僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

Airbnbがこんなにも人気な理由をネパールで実際にやってみた僕が考えてみた

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160531101121j:plain

ナマステ! Airbnbというサービスを使ったことはありますか? 自宅を貸したい人とそこに泊まりたい旅行者をつなげる、今、大人気のサービスです!。

www.airbnb.jp

僕自身もネパールで使ってみました。

www.keikawakita.com

今、Airbnbは約190ヶ国に展開されている世界中で人気のサービスなんです。 実際に使ってみて、これだけ人気が出る理由がよく分かりました。

今回はその理由を紹介していきます。

「他人の家に泊まる・他人を家に泊める」がカギ

Airbnbが人気の理由は僕が思うに超シンプルです。

何がAirbnbの最大の特徴かというと、「他人の家に泊まる・他人を家に泊める」というゲストとホストの関係です。 そしてこの特徴こそが、人と人の温かいつながりというAirbnbにしかない価値を生むと僕は思っています。

そう思うようになったのは、この本を昨年読んだことを思い出したからです。

大富豪アニキの教え

大富豪アニキの教え

インドネシアのバリ島に住む日本人経営者の丸尾さん、通称「アニキ」の教えが詰まっている本です。 生きていくのに必要な考え方がたくさん載っています。 これを読んでから僕は年賀状を真面目に出すようになりました(笑)

それはさておき! なぜ「他人の家に泊まる」という行為が温かいつながりを生むのか。 この本を読むとその理由がよく分かります。

アニキは「泊まる」ことについてこんな風に語っています。

「共有した時間の歴史が長ければ長いほどな、間違いなく親しくなれるよ。 だから『ちょっと、おまえ、うちに泊まれよ』って言うたら、それで終いの話やねん。 そうしたら相手にもな、泊めてあげれるくらい『大切にしているんやで』って気持ちが、バコーンと、伝わるんやて」

これを思い出して、僕はなるほどなと腑に落ちました。

「お互いを大切にする」という感情が忘れられないからハマる 

僕がネパールでAirbnbを利用して感じたのは、まさにこの「大切にされている」という感覚でした。

f:id:kei-lmnop:20160531101121j:plain

他人を自分の家に泊まらせるって結構ハードル高いことだと思います。 しかも、知り合って1日目。というか会って数分。 それも見知らぬ外国人。ジャパニーズ。

そんな僕らなのに、まるで数年ぶりに会った友人みたいに、ホストの彼らは振る舞ってくれました。

夜寒くないか聞いてくれたり、シャワーが出なくなったら直してくれたり。 はたまたお土産を買うのについていこうかって言ってくれたり、夜ご飯を一緒に食べさせてくれたり。 最後は空港まで送ってくれたり、とあげればキリがないくらい、僕らのことを気遣ってくれました。

そして、お子さんやおばあさんら、ご家族を紹介してくれて、家族の一員のように接してくれました。 これらは絶対にホテルではできない。

そんな風に接してくれたお返しに、僕らもできる限りのことをしました。 日本のお菓子をプレゼントしたり、折り紙を子供たちに折ってあげたり。 あとは朝晩はめちゃくちゃ冷えるカトマンズだからか、ホッカイロをあげたらめちゃくちゃ喜んでくれました。

そんなわけで、日本に帰ってから、ホッカイロを箱買いしてネパールまで送りました。 超めんどくさがりの僕ですが、それだけは自らすすんでやりました! お金を払うのは僕だけど、これで喜んでくれると嬉しいな!って思って。

普段じゃ泊まれない家に泊まれるとか、宿代が安上がりで済むっていう理由でAirbnbを使っている人ももちろんいると思う。 でも、一番多いのは、「他人の家に泊まる・他人を家に泊める」という関係から生まれる「お互いを大切にする」という感情が忘れられないからなんだと思うんです。

ネパールで暮らし始めたら、また遊びに行きたい!

大富豪アニキの教え

大富豪アニキの教え