Kei's Way@Nepal

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

やましたひでこさんの断捨離本に書いてある、人生にも大事なこと

f:id:kei-lmnop:20160527092622j:plain

ただいま絶賛引っ越しの荷造り中です! まあ意外と進まない!もっとポンポン効率よくやりたいのですが。 何せ寮の部屋汚いランキングベスト3に入ると寮母さんに言われてしまってる部屋なので(笑)

進まない理由は明確!物を捨てられないんです。 「いつか使うんじゃないか」とか思っちゃって全く捨てられません。 そんな僕にぴったりの言葉を見つけたので、紹介します! 引っ越し準備中の全国の捨てられネーゼさん!一緒に頑張りましょう!(笑)

断捨離の方法:キーワードは「今」の「自分」

なかなか片付かないって思ってたら、そういえばこんな本を読んだことを思い出しました。

著者のやましたさんが言っている捨てる時の基準は超明確です。 「自分」が「今」、使うものなのか。 たったそれだけです。

別のインタビュー記事にもこんなことが書いてありました。

断捨離が、いわゆる収納術と違うのは、モノを移動させ、しまい込むのではなく、まずは、今あるモノを徹底的に絞り込む点。
キーワードは「今」の「私」にふさわしいか。
「高かったから、捨てるのはもったいない」「いつか使うかもしれない」など、過去や未来にしばられていると、何も捨てられません。
時間軸は常に「今」。それだけでも、随分シンプルに「要・不要」が分けられると思います。

「片付け」で幸せになる!(1) 「断捨離」提唱者・やましたひでこさん

「物」を主語にしないで、「自分」を主語にする。 そして時間軸は過去でも、未来でもなくて、「今」。

この基準で片づけをやっていくと、結構テキパキと作業が進みました。 ありがたい!

人生の選択も「今」の「自分」で考えよう

片づけをしてたら、ふと思いました。 「あれ、この基準って人生の大事な選択にも当てはまるな~」って。

f:id:kei-lmnop:20160527092622j:plain

僕は15年3月末で会社を退職して、青年海外協力隊として7月からネパールに行きます。 今の会社は、ずっと入りたくて仕方がなかった会社です。

でも僕は辞めて、別の道を選びました。 それはやっぱり、「今」の「自分」には合っていないからなんです。 会社員をこのまま続けていても、今、僕がやりたいと思っている「途上国で、事業を興す」っていうことには近づいていかない。

「せっかく入れたのにもったいない」ってよく言われますが、それは時間軸が「過去」。 「このまま居続けたら将来安泰なのに」ってよく言われますが、それは時間軸が「未来」。

過去も未来も大事。でも一番大事なのは「今」なんです。

大事な選択ほど悩むのは分かります。 だからこそ、基準はシンプルに考えたほうがいいと思います。

片付けも、人生の選択も、Let's 断捨離!