家にテレビすらないのに、家電メーカーに就職した理由

★今月の一押し記事!

f:id:kei-lmnop:20160602091819j:plain

先日実施した留学セミナー&相談会で、意外と仕事やキャリアの話が沢山出ました。

留学セミナー&相談会をやってみて感じたこと – Kei’s Way@ネパール-第一志望の会社を3年で辞めた27歳が ネパールで起業するまで

そこで、約3年間、なんで今の会社で働いているのかを書いてみようかなと思います。
家にテレビすらない僕が、なぜ今の会社である家電メーカーで働くことを選んだのか。
それには、海外で起きた2つの体験が大きな影響を及ぼしている気がします。
それにしても「テレビないとか、テレビ作っている会社なのに信じられん」とかよく言われます(笑)

オーストラリア留学中:タクシードライバーとの会話

f:id:kei-lmnop:20160602091659j:plain
いつだったかは正確には覚えていないけど、確か着いて早々だったと思う。
僕が大学2年でオーストラリアのシドニーに留学をしていた頃の話。
何かの機会でタクシーを利用することがあって、そのタクシードライバーと会話が始まった。

「どこから来たんだい?」的な定番の会話から始まり、僕はいつも通り「日本」と答えた。
そうすると、その運転手さんは目の色を変えて語り始めた。

「そうか!日本なのか!この車はTOYOTA製なんだけど、実は20年くらい乗ってるのに1度も修理に出したことがないんだよ!本当に助かってるんだ!ありがとう!」

言っておくけど、僕は世界のトヨタさんとは何も関係がない。
親戚がトヨタで働いているわけでもない。
関わりと言えば、就活の時に受けて、エントリーシートで落とされたくらい(笑)

なのに、運転手さんは僕に「ありがとう」と言った。
なんだか凄く嬉しかったし、日本のモノづくりを初めて誇りに思えた

海外で旅をしたり、留学したことがある人にとってはあるあるかもしれない。
でもそれがメーカーを強く意識するようになった初めてのきっかけ。

カンボジア一人旅:現地の子供たちとカメラ

f:id:kei-lmnop:20160602091719j:plain

もう1つは、大学4年で人生初めての一人旅でカンボジアを訪れたときのこと。

www.keikawakita.com

アンコールワットには、たくさんの子供たちがいた。
観光客を相手にお土産を買うようせがんだり、1ドルをくれってお願いしてくる。
当然ながら、ほとんどの観光客は見向きもしない。
だから、その時は、みんな悲しそうな顔をしている。

でも、そんな顔をしている彼らが笑顔になる瞬間があった。
それは僕が持っていたデジカメで写真を撮ってあげたとき

さっきまで、悲惨な顔をしていたのが嘘みたいに、ポーズを取ってくれる。
写り方が気に入らないときはもっかい撮ってくれって言ってくる子もいた。
「お兄さん、写真撮ってくれたからもう買わなくていいよ」ってお土産を買わずに済むこともあった(笑)

日本では当たり前にある物が、当たり前になっていない世界がある。
そして、その物があることが当たり前になった時、きっとその世界は良い方向に変わっていく。

この体験も、海外を旅している人にとってはそれほど珍しい体験ではないかもしれない。
でも、僕にとってはこの体験はすごく大きい出来事で、これがなければきっと今は家電メーカーで働いていない。

日本のモノづくりを新興国に届けたい

f:id:kei-lmnop:20160602091819j:plain

この2つの体験が大きなきっかけとなって、就職活動はメーカーにほぼ絞って受けました。
言い方は様々ですが、「日本のモノづくりを新興国に届ける」っていうことをメインに語っていました。
なので、「海外にこれから積極的に出るぞ」っていう会社と相性が良かったように思います。

これは個人的な価値観なのですが、もうすでに十分豊かな先進国をこれ以上豊かにすることにあまりやりがいは感じません。
テレビが5㎜薄くなったとか、省エネ性が5%上がったとか全然興味がない。
それよりも、まだまだ発展途上の新興国を豊かにしていきたい。
8~9を10にするよりも、2~3を5や6にする方が意味があるし、双方にとって喜びも大きいと思う。

まとめると、

・留学中に日本のモノづくりの凄さを実感

・モノづくりの力が新興国にまで届いていないことに可能性を感じる

「日本のモノづくりを新興国に届けたい」⇒ 日系家電メーカーへ就職

僕が海外に行かなかったら、この体験をすることはなかった。
それはすなわちメーカーに入ることはなかったかもしれないということ。
そう考えると、海外で起きることって人生を変えるようなインパクトがあるんだなってつくづく思います。

「入りたい会社にも入れたし、人生バラ色!」なんて思うかもしれませんが、そううまくはいかないのが現実なんですね。
結局、新しくやりたいことができて3年で辞めてしまいました。
そんなわけで今はネパールにいます。人生分からないもんです。

「いいね!」で
更新通知が来ます!

ブログじゃ書かないつぶやきを
☆おすすめ記事

無料メール講座をメルマガで配信中!