僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

青年海外協力隊の自分の任地に下見でネパールに行きます

★今月の一押し記事!
ネパールの村で3日間ホームステイしたら、1つの「家族」になれた話
Hatena Feedly

f:id:kei-lmnop:20160601094251j:plain

「到着1時間前の飛行機の話」の中で留学に行く前に僕がどれだけビビッていたのかを紹介しました! (過去記事:<留学が不安で仕方ない人必見>到着1時間前の飛行機の話) そんだけビビッていた原因が、「未知の世界」であったことを書きました。

あれから6年! また同じような機会が今回もやってきました。 すでにこのブログでも書いていますが、僕は青年海外協力隊としてネパールに派遣されます! (過去記事:【ご報告】2015年度!青年海外協力隊としてネパールに行きます) 来年の夏に出発をするので、まだ先のことのように思っているので、今はそんなに不安はありません。

でもきっと年が明けて段々出発が近づくにつれて、きっとまた不安に襲われるはずです(笑) 途上国には何度も行ったことがあるので、今回は前回ほどは留学ブルーにならないとは思います。 ただ、ネパールには僕自身行ったことがないので、生活レベルの細かいところが気になります。 そして何といっても赴任地がっていうところ! 比較的都会で暮らしてきたので、全く想像できません(笑)

シドニーに留学をしたときに思ったのは、住む前に1度は現地に、絶対に来たほうがいいということ。 やっぱり現地に行かないと分からないことってたくさんあります。 例えば、僕が到着当初にめちゃくちゃ苦しんだインターネット問題。 あんなのは少し下調べをして、実際に見たらあんなに苦しむことはなかった。

そんなわけで思い切ってチケットを取ってネパールに行ってみることにしました! しかもチケットが高い年末に! 航空券スケジュールはこちら!

f:id:kei-lmnop:20160601094220p:plain

行きが弾丸すぎてどうにかなっちゃいそうですね(笑) 特に昆明でどうするか!空港に泊まることになるのか、ホテルを探すのか! せっかくなら上海も見てみたいので、ホテルに泊まりたいですが、時間も時間ですしね。

現地でチェックしたいこと

せっかく高いお金を払ってまで行くので、何を見るのかをリスト化してきます。 これから海外赴任などで長期間海外に住む人にとっても、お役に立てれば嬉しいです。

◆停電はどのくらいのレベル? やっぱり一番気になるのが停電! ネパールって個人的には停電する国という印象がとても強いです。 今まで電気に不便をしたことがないので、全く想像がつかない! 1日どのくらい停電するのか、その分、しっかりチェックしようと思います。

◆インターネットはどのくらい使える? 停電と関係するかもしれませんがインターネット環境も気になります。 ネパールに行ってもこのブログは続けていきたいので、全く使えないと結構困りますね。

◆気候は?寒い? 気候もやっぱり気になります。 寒いところは苦手ですが、ネパールって寒いイメージありますよね。。

◆食べ物は合いそう? 意外と大事ですよね!これ! きっと早い段階で和食を食べたくなるはずなので、和食が食べれる場所があったりしたらいいな(笑)

◆物価はどれくらい? 途上国なので、日本に比べたら物価が安いことは間違いないですが、どれくらい安いのかを肌で体感したい。 それが分かれば、大体2年間で生活費がいくらくらいあれば足りるのかが必然的にわかるはず。

◆親日?どのくらい? ネパールって親日だよって聞いたりするんですが、どのくらい親日なのかが気になります。 親日であれば、やはり住みやすいことは間違いないですし、自分でビジネスをする上でも有利になりそうです。

◆日本にあってネパールにないものは? 個人的に一番実践したいこと。 この視点をどれだけ活用できるかが、日本人が海外で起業するときの成否の分かれ目になると思っています。

百聞は一見に如かず!あれこれ悩むなら行くほうが早い

f:id:kei-lmnop:20160601094251j:plain

要は何が言いたいかというと、いろんな不安を抱えてあれこれ考えるくらいなら、行ってみちゃった方が早いんじゃない?ってこと。 行ったことのない場所のことをああでもない、こうでもないって言ってるほど無駄なことってないです。 お金や時間の問題はありますが、行けるなら行っちゃった方が問題解決まで早い。

尊敬するマザーハウスの山口絵理子さんもこんなこと言っています。

実際に自分で行動を起して、見てきたことだから、自分の選択も正しいって思えるんです。自分の目で見ることが一番信じられるし、モチベーションの根拠となりますね。 「行動する生き方」

自分の目で見たものは、大切にしていきたいですね。 実際に行ってみて、ネパールで自分がどんなことができるのかを考えます!