僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

ネパールでAirbnbを使ってみたら、あまりにも素晴らしすぎた件

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160531101541j:plain

あけましておめでとうございます! 実は1日までネパールに行っていました!

書きたいことがたくさんあって、すごく充実した時間になったのですが、帰国直後から発熱&腹痛でダウン…。 今日になってやっとまともに食事ができるようになりました!なんて幸先のいい1年の始まりだ(笑)

ネパールは全部で3泊4日だったのですが、滞在中は全てAirbnbを使いました! Airbnbとは、自宅を貸したい人とそこに泊まりたい旅行者をつなげる今大注目のサービスです!

www.airbnb.jp

実はAirbnbを使ったのは今回が初めてだったのですが、使ってみた感想は一言。 まあすばらしい! どんなところに泊まって、どんな体験をしてきたのかを書いてみます。

宿泊先の紹介!1泊目:Pawan家!

今回は1泊目はPawanさんのお宅へ、2・3泊目はAnandaさんのお宅へお邪魔しました! たまたま3人で撮った写真があったので、恥ずかしいですがアップします。

f:id:kei-lmnop:20160531101658j:plain

左がAnanda、真ん中がPawan、右が寝起きの僕です!

まずはPawan家から!

f:id:kei-lmnop:20160531101742j:plain 見た目からして、かなり立派ですね!

f:id:kei-lmnop:20160531101737j:plain 泊まらせてもらったお部屋!かなりきれいでしょ?

f:id:kei-lmnop:20160531101800j:plain 自由に使えるキッチン!(全く使わなかったけど!)

f:id:kei-lmnop:20160531101733j:plain 中庭までありました!

f:id:kei-lmnop:20160531101750j:plain 屋上からはこんな景色も見えます!

これで温かいシャワーも出て、Free Wi-fiもついていて、値段は破格の1泊1部屋1862円でした!(当時のレート) 今回は2人で行ったので、1人当たり931円!単純にもうホテルに泊まる気にはなりません。

宿泊先の紹介!2・3泊目:Ananda家!

あまりにもPawan家が良すぎたので、そのまま3泊全部泊まろうと思ったら、なんともう予約でいっぱい! ってことでどうしようか相談したら、すぐ近くに友達がやっている部屋があるから紹介するよってことで紹介してもらったのがAnandaのお宅でした!

f:id:kei-lmnop:20160530053408j:plain 見た目は負けず劣らずの豪華っぷり!

f:id:kei-lmnop:20160530053409j:plain こんなでっかい水槽がありました!リッチ!

f:id:kei-lmnop:20160530053410j:plain お部屋もすごく綺麗でベッドが最高に気持ちよかった!

Pawan家と同様、これで温かいシャワーも出て、Free Wi-fiもついています! なのに、値段は破格の1泊1部屋1862円でした!(当時のレート) 2人で割り勘すると、1人当たり931円!もはや驚きです。

素晴らしすぎた理由:家の豪華さよりも人の温かさ

こんなに素敵なお宅に泊まらせてもらったので、それはそれは快適で、本当に楽しい4日間でした。 でも、ただ設備面が良かったから快適だったわけでもないし、楽しかったわけでもない。

何よりも、泊まらせてもらった家のホスト達の存在が快適さ・楽しさをもたらしている一番の理由だと思いました。

この人たち、気配りがハンパなかった。 例えば、Anandaの家に泊まることになった経緯もそう。 市内を歩くときに地図がほしいって言ったらすぐに地図を用意してくれたし、タクシーの相場もぼったくられないように教えてくれた。 シャワーが壊れてお湯が出なかったときはすぐに直してくれたし、いつも寒くないか聞いてくれた。 お土産を買いに行きたいって言ったら連れてってあげるよなんて言ってくれたし。 もうね、そういう1つ1つの気遣いが本当に温かった。 それは商業的なものじゃなくて、1人の友人としてやってくれた感覚でした。

そういう人たちだからこそ、彼らや彼らの家族との交流もすごく楽しかった。 まず両家ともに英語がペラペラだったので、問題なく会話ができたことが大きかった。 日中に街を見て思った疑問を素直に聞いてみると、ああそうなんだっていう答えをもらえたり。 逆に日本ではどうなの?みたいなことも聞かれて話をしたり。

そしてAnanda家では一緒にご飯も食べさせてもらった! これはネパールの人たちが日常で食べているダルバートと呼ばれるもの。辛くなくておいしかった!

f:id:kei-lmnop:20160530053413j:plain

Ananda家には3日間いたので、子供たちともたくさん遊べた。本当にネパールの子はかわいい!

f:id:kei-lmnop:20160530053412j:plain

最後にはご家族全員で記念写真!

f:id:kei-lmnop:20160531101541j:plain

僕が夏からネパールで2年間暮らすことを伝えたら、いつでもまた来ていいし、好きに使ってよって言ってくれました。 お世辞だとしてもそんなことを言ってくれる人が協力隊として赴任する前からできるなんて夢にも思わなかった!

人と人の温かいつながりが生まれる。 Airbnbがこんなにも世界中で使われている理由がよく分かった体験でした! ダンニャバード!