僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

英語圏留学するなら、まずアジアのマレーシアに行くべき3つの理由

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160530091044j:plain

留学と言えば、やっぱり英語圏留学が一番王道ですね! そして過去の記事でも書いてますが、留学をするなら行先を決める前に、実際に現地に行ってみることを強く僕はおすすめします。

www.keikawakita.com

もし事前に行っていたら、あんなに不安になることも、怖がることもなかったと思います。

www.keikawakita.com

ただ出てくるのは、お金の問題。 アメリカ、イギリス、カナダだとやっぱり航空券高いですよね。

そこでおすすめしたいのが、マレーシアに行くことです! 「なんで英語圏留学なのに、アジアのマレーシアなの?」って思うかもしれませんが、いくつか理由があります。

リーズナブルに行けちゃいます

まず何と言っても、リーズナブルなところ! 航空券はエアアジアを使えば、3万円台で行けちゃいます! 東京・大阪間の新幹線が往復で約3万円だということを考えるとかなり格安。 Skyscannerで調べるとこんな感じです。

f:id:kei-lmnop:20160530090927j:plain

物価も激安ではないにしろ、ほとんどの物が日本より安いことは確かです。 ローカルの人が行くレストランであれば、300円くらいで食べれるはずです。

英語をガンガン使うことができちゃいます

f:id:kei-lmnop:20160530090949j:plain

留学前に必ず付き纏う不安といえば、自分の英語力です。 日本で一生懸命事前に勉強をしていたとしても、どのくらいできるのかは肌感覚でわかるのが一番です。

マレーシアはマレー語が公用語ですが、英語も難なく通じます。 ホテルで値段を交渉する、道を訪ねる、買い物をするなど、そういった日常生活の場面で、英語を使う機会がたくさんあります。 というか、英語を使わないとやっていけません! そんな環境でこそ、自分の力を試すことができます。

肝心のマレーシア人の英語ですが、日本人にとってもそんなにクセのない英語だと思います。 僕は今、仕事でマレーシア人とやり取りをすることが多いのですが、非常に聞き取りやすいし、話しやすい。 ただ、多民族社会なので、そのバックグラウンドによっては少しクセが強かったりもします。

僕の経験から言うと、インド系の人が話す人の英語は少し聞き取りづらかったりします。 でも、アメリカだろうが、イギリスだろうが、オーストラリアだろうが、どこの国に行っても、いろんな国の人がいます。 そういう意味では、いろんな英語に触れておくっていうもってこいの機会になります。

治安も良いので安心して旅できちゃいます

マレーシアはリタイアしてから、日本人が移住したい国として非常に人気です。 マレーシアの国自体が「MM2H」(マレーシア・マイセカンドホーム・プログラム)という老後に移住してくる年金生活者のためのビザを設けるくらいのウェルカム態勢! 気候が温暖とか、物価が日本より安いとか、人気の理由はいくつもあると思いますが、外せないのは治安の良さ。 治安はインフラと一緒で、良いに越したことはありませんが、マレーシアはそういった意味でも安定していると思います。

例えば、隣国のタイ。 観光大国として有名ですが、時々、クーデターがいきなり起こりますよね。。 現地の友達いわく、危険なエリアにさえ近づかなければ問題ないとのことですが、やっぱり怖いですよね。

スリなどの軽犯罪はやっぱりまだあるみたいですが、政治的な混乱もなく、安定しているマレーシアは留学前に訪れるには最適です。

「なんとかなる」という感覚をつかむことが大事

f:id:kei-lmnop:20160530091044j:plain

ここまで、マレーシアがおすすめであることを紹介していきました。 ただ、なんでここまでおすすめしているかというと、僕の弟が実は留学前にマレーシアに行ったからなんです。 彼は今、アメリカにいるんですが、留学前の予行演習としてマレーシアに行きました。

僕がシドニー留学していた時に遊びに来たこともあるんですが、そのときは僕に負けず劣らずの超ビビり。 当時中3か高1だったと思いますが、お店で店員さんに英語で話しかけられるたびに、ビビッて即店から出るくらい! もはや買い物になりませんでした(笑)

そんな彼が留学をすると言い出したわけです。 僕としてはびっくりだったのですが、誰に言われるもなく、自分でマレーシアに予行演習をしに行きました。

帰ってきた彼に感想を聞いてみると、こんなことを言ってました。

英語は通じたり、通じなかったりだった。
でも、英語が通じなくてもなんとかなるんだなって思った。

この言葉を聞いて、「ああ、アメリカに行っても大丈夫だな」って僕は思った。 留学とか、海外に行くのが怖い人って、その大半は言葉が通じないことに起因すると思う。

言葉が通じない。だから、変なトラブルに巻き込まれるかもしれない。 言葉が通じない。だから、友達ができないかもしれない。 言葉が通じない。だから、勉強についていけないかもしれない。

でも、実は言葉が通じなくても、なんとかなるんです。 そう思えるようになったらもう怖くないはず。

1人でも多くの人、そんな「なんとかなる」感覚を掴んでほしいなって思います。 そうすれば、一気に自分の世界が広がっていきます!

「安い・英語が通じる・治安も良い」が揃っているマレーシアはそんな感覚を掴んでくるのに最適な国です! おすすめです!