僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

英語でも授業でもない!ヘタレだった僕が留学中に一番苦労したこと

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160602091507j:plain

「留学中、一番大変だったこと・きつかったことは何ですか?」 こんなことをよく聞かれるけど、まず頭の中に浮かんでくるのはいつも決まっています。

「留学経験者100人に聞きました!」的なやつがあったら一番は何といっても「英語」だと思う。 そして、恐らく次に出てくるのは「学校の勉強」なはずです。

僕の場合は残念ながらどちらも違いました!(笑) 英語も授業もそれなりに苦労しましたけど、ある程度想定内だった。 でも、これは本当に想定外だった…

一番苦労したこと:パソコン関係

f:id:kei-lmnop:20160602091351j:plain

胸を張って言えます。僕が一番苦労したのは、パソコン関係です。 前にブログでも書いたかもしれませんが、留学中、最初にぶち当たった壁は、恥ずかしながら、「インターネットを自分で接続すること」でした…。 理系の人やIT系に詳しい人に「おまえマジか」みたいな顔をされている姿が容易に浮かびます…。

到着してから1か月ほど、ホームステイをしていました。 でもそのホームステイ先にはインターネット接続の機器が置いてなかったんですよね。 正確には、置いてあったけど、使わせてもらえなかったんだと思います。

さあ困った。 何せ、モデム?ルーター?何それ、おいしいの?状態でした。 インターネットを接続する仕組みなんてまるでわかってなかったんです。

そんな状態の中で、重いパソコンを担いで、毎日電気屋さんを回りました。 インターネットなんてただでさえ分からんのに、英語も不自由なので全然意図が伝わらず。 やっとの思いでルーターを買ったと思ったら、変なやつを買わされて高額請求が来たりとかも。

なので、また電気屋を回って、みたいなことを繰り返しました。 そんなわけで、安定してインターネットが使えるようになったのは1ヶ月くらいが経った頃でした。

原因:インターネット接続の知識不足

とまあ色々大変になってしまった原因は色々ありますが、何といっても「インターネット接続の知識不足」が一番の原因です。 当時、インターネットってのはそこらへんに電波が無数に飛んでいて、それをボタンでポチッとやれば簡単につながると思ってたくらいなので…。 日本語で説明できないことを英語で説明できるわけがない。 だから、苦労することになったのも当然っちゃ当然ですよね。

備えあれば憂いなし!万全の準備で留学へ!

f:id:kei-lmnop:20160602091507j:plain

英語や勉強で苦労するのは予想していた。だから覚悟もできていた。 でもまさかのまさかでパソコン関係でこんなにも苦しむとは思いもしませんでした。

要は何が言いたいかというと、準備をいくらしすぎても、損は絶対にないということ。 準備ってめんどくさいですよね。しないと苦労するってのは言われてもピンとこない。 だから「現地でなんとかなるだろ!」って思いがち。 でも甘い声に流されちゃだめですよ!

こないだロケットが打ち上げ失敗しましたよね。 あれだけお金と時間をかけて準備しても飛べないことがあるんです。 ましてや準備をしなかったら、言うまでもない。

そして、想定外のトラブルって実は一番ダメージがでかい。 柔道で、受け身を取らないでいきなり投げられるような感じでしょうか。 事前に準備を怠った自己嫌悪も重なってダブルパンチですよ。 他にも虫歯の治療をしておかなくて、多額の請求を食らったとかよくありますよね。

僕の場合、とにかくPC関係で苦労しました。 インターネット接続ができるようになっても、何度パソコンが完全フリーズしたことか。 1ヶ月に1回は毎回リセットして、初期設定から毎回やっていました。 地味にあれはきつかった…

とにかく!最高の準備をしてください^^