん、ネパールだけでなく、世界各国バージョンのが置いてあります。

世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ

世界と恋するおしごと―国際協力のトビラ

国際協力の第一人者、山本先生の著書。 協力隊を受けるか考えていた時、何度もこの記事を読ませてもらいました。

山本先生の本はいくつか読んだけど、これは読んでいないのでこれも読みたい。

アフリカに大学をつくったサムライたち―ジョモ・ケニヤッタ農工大学物語

アフリカに大学をつくったサムライたち―ジョモ・ケニヤッタ農工大学物語

タイトルに惹かれて手に取った1冊。 E-educationの税所さんがソマリランドに大学院をつくりましたが、それを連想しました。 どんな内容なのか気になる。

親子でつくろう! 遊べるおりがみ

親子でつくろう! 遊べるおりがみ

折り紙は行く前に絶対にマスターしたい日本文化の1つ。 何せ、僕は鶴さえ折れないのだ!(自慢になってない)本を見ながらでも折れるようになりたい。

世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと

世界一大きな問題のシンプルな解き方――私が貧困解決の現場で学んだこと

貧困問題をシンプルなビジネスで解決する事例を紹介する本。 ブクログでの評価も高いので、読むのが楽しみ。

最後に

訓練中は忙しいですが、それまでにどれだけ読めるか。 ネパール語の勉強や他の講座、ブログとのバランスをうまく見ながら、できれば全部読めるようにしたいですね。