僕はネパールを変えることができない。

~ネパール在住青年海外協力隊が贈る、生き方に悩む20代が前に一歩踏み出したくなるブログ~

【ご報告】2015年度!青年海外協力隊としてネパールに行きます

f:id:kei-lmnop:20160601100448p:plain

お久しぶりです。 今日は僕自身に関する大事なご報告です。

2015年度より青年海外協力隊になることが決定しました。

派遣時期は、平成27年度1次隊として、4月から国内研修に参加し、7月から赴任となる予定です。 赴任国はネパール、職種はコミュニティ開発という地域の課題解決と地域活性化を担当することになります。

「そもそも青年海外協力隊ってなんぞや?」って人も多数いるかと思いますので簡単に僕なりの解釈を載せておきます。 詳しいことは青年海外協力隊のホームページをご確認ください。

 ・20~39歳の人が約2年間、新興国で働くことができるボランティア制度
・制度を運営しているのはJICAであり、国が運営している活動
・ボランティアではあるが、実際には手当が支給される

若い人が世界各地の新興国で働く経験を国としてサポートし若者の成長を後押しするだけではなく、その活動を通して、派遣された新興国と日本の友好関係を築いていくことを趣旨とした制度です。 歴史ある制度でして、1965年にスタートしてからもう50年継続して実施しています。 日本人が世界各国から比較的好かれていることに少なからず貢献していると思います。

「行くのはいいけど、会社どうするの?」っていう話ですが、退職をしていくことにしました。 会社の制度上、休職をして行くこともできましたが、あえて取りませんでした。

実際に、専攻を受けたのは今年の春のこと。 夏には結果が出ていて、ネパールに行くことも決まっていたのですが、上司に正式に辞意を伝えたのが先週。 そこが終わるまでは公開しないと決めていたので、このタイミングでの公開となります。

入社3年目のやっと仕事が面白くなってきた時期に、なんで会社を辞めてまで行くのか? そもそもなんで新興国に行きたいのか? 様々な選択肢がある中で、青年海外協力隊として行くのはなぜなのか?

色々な疑問が浮かんでくると思いますが、それはこれからゆっくり書いていきたいと思っています。 海外に行きたいけどなかなか今の仕事でチャンスがなくてモヤモヤしていたりとか、 将来的に青年海外協力隊をやってみたいと思っている方に少しでも役立つような情報を提供できれば嬉しいです。

そしてここからは完全なるお願いです(笑) もし周りに青年海外協力隊に行く人がいたり、ネパールに詳しい人がいたらぜひ紹介してもらえると本当にありがたいです! 「こんなやつがこんなブログやってるよー」くらいにブログを紹介してもらえるだけでも構いません! ぜひ宜しくお願いします。

それでは乞うご期待を!