僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

1月下旬から第3期生募集が始まる「トビタテ!留学JAPAN」が抱える2つの課題

f:id:kei-lmnop:20160530085134j:plain

「トビタテ!留学JAPAN」って知ってますか? 官民一体で日本から留学する人を増やそうというプロジェクトで、超・超・超手厚い奨学金制度です!

僕が学生だったら間違いなく使って留学してます! 詳細はこちら。

www.keikawakita.com

そんな「トビタテ!~」ですが、昨日開催した留学セミナーに来てくれた人たちとの会話の中でちょうど話が出ました。 そこで、最近僕が感じている「トビタテ!~」の課題について、書いてみます。 制度の内容だけ見ると超魅力的なんですが、まだまだ課題があるように感じました。

1.知名度がまだまだ低い

まず1つ目!端的に「トビタテ!留学JAPAN」ってまだまだ知られていないんだなってこと。

最近、「留学に行きたい!でもお金がなくて困っている。」という話を聞きました。 その子は、短期で1か月間イギリスに行ったのですが、そこで自分の内面が大きく変わったのを実感したと言っていました。 そして、そんな経験ができるなら、もう一度、今度は長い期間留学をしてみたいと。

めちゃくちゃ理想のパターンですね。でも確かにイギリスはお金がかかるし、高い。 もう知ってるだろうと思いつつ、自然と「トビタテ~なんかどうかな?」って話をしたんですが、すると、びっくり仰天! 「なんですか?それ!?」って言われました。

単純に個人的に知らなかっただけなのかもしれませんが、留学の話をしていて「トビタテ!~」の話をしても同じような反応をされることが他にもありました。

統計もないし、あくまでも個人的な感覚なので、どれだけ正しいかは分かりません。 でもこんなに手厚い内容なのに、留学に興味を持っている人でまだ知らない人がいるってのは1つ大きな課題なんじゃないかなと思います。

なんでこうなってるかを少し考えますと、学校から申請しないといけないことが1つの理由かなと思います。 「日本の学校に在籍する学生」という風に対象を区切っていることもありますが、大学など学校を通して「トビタテ!~」の申請をしないといけない。 ってことは、大学の事務所なんか行けば告知はされていますが、大学の事務所なんて普通は行かない(笑)

同じように留学に興味があったり、国際交流サークルなんかに所属していれば、自然と情報は入ってくる。 でもそうした横のつながりがない学生は、たぶん知る機会がない。 留学者数を増やすのがこのプロジェクトの目標でなら、そうした学生にまでリーチする必要があるのは明確です。

2.プログラムのハードルが高い

もう1つ感じているのは、プログラムのハードルの高さ

f:id:kei-lmnop:20160530085134j:plain

(出典:トビタテ!留学JAPAN JASSOホームページ

もし、僕が大学生のときにこのプログラムがあったら。 留学から帰ってきた僕なら、間違いなく応募をする。 でも、留学に行く前の僕なら、たぶん応募をしない。 それは僕が世界レベルのチキンハートだから(笑)ってのはおいておいて!

なんで応募をしないかっていうと、自分ならやれるっていう自信がないから。 ここに載っている4つのプログラムはすごく面白いし、今までにない留学がこれだったらできそう。 でも、海外に行ったことがない人だったり、留学に少し興味があるレベルの人にとっては、このプログラムはレベルが高すぎるんです。

昨年の2月にこの制度ができるっていうことを聞いて、実はある大学で行われた説明会に潜りこみました! 社会人3年目のおっさんもまだまだ大学生で通じるんだなと密かに嬉しかったのはさておき! 来ていた人たちとグループワークをする機会がありました。

そこで来ていた人たちはまあ肉食系の集まり! 留学を一度経験している人だったり、自分で起業している人だったり、途上国でのインターンに飛び込んじゃう人だったり。 ミスターチルドレンならぬ、ミスターチキンの留学前の僕だったら間違いなく逃げ出していました。

このプロジェクトの目標は、日本からの留学者数を増やすこと。 そのためには、留学前の僕みたいな人をどんどん取り込まないといけない。 でも、現状はそういう人が応募できるコースがない。 そりゃ、企業からお金集めてるからそうしないといけないのは分かりますけどね。

今後、「高校生コース」「地域人材コース」などの新しいコースが出てくるらしいので、もう少しハードルを下げたコースもつくるべきだと思います。

第3期募集が始まりますよ!

とまあここまで、グダグダ偉そうに書いてきましたが、結局思うことは1つ! 1人でも多くの人に留学の素晴らしさを体験してほしい。 ただそれだけ!っていうのも、留学行くと、人生が変わるから!これ本当だから!

こんなに素晴らしい制度があるのに、使わないのなんてもったいない! 一方で、留学者数を増やすのであれば、もう少し制度の改善ができるのも事実! そんな想いでこの記事を書きました。

実は第3期募集が1月下旬から始まります!

f:id:kei-lmnop:20160530085155j:plain (出典:トビタテ!留学JAPAN ホームページ

まだエントリー期間は始まっていないのですが、そろそろ発表されるはず! 気になる人はホームページをまめにチェックしてください!

応募者数に関するこんな記事を見つけました。

海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN」応募者数が減少、第1期の半数以下 - ライブドアニュース

1期生は注目度も高いので、それに比べると2期生の応募者数が減るのは分かりますが、いくらなんでも減り過ぎです。 要因が記事に書いてありますが、僕はそこではないと思います。 このまま応募者数が減り続けて、プロジェクト自体がなくなることだけはないようにしてほしい!