僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

留学セミナー&相談会をやってみて感じたこと

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160602093150j:plain

昨日、大阪でセミナーを開催しました! 会場を貸してくださった毎日エデュケーション様には感謝しかありません!

テーマは「大学生活を送るならどっち?日本or海外」。 オーストラリアに留学した僕と、スウェーデンに留学をした2個下の大学時代の後輩ちゃん。 それぞれが感じた日本の大学と海外の大学を比較して、長所・短所を経験談をベースにまずは30分セミナー形式でプレゼン。 その後の30分はフリートークということでざっくばらんに主に留学のことについて話すという流れ。

僕らがこのセミナーで伝えたかったことは色々あるんだけども、結局は2点に絞られる。 まずは、なんといっても、留学で得られる視野の広さが持つ意味。 物事を比較してこそ、良い面・悪い面が見えてくる。 だから、セミナーの最後で、僕らはどっちがいいという明確な答えは出さなかった。

海外の大学の良い面もあるし、逆に悪い面もある。 反対に日本の大学だって悪い面ばかりが叫ばれているけど、ちゃんと良い面もある。 でもそれって、両方を経験しないと分からないこと。 留学をすると視野が広がるってよく言われてるけど、そういうことなんだと思う。

良い面しかないものもなければ、悪い面しかないものもない。 一番よろしくないのは、「これは悪い!これは良い!」みたいに決めつけること。 留学はそんな自分の一面的な見方を打破してくれる。 そんなことを感じ取ってくれたら最高に嬉しい!

もう1つは「自分の理想を描いた上で、進路を決めよう」ということ。 僕自身、高校も大学もなんとなくで決めてきた。 特に大学選びなんて、ちゃんと考えもしなかった。 「数学ができない⇒私立文系⇒トップ⇒早稲田」っていう超短絡思考(笑) 仲の良い友達が一緒に受けるっていうこともあって、その時は悩んだり、考えたりすることを放棄した。

でもいざ大学に入って、何もかもが自分の期待外れだった時、ちゃんと悩まなかった自分を責めた。 そして、大学選びをもう一度やり直そうかというとこまで考えた。 幸いにもそこで留学という選択肢があったからよかったけど、もしなかったらきっと辞めてたと思う。

自分の中で理想をしっかり描いた上で、どこに行けば最もそこに近づけるのか。 それをしっかり考えるきっかけにしてほしかった。


フリートークも大盛り上がりで、30分の予定が結局2時間に(笑) 僕ら2人と来てくれた人はもちろんガッツリ話したし、来てくれた人同士でもわずかではあるけど交流をしていた。 縦と横のつながりが同時に生まれていて、まさに「tの関係」! 最近、よくこの言葉でイジられてて、あだ名が「T」になりそう(笑)

僕らみたいに、家族でも学校の友達でもない、第三者の誰かと話す機会。 そんな機会がきっと高校生や大学生にとっては大切なんだろうなってことを強く実感しました。 それにしても、今の子たちは大人すぎる!自分がその年のときと比べると恥ずかしすぎる|д゚)

「次回も行きます!」というとても嬉しい声をいただけて幸せ。 なので、早急に次回日程を決めてまた開催します! 初めての参加の方も多数いるので遠慮なく皆さん来てください!